九星気学鑑定士@天道象元公式開運ブログ

美味しく楽しく金運アップ「秋のラックパワー・ランチ会Vol.2」開催!:九星気学・開運鑑定Vol.399

投稿日:2019年10月16日

いつも開運ブログをお読みいただき

ありがとうございます!

 

天道象元です。

 

大型台風19号は大丈夫でしたでしょうか?

 

先日の大型台風19号は、数十年に一度という猛威をふるい、

東日本を中心に、河川の氾濫など、大きな災害をもたらしました。

 

毎日、被害者様の人数が増えている事に胸を痛めています。

 

被災者の方々に、心よりお見舞い申し上げますとともに、

被災地が一刻も早く復旧されますよう、お祈りいたします。

 

ラグビー・オールジャパン:ワールドカップ ベスト8

 

一方、台風の災害に

日本中が暗い気持ちに沈んだ状況の中で、

ラグビーのワールドカップの日本のベスト8進出という快挙は、

被災された方を始め、日本中に大きな励ましになったことでしょう。

 

地球温暖化について

 

令和に入ってから、大きな自然災害が続いています。

 

一番大きな原因は「地球温暖化」によるものと言われていて、

日本近海の海水温の上昇が台風を巨大化させる要因になるそうです。

 

つまり、

この温暖化という現象が続く限り、

これからもスーパー台風の襲来や海面上昇などによって、

地球上のいたるところで水害などの大きな自然災害が

増えていくのでしょう。

 

トランプ大統領は、地球温暖化を真っ向から否定していますが、

研究者の中には、地球は長い歴史の中で寒冷期と温暖期を繰り返していて、

今の気候変動は人間の活動で排出される二酸化炭素が原因ではなく、

地球が温暖期になりつつあるためと主張する専門家もいます。

 

いずれにしても、私たちは今まで以上に、

自然災害への備えをしておく必要がありそうです。

 

【台風19号を10月節月盤から解説】

今月10月節の台風19号による災害を

九星気学から解説することができます。

今月10月節は三碧木星中宮月です。

 

後天定位盤・東の三碧木星の定位には

一白水星が回座して、暗剣殺を帯同しています。

 

つまり、

台風などの影響で河川の氾濫等で水害発生の可能性が高い

と読むことができます。

 

天地自然の法則の観点から、台風などの自然災害は、

人間の持つマイナスの波動エネルギーが海に流れ出し、

海洋に蓄積されて、大きなマイナス波動の塊となって

返ってくるという兆しがあります。

 

そして台風の襲来によって、地域に満ちていた

マイナスエネルギーが一掃され、邪気が浄化されている

と考えることもできます。

 

この観点に立てば、災害による先人たちの貴い犠牲の上に

今の日本があり、私たちが存在できているということになります。

 

その意味を深く理解して、私たちは今を生かされていることに感謝し、

自分なりに地域や人々のために尽くす気持ちを持ちたいものです。

 

【秋のラックパワー・ランチ会Vol.2開催】

 

さて、

弊社も10月12日(土)に帝王學・九星気学勉強会を予定していましたが

台風の影響を考慮して中止に致しました。

 

受講を予定されていた方には、心からお詫び申し上げます。

 

つきましては

勉強会に変えて、「秋のラックパワー・ランチ会Vol.2」を開催します。

 

前回も、各九星気学ごとの運気や開運法について話題が尽きること無く

約2時間グループ・コンサル状態で盛り上がりました。

 

ご興味がある方は

下記より詳細をチェックしてお申し込み下さいませ。

 

第2回美味しく楽しく金運アップ!

元気になる「秋のラックパワー・ランチ会Vol.2

beauty women smile and dine in restaurant

開催日時:10月25日(金)11:40~14:30

 

会  場:品川駅徒歩5分 天球のレストラン(ホテル30階)

 

参加費:3,500円(ランチ代含む)

  ※コーヒーもしくは紅茶はランチに含まれます。

  ※その他の飲み物は別途有料オプションです。

  

定 員:6名様 

申込:こちらのリンクをクリックしてお申し込みください。

   ラックパワー・ランチ会お申込みフォームはこちらからどうぞ

https://resast.jp/page/event_series/48905

 

 

それでは、お申し込みをお待ちしています。

 

いつもありがとうございます。

 

