九星気学鑑定士@天道象元公式開運ブログ

運命について考える九星気学Vol.339

投稿日:2017年12月15日

寒い日が続きますが、お元気でしょうか?

 

この時期になると、防寒対策に加えて忘年会が続き健康管理も大切ですね。

 

目標達成祈願!

 

私は先日よりある目標を設定し、

 

「この目標を達成するまでは禁酒する!」

 

と自分自身に誓いました。

 

なので、今年はお酒を飲まずに忘年会を楽しんでいます。

 

今までは、お酒を飲んで三次会、四次会と朝までお付き合いしていましたが

今年は一次会が終わるとなるべく静かに消えるようにしています。

 

そうすると、次の日の寝起きが良いことに驚きます。

 

思い返すと

 

「今まで、体や内臓に負担をかけていたんだなぁ」

 

と反省しきりです。

 

運命とは何か?

 

さて、

毎年年末になると今年振り返り一年の総括をします。

 

先日ふと来し方を振り返り、私の九星気学の師匠との会話を思い出しましたのでシェアしますね。

 

20数年前、

 

「九星気学」の師匠に「運命とはどんなものでしょうか?」

 

と尋ねたところ、

ある本を読むようにご指導いただきました。

 

その本が

松下幸之助著「人生談義」1999年( PHP研究所)でした。

 

松下幸之助翁も「九星気学」を活用して大きな自己実現を果たすことができた事は良く知られています。

 

九星気学(きゅうせいきがく)は東洋哲学として

 

「安心立命(あんしんりつめい)」

 

「修身齋家(しゅうしんさいか)」

 

を説き、

松下幸之助翁の理念とも一致していたのかもしれません。

 

そこには運命について興味深い記事があったことを覚えています。

 

今回は、松下幸之助翁の「運命というもの」について引用を交えてお伝えしますね。

 

松下幸之助著「人生談義」1999年, PHP研究所からの引用です。

(引用始まり)

 

「運命というもの」※松下幸之助翁(93歳) 談

 

 

 

お正月を迎えるのも、九十三回目となりますな。

 

ぼくは生まれつき蒲柳(ほ りゅう)の質(たち)でしてね。

 

長じても医者の手をわずらわすことが多く、

こんなにまで長生きできるとは思いもしませんでした。

 

ほんとにありがたいこと です。

 

これにはやはり、

自分の意思や力を越えた運命とでも呼ぶしかない大きな力の働きを感ぜずにはいられませんね。

自分には強運がある。

 

ぼくは運のいい人間だと思いますよ。

 

電灯会社へ入る前に、セメント会社の臨時雇いとして働いたことがあった んです。

 

トロッコを押したり、セメント袋を運んだりしましてね。

 

海に落ちても救助された強運

 

仕事に行くのに築港から埋め立て地まで船で通ったんですが、

あるとき、 船べりに腰をかけていたら、

そばを通った船員が足をすべらして海へ落ちたんです。

 

そのとき、

船員が抱きついたもんだから、ぼくも一緒に落ちてしまった。

 

ぼくは泳ぎはあんまり知らないけれど、浮くぐらいはできる。

 

二、三メートル 沈んで浮かびあがると、

船はずいぶん先まで行ってしまっている。

 

無我夢中に なって手足をバタバタしていたら、

船がずーっと戻ってきて、二、三分後に引 きあげてくれたんですわ。

 

夏だったからよかったけれど、もし冬だったら死ん でいたでしょうな。

 

自動車事故でも救われた強運

 

それから、

独立して商売を始めたばかりの頃、

よく自転車に製品を積んで 配達にまわっていました。

 

ある日、四辻で急に自動車が飛び出してきて、

ぼくは自転車ごと突き飛ばされてしまった。

 

飛ばされたところが電車道です。

 

積ん だ荷物は散らばるし、自転車はグシャグシャ。

 

そこへ電車が来たのですが、二 メートル手前で止まってくれた。

 

「やられた・・・」

思ってそろそろ立ち上がって みると、

全く不思議、かすり傷一つないんです。

 

あれだけ強くぶつかったのにと、自分でも信じられませんでした。

 

不思議なもんですね。

 

だからぼくは、

海で助かったときも交通事故にあっ たときも、

 

