九星気学の秘訣Vol.112:7月の運勢と吉方位

投稿日:2016年07月01日

おはようございます!

天道象元です。

早くも7月に入り
今年の折り返し地点を過ぎ、後半戦に突入しました。
7月は文月(ふみづき)、7日小暑(しょうしょ)節は
梅雨明けとともに暑さがます季節になります。
また7月節の運気は7月7日小暑節から8月7日立秋節までの運気
です。
今月は大きく拡大のチャンスを活用して一歩ステップアップできる運気です。
それでは今月の大凶方位をお伝え致します。
 今月は乙未(きのと・ひつじ)六白金星月です。
 万人にとっての大凶方位は東南(五黄殺)と対中の西北(暗剣殺)
そして東北(月破)と西南の4方位です。
 ご自宅から見て、こちらの凶方位への行動にはご注意下さい。
 さて、本日7月1日はまだ6月節ですが月日時間の重ね日です。
私も顧問契約先の吉方位旅行に同行してコンサルティングして参ります。
また、先月開催した「旅行風水」開運セミナー受講者の方々も吉方位に
「旅行風水」に行っています。
 今月7月節にもとても良い吉方位がありますので、よろしければ
復習を兼ねて開運セミナーにご参加下さいませ。
 それでは、今月の運勢と吉方位等情報をお伝え致します。
 今月の運気を活用し天を味方につけて明るく楽しく、心豊かな人生を創り上げて行きましょう。
~☆~☆~☆~☆~こちらの開運メールでは事前に吉事と凶事を知り、対策を練って発展、
防御できますようポイントをお知らせしています。
※7月節:乙未(きのと・ひつじ))六白金星(ろっぱく・きんせい)月は7月7日(木)1:3分から翌8月7日(日)10:53まで
2016.7月節 概要1

 

2016.7月節 概要
LINEで送る
Pocket

 

九星気学は暦年です。暦では一年を「立春」から、次の年の「節分」までとなります。1月及び2月節分までに生れた方は、前年の九星でご確認下さい。

もし、自分の正確な本命星を知りたいという場合は、生年月日をお送り頂ければ、あなたの本命星を無料でお知らせ致します。

 

 

カテゴリー:7月の運勢,7月節の運勢,六白金星

©Tendo Shogen