天道象元開運鑑定事務所

 代表 天道象元

カテゴリー:2019年,ランチ会,開運鑑定

2019年10月節の運勢と吉方位:九星気学開運鑑定Vol.398

投稿日:2019年10月03日

朝晩は肌寒くなり、

日中も半袖では少し肌寒く

一枚長袖を羽織って開運ブログを書いています。

 

今月は10月8日(火)寒露節を迎えると、

10月の運気がスタートします。

 

早速今月の開運情報をお伝えいたします。

 

10月の月運解説と開運情報

今月は10月神無月(かんなづき)となります。

 

朝晩は涼しさを感じる頃となり、やっと秋の気配を

感じ始めました。

 

収穫と実りの秋を満喫できるように、

運勢バイオリズムを知り、開運情報を活用して下さいね。

 

さて、

10月節の運気は8日(火)23:06寒露(かんろ)節から

今月の運気がスタートします。

 

 

10月節は

甲戌(きのえ・いぬ)

三碧木星(さんぺき・もくせい)月

の運気になります。

 

早いもので、

今年2019年度の年運の己亥八白土星も

あと4ヵ月間となりました。

 

年運バイオリズムと吉方位活用法

 

八白土星の波動の動きは「変革」と「イノベーション」でしたね。

更には「停止」と「変化」という意味があります。

 

本命星や状況によっても違いますが、

全体的に停止から変化やイノベーション

の必要性を感じ、変革や革新という方向に動い

ているような気がしますがいかがでしょうか?

 

 

年運のバイオリズムによると

盛運期ですが結果が出ない方や

衰運期なのにそれなりに順調で調子が良い方がいます。

 

何だか矛盾しているようですが、

運気のバイオリズムの良し悪しよりも

吉方位を活用している方は、衰運気でも

結果を出している方が多いのです。

 

それは、吉方位に行動し、

正しい作法でご自分にピッタリ合った

生命エネルギーの質と量をチャージしているからです。

 

九星気学活用法勉強会開催!

この理由と方法を体系的にまとめた学問が帝王學・九星気学なのです。

 

ご興味がある方は、こちらから詳細をご確認ください。

 

■2019年度後半戦をチャンスに変える!

経営者の為の帝王學・九星気学活用法勉強会

 

 

10月節の月運解説

それでは今月の月運について解説します。

 

10月(甲戌月)の月盤は三碧木星が中宮する月です。

 

二黒土星が東南方位に廻座して月破が帯同し、
一白水星が東方位に廻座して暗剣殺を帯同します。

 

中宮している三碧木星の象意は発展、成長で
太陽が当たり、明るく活動的な波動を持ちます。

 

今月10月(戌月)は、

三碧木星の波動で社会全体の気運が、
発展成長し、明るい方向に進む波動になります。

 

確かに、先ほどご案内したように

今月10月節の月盤は三碧中宮となり
東方位に一白水星が廻座し暗剣殺が帯同し

東南方位に二黒土星が廻座し月破が帯同してしまいます。、

 

一白水星には裏面、隠すという象意があり

二黒土星には陰影、下支えという意味があり

双方とも、裏や陰影という暗い状態が付きまといます。

 

 

ですから、今月は恐れと不安を小脇に抱えながらも、

思い切って一歩踏み出す勇気が必要な月です。

 

七赤金星に天道(吉神)帯同

 

さて、

一昨日10月1日から軽減税率はありながらも、

消費税が8%から10%に2%増税されました。

 

それに合わせて、増税感を薄めるためにか(?)

キャッシュレス化に対応した消費税還元事業が始まりました。

 

それというのも

先月9月の月盤に加えて今月10月の月盤にも

お金の象意を持つ七赤金星に「天道」という

素晴らしい吉神が帯同しています。

 

この天道帯同の月盤から読み取ると、

今月は、キャッシュレス化やポイント還元などについて調べたり

研究して、可能な限りの利益を享受する事もできそうです。

 

逆に

意味が分からないし面倒くさいから

キャッシュレス化はやらないという方は、

残念ながら損をすることにもなりそうです。

 

今月の三碧木星中宮の月盤から

暗闇には、自分の心を前向きにして明るさで照らし出し

乗り越えていく大切さを教えてくれているような気がします

がいかがでしょうか?