「自分には強い運がある」

 

と思いましたね。

 

そして

 

「運があるなら、ことに処して自分はある程度のことはできるぞ」

 

というように何げなく考えたのです。

 

強運と信念

 

つまり、

仕事をする上でいろいろむずかしい問題が出てきますね。

 

そんなときでも、

 

「自分は運が強いのだから、何とかやり遂げられるだろう」

 

といっ た信念を持つようになったのです。

 

これも、

海に落ちたり、

自動車にぶつかったりしたことを不運だと思わず、

運がよかったと考えたからでしょうね。

 

 

いかがでしたか。

 

「運」について考える

 

確かに

「運」に関する考え方はいろいろあるとは思います。

 

運は偶然の産物とばかりに迷信として自分の思うままに生きていくのも人生でしょう。

 

しかし「運」を味方につけることって人生を豊かにして、

周りの人と共存共栄することで社会を明るくできると思うんです。

 

2018年の天運バイオリズムを知り強運を獲得する!

 

 

 

 

ところで

来年2018年は、

 

・「過去の行動の結果が出る年」

 

・「実績を上げる年」

 

・「全て表面化する年」

 

という運気が強烈に表れる運気です。

 

何があっても動揺せずに、

しっかりと人生を歩むためには羅針盤が必要です。

 

あなたも、来るべき2018(平成30)年の運気を知り、

運を味方につけて前向きに一歩踏み出し実りある年にしてみませんか?

 

そこで毎年恒例の九星の本命星を基に

「あなたに合わせた今年の開運法」をお伝えする「2018年度新春特別招福開運セミナー」を企画しました。

 

 来月2018年1月14日(日)弊社品川オフィスにて、

今年の「生命エネルギー」を活用して幸せを引き寄せる「2018年度新春特別招福開運セミナー」を開催します。

 

 

 

今年の運気を知り、

あなたの「生命エネルギー」の活用方法を確認してはいかがでしょうか。

 

 また、宇宙の法則での「新年」は節分の翌日、2月4日立春からになります。

 

 この新春開運セミナーではあなたの本命星に従い、

正しい行動をして、望む結果を得るための、

2018年(平成30)年の動き方を知ることができます。

 

本日12月月15日(金)締切で残席5名様となりました。

今すぐお申し込みいただきますと

大変お得な超得早割料金で受講できます。

 

「2018年度新春特別招福開運セミナー」のお申込みはこちら!

2018年度新春特別招福開運セミナー

↓    ↓    ↓    ↓    ↓    ↓    ↓

 

 

 

それでは、あなたにも良いことがシャワーのように降り注ぎますように(^▽^)/

GoodLuck!

ラックコンサルタント

吉方位引越しと吉家相の専門家

天道象元(てんどう・しょうげん)

カテゴリー:九星気学,帝王学,目標設定法,運命

ニュースを九星気学・今月の運気から解説するVol.338

投稿日:2017年12月10日

先日12月7日20:00過ぎ頃、東京都江東区の富岡八幡宮で富岡長子宮司(姉)が弟に惨殺される事件がありました。

また、別件ですがアメリカのトランプ大統領がエルサレムを首都に認定すると衝撃的な発表がありました。

これらの衝撃的なニュースを今月の運気から解説してみます。

 

 

◼️12月節月盤:壬子七赤金星の運気概要

今月は七赤金星中宮の月なので、飲食の機会が多くなり楽しい月になる反面、言葉や刃物で他を傷つける状況が発生します。

また、もう一息で目標が達成する事でも途中で諦めてしまったり、邪魔が入ったりして完成せず不足の状態になりやすい月でもあります。

 

◼️節変わり前後の期間は天候不順、災害や事件が派生しやすい運気

2017年12月節は7日(木)戊辰五黄土星の日盤で大雪節から始まりました。
(12/7の7:33~1/5の18:49まで)

 

実は、節変わり日を中心として前後の期間は大気エネルギーの変動幅が大きく天候が荒れたり、

災害や事件などが発生しやすい運気になのです。

 

■今月七赤金星月の特徴

今月盤は七赤中宮なので七赤金星が中心となる月です。

基本的に七赤金星の象意は飲食と金銭と悦びの星です。

あなたは、今月師走、この年末をどのように過ごしますか?

