2020年2月節の運勢と開運情報:九星気学の秘訣Vol.409

 

おはようございます!

天道象元です。

2020年2月4日から庚子七赤金星年

 

2020(令和2)年2月は如月(きさらぎ)に入りました。

 

 

九星気学的にも今月2月4日から

2020(令和2)年庚子(かのえ・ね)

七赤金星(しちせき・きんせい)の年運がスタートします。

 

 

いよいよ2020年2月節の庚子七赤金星の年運が

少しづつ動き始めます。

 

 

 

 

この2月節はたまたま

月盤が戊寅八白土星なので

昨年の年運が月盤に成り代わり

ゆっくりと年運が移り変わる兆しがあります。

 

 

今月も運勢バイオリズムと吉方位を知り、

今月の開運情報を知り、実践活用して下さいね。

 

2月節の運勢と吉方位

 

さて、

2月節の運気も4日(火)立春(りっしゅん)節から

2020年の年運と共に今月の運気がスタートします。

 

 

2月節は

戊寅(つちのえ・とら)

八白土星(はっぱく・どせい)月

の運気になります。

 

さて、先月会員様特典として

無料ご招待にてご案内いたしました

 

■2020年を読む!

盛運・繁栄を招く新春招福特別開運セミナー

満員御礼にて開催することができました。

 

 

今年2020(令和2)年庚子七赤金星年1年間の

年運と各本命星ごとの吉凶方位をお伝え致しました。

 

多くの実践会員様から

復習を兼ねて動画視聴版のご要望を頂きました。

 

視聴予約申込は2月末日までの期間限定にはなりますが

 

ご興味がある方は動画収録致しましたので

こちらから視聴予約をお申し込みください。

 

 

■動画視聴版予約フォーム

2020年を読む!盛運・繁栄を招く新春招福特別開運セミナー

 

 

 

 

次に

前半で、今月の全体的な月運をご案内した後

後半でライフコード(本命星)毎に

鑑定した運勢と吉方位を案内します

のでご活用ください。

 

それでは、

今年も開運情報を満載にして全力で

スタートしていきますよ!

 

今月の全体的な月運

 

まずは2月節の運気をご案内致します。

 

2月4日(火)立春(りっしゅん)節を迎えると共に年節と共に月節が変わり

2020年庚子七赤金星年と共に2月節の運気がスタートします。

 

「2月4日(火)18:03から3月5日(水)11:57まで」

 

戊寅(つちのえ・とら)八白土星(はっぱく・どせい)月

 の波動が宇宙全般に影響力を増す月です。

 

全般的な今月の運気は

八白土星の運気(波動)である変化改善の精神を向上していく事で

運気がアップする月になります。

 

今月の象意(キーワード)

 

今月八白土星の象意(意味)は、

 

・変化

 

・改革

 

・改造

 

・改築

 

・相続

 

・親戚

 

・家

 

・家族

 

・先祖

 

・友人

 

・母体

 

・山

 

・高所

 

・山林

 

・丘

 

・節

 

・継ぎ目

 

・止まる

 

等です。

 

それでは、2月節の開運術をお伝えいたします。

 

2月は、命あるものを活かし、弱者(病人や老人)を励まして

徳分を増やす事を心掛けましょう。

 

2月の社会的動向

 

変化を起こせる人がチャンスをつかむ!

~変革改革を求められる月~

 

2月は政治経済も人々の心も、疲弊気味で行き詰まりを感じます。

今月は、この行き詰まり感をどのように打破するのか、もしくは

改革していくのかが今後の明暗を分ける大きなポイントになります。

 

言い換えれば、

閉そく状態の中で変化を起こせる人がチャンスを創り、

チャンスをつかむ人となり得ます。

 

特に今月は、ただ漫然と行動している人は、時代に取り残されてしまいます。

 

今自分が行き詰っている局面を打開するために、何をどうすればよいのかを考え

積極的に行動していきましょう。

以上

 

 

 先日お伝えした2020年度の展望と指針を参考にして、

自分自身の魂のレベルを上げ、自分と向き合い感謝と反省の心で

精神性の向上を目指し成長していきましょう。

 