 

 

このように
帝王學・九星気学は、その時の運気を指針にして未来を読み

今月はどのような心構えで進むとよいかを教えてくれる学問です。

 

チャンスがあったら、

是非、物も心も豊かな人生を創造するために

帝王學・九星気学を学び実践してくださいね。

 

■2019年度後半戦をチャンスに変える!

経営者の為の帝王學・九星気学活用法勉強会

【今月万人の大凶方位】

 

まずは今月万人の大凶方位をお伝え致します。

 

今月、万人の凶方位はご自宅からみて

東北と西南、東南、西、東の5方位です。

 

凶方位のご縁はなるべく避けて、

今月の運気を活用していきましょう。

 

【今月の運勢と吉方位】

 

※1/1から2/3節分迄に生まれた方は前年の九星です。

※但し下線の年は2/4が節分なのでご注意下さい。

※元号「Sは昭和」、 「Hは平成」の略です。

 

【一白水星】S2.11.20.29.38.47.56.H2.11.20.29年生

今月は運気的には上昇運。

しかし攻撃的になりやすく、

物事を一呼吸して冷静に対処して吉。

 

 

儲け事や投資は騙されないようにしましょう。

 

止めておいて吉です。

 

 

また、

過去の病気の再発にご注意ください。

 

暴飲暴食にも注意しましょう。

◎南大吉方位:金運獲得運

 

【二黒土星】S1.10.19.28.37.46.55.H1.10.19.28年生

前月に引き続き運気は上昇して忙しい盛運月。

 

大いに行動に移しましょう。

 

しかし、計画性のない思いつきの行動や

目先の利益追求はかえって損失を招きます。

 

常に頭を低く、礼儀と節度を持って行動することが大切です。

 

好調さに乗ると村八分となってしまいます。

 

世のため人のための奉仕精神と、

誠実な努力の積み重ねが信用と良縁成就につながります。

◯北小吉方位:改善運

 

【三碧木星】S9.18.27.36.45.54.63.H9.18.27年生

今月は今までの結果が現れる時。

 

しかし新規事をスタートさせる時ではありません。

 

周囲との和合を大切にし、平身低頭を心がけましょう。

 

行動を起こす際は親、上長、経験者の意見に従うことで

良い結果が得られます。

 

建物リフォーム、引越し、寝所移動はマイナスを生じます。

 

健康面では心臓、血圧に要注意。

◎西北大吉方位:良縁成就運

 

【四緑木星】S8.17.26.35.44.53.62.H8.17.26年生

今月は自分の実力を過信する傾向があります。

 

一攫千金は夢である事に気付きましょう。

 

甘言にはよくよくご注意下さい。

 

独断専行は足をすくわれ、

強引さは苦悩を残します。

 

ご先祖様への感謝を形に表す時です。

 

家のリフォームや遺産問題の発生には争い事を避けましょう。

 

精神性の向上、人格の形成に努力していきましょう。

▲吉方位無し

 

【五黄土星】S7.16.25.34.43.52.61.H7.16.25年生

物事が停滞する月。

 

金銭的には明るい雰囲気がある反面、

出費が増えます。

 

気力体力は低下傾向。

 

節度と後始末が大切な時です。

 

不平不満は言葉に出さず、

徳を減ぬようにしましょう。

 

今あることを感謝できる人を目指す事が大切です。

 

健康面では飲み過ぎ、腎臓、肝臓の病気に要注意。

◯北小吉方位:改善運

 

【六白金星】S6. 15.24.33.42.51.60.H6.15.24年生

今月は変化に対応する柔軟性を養う月。

 

自ら失敗しないように注意が必要です。

 

難しい問題ほど後回しにせず正確に

対処して解決に向かいましょう。

 

謙虚に行動することが大切です。

 

満足のいかないことが続きますが、

来年まで維持する気持ちで乗り越得ていきましょう。

 

徐々に運気は上がり始めます。

 

足元を固めて堅実に歩むことで後悔せずに済みます。

 

異性問題は要注意です。

 

誠実な行動こそが信用となります。

◯北小吉方位:改善運

 

【七赤金星】S5.14.23.32.41.50.59.H5.14.23年生

今までの努力が実り成果として現れる月です。

 

また過去のマイナスを清算させられる時でもあります。

 

特に感情的になりやすく、短絡的な言葉が原因で争い事となる事があり。

 