七赤金星は、金銭の意味がありますが
お金を蓄える意味の星ではありません。

与えたり、与えられたり、使うお金の星です。

お金というものに対する価値観が、
七赤金星の吉凶を左右します

お金を使う時、悦びに満ちていますか?

足りないと思いながら使ったりしていませんか?

いつも足りないと思っていると不足する。

いつも満足だと思っていると満ちてくる。

お金の事だけでなく、全てにおいて、
それが、七赤金星の特徴です。

 

■12月節月盤からニュースを解説

12月の月盤は、七赤金星が中宮ですので、五黄土星が東方位に廻座します。

対中の西方位に九紫火星が廻座して暗剣殺を帯同します。

今月は子月なので、南方位の午に二黒土星が回座し月破が帯同します。

今月の月破は南方位で九紫火星の定位です。

法律違反や、研究機関のトラブルなど、
本命星が九紫火星のの方や象意に、まさか!という問題が生じやすいでしょう。

 

 

実は、トランプ大統領の本命星が九紫火星なので、あのような発言をしたと解読できるのです。

 

また、九紫火星には刃物という意味があるので、今月は暗剣殺の作用が拍車をかけて

富岡八幡宮の殺傷事件が発生する運気であったとも読み取ることができるのです。

今月は万人にとって感情的になりやすく刃傷沙汰に発展しやすいので、

争うことこないように自分自身をコントロールしていきましょう。

 

◼️鑑定の基準:本命星と月命星

生まれた年の星を本命星(ほんめいせい)
生まれた月の星を月命星(げつめいせい)といいます。

◼️九星気学とは何か?

生年月日から運勢や運命を導く4,000年の歴史ある人生統計学です。

宿命とは、宿った命であり、変えることのできない使命です。

運命とは、運ぶ命であり、未来であり、今から切り開き替えることができる可能性です。

未来は、混沌としており、常に変化に対応して新たに創造していくことができるのです。

 

そのタイミングや方法等を体系的にまとめた学問が九星気学なのです。

◼️運勢の波に乗る

運勢とは、大自然の流れの中で、その時何をするのかということ。

春に田植えをすることで収穫を迎えることが出来ます。

冬に田植えをしてもお米は取れません。

タイミング次第で結果に大きな差が出てきます。

■恋愛を成就するコツ

恋愛を望んでいる人の場合、恋愛運勢のタイミングに行動を起こすことで、

恋愛成就という結果を得ることが出来ます。

運勢のタイミングがずれると、努力しても辛抱しても成就に至ることが難しくなります。

人生のタイミングを知ることが運勢を良くすることです。

 

■運勢の波に乗り、運気をアップする公式

私は38年間で8,000件以上の鑑定実績から、運を科学する方程式を創造しました

 

運勢を良くする公式は、

タイミング×吉方位×距離(滞在時間)です。

 

◼️更に運気をアップする方法

 

運気とは、

出来事を引き寄せ巡り合わせる力の強弱。

日陰で育つ植物より、日向で育つ植物の方がより多くの光を引き寄せ、元気になり成長が良いものです。

恋愛を望んでいる人の場合、恋愛運気を強めることで、

恋愛対象となる人を引き寄せ巡り合う確立が高まることになります。

運気の弱い人は、恋愛を引き寄せる力が弱いため、良縁に巡り合う確立が低くなります。

 

そして更に運気を上げる方法はタイミングと吉方位を活用する事です。

◼️九星気学を学ぶ目的

4000年の歴史を持つ九星気学を研究し、
人としてのスキルを磨き、知識を深め、精神の向上と物心ともに豊かな人生を創造することを目的としています。

 

■2018年新春特別招福開運セミナー

 

 

そこで、来る2018年度の運気を読み、各本命星の運勢と吉方位をアドバイスする

2018年新春特別招福開運セミナーを開催します。

ご興味がある方は、12月15日締め切りですが超得早割受講料金で参加することができます。

2018年度新春特別招福開運セミナー詳細はこちらからどうぞ!

 

以上

 

それでは、今月12月節の運気を活用して年末を乗り切り、有意義な月にしていきましょう。

 

あなたにも良いことがシャワーのように降り注ぎますように(^▽^)/

GoodLuck!