更に日常で運気をアップして、後半戦を乗り切るためには、

タイミングと吉方位を活用し行動することです。

 

まずは、今月の大凶方位をお伝えします。

 

今月万人の大凶方位

 

まずは今月万人の大凶方位をお伝え致します。

 

今月、万人の凶方位はご自宅からみて

東北、西南、南、東、西の5方位です。

 

凶方位のご縁はなるべく避けて、

今月の運気を活用していきましょう。

以上

 

目には見えないけれども、大いなる力・宇宙の法則を

ご活用頂き発展成長して下さいませ。

 

それでは、今月の運勢と吉方位旅行風水情報をお伝え致します。

 

 運勢と吉方位を活用することで天を味方につけて明るく楽しく、

心豊かな人生を創り上げて行きましょう。

 

~☆~☆~☆~☆~こちらの開運メールでは事前に吉事と凶事を知り、

対策を練って発展と危機管理ができますようポイントをお知らせしています。

※戊寅(つちのえ・とら)八白土星(はっぱく・どせい)月の運気は

2月4日(火)18:03から3月5日(木)11:57まで

 

2020年2月節の運勢と吉方位 詳細

戊寅八白土星月

2月4日(火)18:03〜3月5日(木)11:57

 

2月節は如月(きさらぎ)。4日(火)は

「立春(りっしゅん)節」を迎え、

2020年度の運気が動き始めます。

 春は名のみの風の寒さを感じます。

今月の運勢と吉方位を活用し、

良い運気を獲得して月にしていきましょう。

 

一白水星 

S2.11.20.29.38.47.56.H2.11.20.29

衰運期に入り心身ともに減退して参ります。

 

緊張が緩んできて、つい遊興事に走りがちですが、

金銭的な困窮を招きますので自制が大切です。

 

商売を拡張したり後先考えずに思いつきで行動すると

困難が待っています。

 

周囲の人の意見を聞き、熟慮の上に判断しましょう。

 

何かにつけてイライラしがちで倦怠感も加わり増え

不満が募ります。

 

自分の身に起こる全ての事柄に感謝できれば、

おのずと道が開きます。

 

縁談については一旦止まり、進めずに見送りましょう。

 

◎北大吉方位:良縁成就運

 

二黒土星 

S1.10.19.28.37.46.55.H1.10.19.28

改革による事業の発展が見られます。

 

低迷がちであった状況から回復への兆しがうかがえる明るい見通しも、常に控えめに行動したことが功を奏します。

 

また、継続してきた事をやめたくなりますが

継続して吉運を得ます。

 

やめてしまうと、一時的に気持ちが楽になりますが

止める習慣ができてしまい信用を失う事となり将来に難を呼びます。

 

また、反発心を抑え、自業自得とならぬよういろいろな

中傷を受けても謙虚さを保つこと。

 

また周囲の動きが一段と上向きになるにつれて、

少々焦りを感じたり、とんだ失策を演じることとなります。

 

慎重に周囲との調和を旨として難を逃れます。

 

高いところからの転落、関節炎や腰痛、骨折など要注意。

 

◎東南大吉方位:金運拡大運

 

 

三碧木星 

S9.18.27.36.45.54.63.H9.18.27

節分が明けて本厄の年に入りました。

 

しかし、今月は比較的穏やかで過ごせることでしょう。

 

物事に対しては慎重に対処し、足元をしっかり照らし、

見極めての行動が大切です。

 

その中で名誉運もある一方、

今までの過去の清算を求められるケースもあります。

 

十分な注意が必要です。

 

頭が高くなり、偉そうに見える傾向が多く見られます。

 

意識して謙虚に頭を下げて日々生活していくことが大切です。

 

人とのご縁を大切に、感謝の心を養いましょう。

 

健康面では内臓全体にご注意ください。

 

◯北西小吉方位:精神安定運

 

 

四緑木星 

S8.17.26.35.44.53.62.H8.17.26

今月から本来の令和2年になり、1年間は後厄となります。

 

本命四緑木星が今月北に回座する為、

先月から引き続き悩みが残る可能性が大きいので

我慢と努力で乗り越えていきましょう。

 