一呼吸おく心がけが難を避ける方法となる。

 

黙々と努力を積み重ねた人には明るい日の光を浴びて

周囲の賞賛を受けるチャンスがあります。

 

また逆に親しい人との離別のある時。

 

特に血圧の高い人は低い気温の日にご注意ください。

▲吉方位無

 

【八白土星】S4.13.22.31.40.49.58.H4.13.22年生

心身ともに不安定で圧迫の強い月。

 

常に気持ちを切り替えて辛抱して通抜ける時です。

 

取り越し苦労や疑心暗鬼の状況を繰り返して

健康にも影響を及ぼしてきます。

 

現状維持が良作です。

 

将来のための計画や勉強に時間をう事。

 

台風一過を待つ気分で趣味で心を晴らす工夫も大切です。

 

上手にストレスを発散する事。

 

気の発生は長引く傾向があるので

持病の再発に要注意。

▲吉方位無

 

【九紫火星】S3.12.21.30.39.48.57.H3.12.21.30年生

運気は徐々に回復傾向で明るい兆しが見えてきます。

 

一気に駆け出したいところですが、

まずは地固めと認識し、着実に物事を進める事です。

 

無心で人に尽くす行動が、巡り巡って自分に返ってきます。

 

交渉事は長い長引く傾向にあるため、

相手の状況を見ながら根気よく応じていくことが大切です。

 

思いがけず喜び事が続き、心の潤いを得る事があります。

 

古い問題が再燃したときは、慎重に対処のしましょう。

 

健康面では消化器系、呼吸器系疾患に要注意です。

◎北大吉方位:改善運

 

以上

 

それでは、

今月の運勢と吉方位を活用して

楽しく有意義な月にしてきましょう。

 

いつもありがとうございます(^▽^)/

Goodluck!

天道象元開運鑑定事務所

代表 天道象元

カテゴリー:10月の運勢,2019年,帝王學・九星気学

秋のお彼岸を心豊かに過ごす知恵:九星気学開運鑑定Vol.397

投稿日:2019年09月21日

今月2回目の三連休が始まり、

各地でイベントが開催されお出かけになる方も

多いのではないでしょうか?

 

昨日20日(金)は秋のお彼岸の入りを迎えました。

 

23日(月・祝)はお彼岸の中日で秋分の日となり祝日です。

 

26日(木)が彼岸の明けとなり、ご先祖様が

天空の世界にお戻りになる日となります。

 

今回は、お彼岸について考えて目には見えない

ご先祖様とのつながりを考えてみたいと思います。

 

9/24(火)ラックパワー・ランチ会開催

連休明け9月24日(火)にラックパワー・ランチ会を企画いたしました。

開運セミナーとは趣を変えて、美味しい軽食を食べながら

金運獲得法や運気アップのコツを楽しく語り合うランチ会です。

あと1名様で満員御礼ですが

下記の通り開催いたしますのでご興味がある方は

お早めにお申し込みくださいませ。

■美味しく楽しく金運アップ!
元気になるラックパワー・ランチ会

 

開催日時:9月24日(火)11:45~13:30

会  場:品川ホテル・天空のレストラン

     ※JR品川駅高輪口徒歩5分 

参加費:3,500円(食事代含)

定 員:6名様 ※あと1名様で満員御礼

以上

 

ご参加をお待ちしております。

お彼岸を心豊かに過ごす知恵

お彼岸は春分、秋分の日を中日とした前後3日間ずつを指します。

明後日9月23日(月・祝)は秋分の日です。

 

ここの所、千葉県房総地域等で台風の影響で悪天候による被害が

あり大変でしたが秋分の日の天気はどうなるでしょうか?

 

 そんな時ではありますが

路肩に目をやると各地で綺麗に咲きそろっている彼岸花も雨に濡れ、

鮮やかな赤色が目の前を明るくしてくれています。

 

秋分の日の意味

 

さて、「秋分の日」の意味をご存知でしょうか?

秋分の日は「祖先を敬い亡くなった人を偲ぶ日」
として制定されました。

そもそも、明治時代に「秋季皇霊祭」いと言い
「祖先をまつる日」として一般に広まりました。

 

秋分の日は昼夜の差がほぼ等しく、

この日を境に段々と夜が長くなってきます。

 

今日は、雨で肌寒く上着や、羽織るものが必要ですが

これから一雨ごとに過ごしやすい気候になってきます。

 

秋分の日が祝日なのはなぜ?

