180年に一度の金運獲得年「2020年新春招福特別開運セミナー」開催:九星気学の秘訣VOL.408

 

経営者の迷いを決断に変え、想いを実現する

帝王學・九星気学鑑定士 天道象元です。

 

目次

2020年新春招福特別開運セミナー開催!

先日1月26日(日)品川オフィスで、

2020年新春招福特別開運セミナーを開催しました。

 

毎年、経営者や組織のリーダーを対象として、一年間の展望と指針をお伝えしています。

 

特に今年は180年に一度の金運獲得年とも重なり、満員御礼で開催いたしました。

 

◆2020年度庚子(かのえ・ね)七赤金星(しちせき・きんせい)年を読む! 

政治・経済・中小企業の経営環境の動きは?

「七赤金星」は流通、金運獲得、悦びの年。その留意点とは?

 

地震や水害など自然災害への準備を心がけ備える年。

 

中小零細企業は話し合いによる「協議・合議」が決め手!

 

会社の人間関係を見直してふれあいとコミュニケーションの年。

 

吉凶方位を活用し開運できる年運

 

本特別開運セミナーでは、

天道象元が心血を注いで研究・実践している九星気学を基に、

2020年1年間を通して鑑定し

 

・運気のバイオリズム

 

・社長の処し方

 

・吉方位開運法等

 

をアドバイスし、

 

2020年度の指針を伝授する事を目的として開催しました。

 

開運セミナーの本質

 

運気の良点を見て認識することも必要ですが、

 

この開運セミナーの本質は、

悪い点や注意事項を精査し、自己を戒め、

来る危機に備え、転ばぬ先の杖とすることにあります。

 

また、

経営者たるもの、

 

自分の運気のみならず、

家族・社員・取引先・お客様等々

関わる人全てを良い方向へ導く責務があると考えます。

 

生年月日による運勢バイオリズム

 

実は生まれた年・月・日によって

それぞれ各人の運気、運勢は異なります。

 

当日は天道象元が一年間をかけて作成した、

独自の行動指針資料を用い、

受講者お一人お一人の本命星に合ったアドバイスをしました。

 

『九星氣学』とは、中国の歴代の皇帝が数千年にわたり、

国家の安泰と自身の盛隆を願い研究させた、

大自然の哲理であり、

 

日本の風土に合わせてバージョンアップし続け

現在も研究を続けている日本の運命學です。

 

「占い」でもなければ、超能力でもありません。 

 

 

2020年の気運を知り、盛運・繁栄を招くコツ

 

社長と会社の運氣を九星氣学『年運』で読む

2020年《庚子・七赤金星》の運氣・事業運を掴み、繁栄を招く法

 

『天の時・地の利・人の和』を知る

この一年間の天地自然の流れと経済・社会変動を読む

 

[1]七赤金星(しちせき・きんせい)の象意(現象)

 「お金の星」「流通の星」「口舌の星」「飲食の星」を表す

 

[2]庚子(かのえ・ね)の象意(現象)

 

陰気から陽気へ転じ万物革め始末の年

 

《経済・景気・社会情勢…総合的な運勢は?》

 

  • 時代の変わり目を経て必要な継承をする年 

 

  • 体制を更新して新たな環境に対応する年

 

  • 陰極まりて陽となる兆しを感じ行動する年 

 

  • 節約及びコスト削減し無駄を避け再利用する年

 

  • 株の乱高下に要注意

 

  • 日常生活に重きを置く年

 

  • 会話を大切にして譲り合いの精神を養う年

中小企業、一般庶民の生活は?

  • 社内の変化を良く察知し、社内労務改善が吉 

 

  • 表面順調なれども、内実厳しき実情

 

  • 活動の結果が公的に現れる一年 

 

  • 会議、協議を通して人間関係を大切に交流を蜜にすべし

2020年の流行・色・味・繁盛する商売は?

  • 金色・銀色・赤色・茶色・黄色系
  • 味は辛味 
  • 運数は4・9
  • 飲食業、金融業、流通業など好調

 

[3]社長一人一人の2020年『自分の運勢』と福運を招く行動指針

 

【一白水星】(昭11、20、29、38、47、56年生まれ) 変化変動の不安定な年・・・衰変期-3 

                              (運勢点前半45点→30点)

 

 

 

 

【二黒土星】(昭10、19、28、37、46、55年生まれ) 「前厄年」・・・衰旺期-4 ※歳破帯同

                              (運勢点前半45→60点)

 

 

 

 

 

【三碧木星】(昭9、18、27、36、45、54、63年生まれ)「本厄年」 ・・・衰極期-5

                              (運勢点30点)

 

 

 

 

【四緑木星】(昭8、17、26、35、44、53、62年生まれ)計画立案が開運「後厄年」・・・盛初期+1

                              (運勢点30→45点)

                                                                 

 

 