一事が万事自分の心次第で結果が現れます。

 

わがままを控え、感謝の心で受け入れ、

改めて精進することが大切です。

 

奉仕の心を忘れず、未来へつながる行動をして吉です。

 

健康面では持病や健康管理にご注意ください。

 

特に消化器系、関節、筋肉の病にご注意ください。

 

母親の異変や病にご注意のことを。

 

無駄遣いをなくす金銭感覚を養って吉です。

 

◯北西小吉方位:精神安定運

 

五黄土星 

S7.16.25.34.43.52.61.H7.16.25

今月は長かった厄年期間も明け気持ちも明るくなって

前を向き、大いに羽ばたいて吉です。

 

 

大変に忙しくなるでしょう。

 

コツコツと善意と努力を積み重ねてきた人には

大きな朗報が得られます。

 

反面、

親族や母親とのトラブルには注意が必要です。

 

約束を反故にされたり、言葉の行き違いで意思が伝わらず、

誤解を招くこともあります。

 

会社や組織においては、

知人とのトラブルを引き起こす原因にもなりやすく、

 

情緒に従い人のために尽くす精神が己を助けます。

 

◎東南大吉方位:金運拡大運

 

 

六白金星 

S6. 15.24.33.42.51.60.H6.15.24

運気は回復、この月はとにかく

黙々と行動することです。

 

小さな事でもおろそかにせず、

大地のような包容力で人と接し

人の不満の聞き役になることが

信用につながります。

 

心身ともに忙しくなり、

落ち着きを失うと心に不満が発生し、

 

それを口にしてしまうと

せっかく得た信用も無にしてしまうので、

言動には注意が必要です。

 

持病の再発、健康管理に留意し、

忙しさに負けない体力を維持しましょう。

 

火の用心が大切です。

 

▲吉方位無

 

 

七赤金星 

S5.14.23.32.41.50.59.H5.14.23

運氣はますます上昇し幸運月です。

 

物事を整う傾向があるので、

行動に移して吉です。

 

ただし順調な状況には自分を忘れると失敗を招きます。

 

目標に向かって一歩一歩堅実に努力を積み重ねていくことで信用を得て物事を順調に運ぶこととなります。

 

縁談話が出やすくなりますが、独断せず、

親とよく相談してから決めて吉です。

 

物事が長引く傾向にありますが、

結果は良好となります。

 

新規事は指導者の助言を受けて慎重に進めることが大切です。

 

健康面では消化器系にご注意ください。

 

▲吉方位無

 

八白土星 

S4.13.22.31.40.49.58.H4.13.22

これまでの結果が現れる月です。

 

下からあおられるような圧迫に負けそうになり、

慌てて先走ってしまいがちです。

 

しかし今月は八方塞がりのため、結論を急がず、成り行きをよく見て行動に移しましょう。

 

精神的に落ち着かない状況から

変化を求めて行動しても長続きしません。

 

大きな飛躍や変化は期待せず、転職や新規事は避け、先の見通しをよく立てて取り組みましょう。

 

今月の家の改築、リフォーム、寝床の移動は凶です。

 

▲吉方位無

 

 

九紫火星 

S3.12.21.30.39.48.57.H3.12.21.30

 

運気の意欲も充実し、「前進あるのみ!」といきたいところですが、月の後半は徐々に下降へと転じていきます。

 

計画通りに行動していても

だんだん拡大していき、最終的に収拾がつかなくなるので

計画自体を八分目に抑えて常に自制することが身を助けます。

 

つい気が大きくなって横柄な態度をとり、

嫌悪感を与えてしまいがちな時です。

 

一つ一つの言動に心配りを忘れないことが大切です。

 

健康面では肺機能、呼吸器系疾患にご注意ください。

 

◎北大吉方位:良縁成就運

 

以上

 

それでは、今月の運勢と吉方位を活用して

有意義な月にしていきましょうね。

 

いつもありがとうございます。

 

天道象元開運鑑定事務所

 主宰 天道象元

 

LINEで送る
Pocket

関連記事