 

ビジネス&開運の専門家

 九星気学鑑定士 

天道象元(てんどう・しょうげん)

カテゴリー:12月の運勢,2017年,ニュースを九星気学で解説

12月の運勢と吉方位・九星気学鑑定vol.337

投稿日:2017年12月01日

今日から12月師走(しわす)に入りました。

 

年の瀬も押し詰る候となりますが、寒さ対策も万全に今月を乗り切ってまいりましょう。

 

さて、年末を迎えると今年の総括や来年2018年の計画立案をする方も多いことかと思います。

 

その際、来るべき2018年の年運や各自のバイオリズムを知ったうえで

計画立案すると不思議なように順調に目標達成できることをご存知でしょうか。

 

実は先月から毎年受講されている方々から

「2018年度新春特別招福開運セミナー」について多くの方からお問い合わせをいただきました。

 

なぜならば、このセミナーを受講すると大凶方位を知り転ばぬ先の杖とし、

吉方位を知りどう動くかを決断する羅針盤として活用することができるからです。

 

毎年公開するとすぐに満員になる企画なので、この開運ブログ読者の方に、

超得早割受講料金でご案内いたします。

 

 ■2018年度新春特別招福開運セミナー

 

 

 

 

♦開催日時:2018年1月14日(日)14:00~17:00

 

♦会  場:品川オフィス ※JR品川駅高輪口より徒歩3分

 

♦講  師:天道象元 

 

♦受講費:21,600円⇒超得早割受講料6,000円

 

♦定  員:先着20名様限定 

 

♦持ち物:筆記用具、ノート

 

以上

 

お早めにお申し込みいただき

2018年度の計画立案の指針として活用していただけましたら幸いです。

 

■2018年度新春特別招福開運セミナー申込詳細はこちらからどうぞ!

   ■今月の運気

それでは、

今月12月節の運気についてお伝えいたします。

 

九星気学として今月12月節の運気は、7日(木)大雪(たいせつ)から

今月壬子七赤金星の動きが始まり冬の寒さが本格的に到来する季節を迎えます。

 

今月は、飲み会や遊興などの楽しい時間を過ごすことができますが、

くれぐれも羽目をはずして後悔しないようにご注意ください。

 

今月の運勢を活用し新年度への計画立案などの準備をして有意義な

月にしていきましょう。

 

 ■今月の全体的な万人の運勢

それでは

今月12月節の運勢をご案内致します。

 

今月は壬子(みずのえ・ね)七赤金星(しちせき・きんせい)の月です。

 

全般的な今月の運気は七赤金星の運気が作用する月になります。

 

七赤金星の意味は、飲食ややお金の象意(しょうい)で、何かと楽しい月となります。

 

大切な人とご縁を結び、会食を共にして楽しい時を過ごすと金運がアップする月でもあります。

 

しかし、気が付くと何かと一つ足らない不足の事態になりやすいので、物事に集中して完成することを心がけて行きましょう。

 

例えば、言わなくてもわかるだろうと思い、大切なことが伝わらず、あとで後悔することがないようにしましょう。

 

 ■今月の凶方位

 

まずは今月の大凶方位をお伝え致します。

 

今月、万人の凶方位はご自宅からみて南と北、東、西の4方位です。

 

こちらの方位から、もしくはこの方位へのご縁や転ばぬ先の杖としてご注意ください。

 

目に見えない大いなる力・宇宙の法則をご活用頂き発展成長して下さいませ。

 

それでは、今月の運勢と吉方位旅行風水情報をお伝え致します。

 

今月の運気を活用し天を味方につけて明るく楽しく、心豊かな人生を創り上げて行きましょう。

 

~☆~☆~☆~☆~こちらの開運メールでは事前に吉事と凶事を知り、対策を練って発展、と危機管理ができますようポイントをお知らせしています。

※12月節:壬子(みずのえ・ね)七赤金星(しちせき・きんせい)月の運気は12月7日(木)7:33から翌1月5日(木)18:49まで~☆~☆~☆~☆~

 