【五黄土星】(昭7、16、25、34、43、52、61年生まれ) 即決即行の積極性が開運・・・盛進期+2

                              (運勢点 前半80点→後半95点)

 

 

【六白金星】(昭15、24、33、42、51、60年生まれ)運気好調な盛運年・・・盛旺期+3

                              (運勢点70点)

 

 

 

【七赤金星】(昭14、23、32、41、50、59年生まれ) 力を蓄え、耐える一年・・・盛極期+4

                                  (運勢点75→60点)

 

 

 

 

 

【八白土星】(昭13、22、31、40、49、58年生まれ) 運気好調な盛運年・・・衰初期-1

                                     (運勢点60点→70点)

 

 

 

 

 

【九紫火星】(昭12、21、30、39、48、57年生まれ) 金運上昇の盛年・・・衰進期-2 

                              (運勢点65点)

 

 

 

 

動画視聴版:2020年新春招福特別開運セミナー視聴予約申込開始!

毎年新春特別招福開運セミナーを開催し、

多くの受講者の方から動画視聴のご要望を頂いております。

 

特に2月4日新年度の

年運からご自身の行動の羅針盤となる内容をお伝えしました。

  

今回もリアルセミナーは受講できませんでしたが

動画収録のご要望を戴きましたので、視聴予約申し込みを

開始しますので、こちらのお申込フォームからどうぞ! 

 

■動画視聴版!180年に一度の金運獲得法伝授!

2020年の展望と指針!新春招福特別開運セミナー

 

 

 

 

 

                    

2020年2月節~翌年1月節まで1年間月別運氣の流れ

 

《2020年の全般的な流れと運勢・開運法・留意すべき点》

【事業運】社長は変化改善に柔軟に対応せよ。計画立案・地固めに最適な月と方位

【対人運】【異性運】お客様・取引先・役員・社員・家族…開運の処し方

【健康運】精神的・肉体的な疾患両方に要注意の年、下半身や首から上の体調不良の時期とは

【投資運】太陽、火、燃料関係の商売、株式投資

 

厄年の対処法

・前厄(まえやく)・・・・【二黒土星】(昭10、19、28、37、46、55年生まれ) 「前厄年」※歳破帯同

                  衰旺期-4(運勢点前半45→60点)

                              

 

 

 

・本厄(ほんやく)・・・・三碧木星(昭9、18、27、36、45、54、63年生まれ)「本厄年」 

                  衰極期-5(運勢点30点)

 

 

 

 

・後厄(あとやく)・・・・四緑木星(昭8、17、26、35、44、53、62年生まれ)「後厄年」

                  盛初期+1(運勢点30→45点)

                              

 

 

 

『地の利』を活かす

難を避け、幸運を招く『方位の読み方、動き方』

 

[1]吉方位と凶方位

2020(令和2)年に万人が気をつける六大凶殺方位とは?

 

(1)「五黄殺方位」(東)と「暗剣殺方位」(西)

  • 「本命殺方位」「歳破」…とは何か?

 

  • 新・改築・新店・営業所…開設の時期と吉方角 

 

  • 出張、旅行を控える時期と方角 

 

  • 必ず幸運を呼ぶ、開運方程式の解説

(2)2020(令和2)年2月~翌1月の月別・本命星別の吉凶方位

  • 短期用・長期出張と転居の使い方

(3)開運・盛運を招く吉方位活用法

七赤金星年の月別・開運方位とは

 

[2]「家相」「土地」の基礎知識

 

  • 家相が招く家族運

 

  • 土用と地震 

 

  • 新社屋・移転の時期

 

『人の和』を築く

「会社の盛運」と「家族全員の幸福」の招き方

 

[1]五行における相生・相剋関係

 

社長と側近・幹部の組み合わせ方

 

  • 「生気(せいき)」大吉、「退気(たいき)」「比和(ひわ)」…吉の間柄
  • 不運を招く「殺気」「死気」とは

 

[2]自分の星(九星)から見た相生・吉凶の人間関係

 

  • 本命星で見る吉方位の組み合わせ

 

社長と企業の成長の心得

 帝王學・九星気学の活用法

 

  • 社員の結束力、行動力を強化する経営トップの姿勢 

 

  • 人はカケ声では変わらない!では今、何をすべきなのか?

 

  • 行動に「想いを込めよ」 

 

  • 社長の成長が会社の成長 

 

  • 自分に厳しい社長であるための「戒め」とは

 

  • 「備えよ」良い事も悪い事も、その備えが社長を強くする 

 

  • 企業経営を通しての人間形成と徳積み

 

 

 

 

以上

 

動画視聴版!180年に一度の金運獲得法伝授!

2020年の展望と指針!新春招福特別開運セミナー

 

お申し込みをお待ちしています。

いつもありがとうございます!

 

Goodluck!

 

 

天道象元開運鑑定事務所

  主宰 天道象元

 

 

 

 

LINEで送る
Pocket

関連記事