 

明治時代には、歴代の天皇、皇后、皇親の霊を祀る儀式
「皇霊祭」がありました。

 

春には春季皇霊祭、秋には秋季皇霊祭があり、
昭和の時代になってから春分の日、秋分の日として
共に祝日に制定されました。

 

一般的にもお彼岸には

お墓参りをして先祖供養をする習慣になったようです。

 

春夏秋冬の四季の巡りの中で、

春分と秋分は祝日なのに
夏至と冬至が祝日になっていないのは、

こういった日本文化の歴史に理由があったのです。

お彼岸は年2回ある

 

お彼岸は

3月の「春分の日」

9月の「秋分の日」の前後3日間の計7日間です。

 

年に春と秋の2回あるお彼岸では、それぞれの初日を
「彼岸の入り」、終わりの日を「彼岸明け」といい

春分の日・秋分の日を「中日」といいます。

 

お彼岸のタイミングはその年ごとに変わります。

 

春と秋それぞれ月の中旬過ぎが一般的にで
3月は20.21日ごろで9月は22.23日頃が目安となります。

 

お彼岸の時期には季節の変わり目で安定した気候になる

のが今までの傾向でした。

 

お彼岸の意味

「彼岸(ひがん)」本来の意味としては

煩悩を脱した悟りの境地のことを言います。

 

三途の川をはさんで、
私達の住んでいる世界を此岸(しがん)といい、
向こう側(仏様)の世界を彼岸(ひがん)というのです。

 

彼岸は「パーラミター波羅蜜(はらみつ)」という
梵語(ぼんご)の漢音写で「到彼岸(とうひがん)」と訳されます。

 

「此の迷いの岸(東)である現実の世界から、
彼の悟りの岸(西)である仏の世界へ到達する」

という意味でもあります。

 

そこでお彼岸には「悟り」をひらけるように
仏道修行の期間という意味合いもあり、

普段仏道修行をしていない人達も彼岸の期間中は、
西の太陽に祈りを捧げ煩悩を払っていたようです。

 

現在でも彼岸会や法要を行う寺院は多く
檀家同士で集まり先祖を供養しお墓参りします。

 

国民祝日に関する法律では、

 

・春分の日=「自然を讃え、生物を慈しむ」

 

・秋分の日=「先祖を敬い、亡くなった人を忍ぶ」

 

となっています。

 

お彼岸に西に向かって拝むのはなぜ?

 

春分の日と秋分の日の中日は、
太陽が真東から出て真西沈む日です。

 

この日に夕日を拝むのは
西にある浄土に向かって拝むことになる
と言われています。

 

そのため、この行いは功徳があると
言われています。

 

「暑さ寒さも彼岸まで」と言われる通り
お彼岸が来ると最も過ごしやすい季節になります。

 

天気が良い日は美しい夕日を拝みながら、
ご先祖様が極楽浄土へ昇天できるよう西に向かって拝礼しましょう。

 

%e3%81%8a%e8%90%a9

9月23日秋分の日の過ごし方

 

最近のご家庭では、あまりやる方が少なく
なってきたようですが、当家では

お墓参りや自宅の仏壇におはぎを備えて、
先祖供養を致します。

 

ちなみに、同じおはぎでも季節によって
呼び方が違います。

 

春はぼたもち(牡丹餅)

秋にはおはぎ(お萩)と言います。

 

季節の植物の違いが定説のようですが
その他にも様々な説があるようです。

 

まとめ

いずれにしても、お彼岸は自分の命が
この世に誕生して、生かされている事に
感謝を込めて先祖を供養して、次の世代へ
見えないモノを見る力を伝えていきたいものです。

台風の被害で千葉県房総地域は甚大な被害がありました。

台風や風雨への備えとともに、寒さへの備えをして
有意義な秋分の日をお過ごし下さい。

 

迷いを決断に変え、想いを実現する

天道象元開運鑑定事務所
 主宰 天道象元

■迷いを決断に変え、生まれ変わる人生を提案する

個別鑑定はこちらからどうぞ!

個別鑑定予約フォーム

 

カテゴリー:2019年,九星気学,先祖供養,四季の生活の知恵

©Tendo Shogen