 ■今月の運勢 12月節の運勢と吉方位:2017年12月節(12/7~1/5)の運勢

【一白水星】

転換の時を迎え、心や行動の改革を求められる月です。

周りの変化に順応する精神を養うことが大切です。

迷っても焦って独断せずに、目上の意見を仰ぎ、

従うことで良い結果を得ます。

高所からの落下による怪我、腰痛、関節痛等注意を要します。    

〇東南小吉方位:良縁成就運

 

 【二黒土星】

良くも悪くも過去の結果が表に現れる月。

感情的になって反発し口論になりがちですが、離別を招きやすいので、

平身低頭を心掛け、謙虚に対処していきましょう。

高血圧や首より上の障害、心臓の疾患に注意。

健康面では身体健全で新たな年を迎えましょう。  

▲吉方位無し

 

 【三碧木星】

衰運月と自覚して心の安定を図り現状維持に徹し一日一日を無難に送る事が大切な時。

激しい感情を抑えるのに焦らず正常を保つ努力が大切。

心身の不安定さは自ら交通事故、怪我等思わぬ傷害を起こす原因となる。

子供や部下の問題は気長に解決が良い。

健康面では風邪は万病の因なので早めの手当て完治が肝要。

 ◎東北大吉方位:変化改善運

 

 【四緑木星】

運気は快方に向かうも油断大敵。

言動には十分注意の事。

常に明るく笑顔を絶やさず行動しましょう。

普段から後継者や子女、部下の動向に気を配り、対応を後回しにしない事。

日常の会話が大切。

優しい愛情のある言葉を心掛けましょう。

▲吉方位無し

 

 【五黄土星】

運気回復、多忙な月。

何事も独断専行せず、周囲の意見に耳を傾け、慎重に行動しましょう。

真面目に努力してきた人は評価が上がります。

宴席も多くなり、出費も増えますので、予算超過に注意。暴言は信用を失う。

健康面では過飲食による健康障害、過去の病気の発生に要注意。  

◎東南大吉方位:良縁成就運

 

 【六白金星】

水の流れに逆らわず自然に従い、周囲に感謝の心が健康を得て安泰。

不平不満、我欲、取り越し苦労は体調不良に現れます。

この機会に現状を素直に感謝して新年を迎えましょう。

気の緩みからの失言は信用を失うことにつながります。

時節柄、過飲食は胃腸障害の因になります。

健康面では風邪大敵要注意。

〇東北小吉方位:変化改善運

 

 【七赤金星】

この一年間は激動の年でしたが、その結果は十人 十色。

その中でどう順調でどう健康でどう生きていけるかは、一人一人の心掛け次第。

特に今年は土台となり陰となりで運が得られるので大変でしたが後二ヶ月間頑張りましょう。

健康管理しながら行動し来年へ繋げて下さい。 

 ◎西北大吉方位:現状打開運

 

 【八白土星】

今月は気持ちが大きくなりすぎ、行動と結果のギャップが激しく、大損する傾向あり。

物事腹七分で抑えて吉。自信過剰となり、人の意見も聞かない傾向が強くなる。

他人に合わせる心を大切にして協調できる人間性を意識することで、難を逃れる。

無理は禁物です。

頭を低くし、感謝を忘れずに過ごしましょう。

 ▲吉方位無し

 

 【九紫火星】

気力体力が不足し疲労感と倦怠感に悩む月。

早めに休養に努めて回復を図る事が一番大切。

一歩引いて、自制が身を守る。

甘い言葉に心動かされると金銭損失、経済的困難を招く。

人間関係は初心に返って謙虚に話し合いが必要。

健康面では腎臓の働きが低下。適度な運動で体力回復を図る事。

〇西南小吉方:契約成立運

 

以上

 

さらに詳しい情報や、毎月の運勢と吉方位をお伝えする

月刊開運メルマガはこちらから登録してください。

 ■月刊:社長の運勢を100倍アップする開運メルマガ登録フォーム

 

それでは、今月もあなたに良いことが

シャワーのように降り注ぎますように(^▽^)/

GoodLuck!

 

ラック・コンサルタント・九星気学鑑定士

天道象元(てんどう・しょうげん)

 

 

 

 

カテゴリー:12月節,12月節の運勢と吉方位,2017年,2017年の運勢と吉方位,2018年度,九星気学,新春特別招福開運セミナー

©Tendo Shogen