九星気学 開運セミナー受講者さまの声:新年特別招福開運セミナーVol.343

お正月の準備について

お正月の準備はいかがですか?

私は今日12月30日なので色々とお正月の準備をしました。

神棚を掃除して御神札を入れ替えたり、門松やお供えを設置。

実は

当家は12月29日と31日の準備はご法度になっています。

それは、29日等9日は苦日(くにち)の飾りと言って、苦労の元をつくるから。

31日は一夜飾りといって、物事を慌てて行うことを戒めて

余裕をもって準備をすることの大切さを伝承しているかと思います。

節度・節目の大切さ
現代の家庭では、あまり家風などのしきたりを重んじることはないかもしれませんね。

東洋や日本では、四季の巡りや変わり目などを節目として大切にしてまいりました。

その名残が、大晦日や暦の二十四節季として伝わっているのですね。

節度や節目は金運アップのシンボル!

九星気学では、

西の方位や七赤金星の象意の代表的なものとして金運アップの効果があるとされています。

実は、この七赤金星の象意には、金運アップをするためには節目や節度を大切にする

という意味があります。

メリハリをつけて人生のバランスをとるという意味でしょうか?

そういえばご家庭のしつけの中で、

「挨拶と返事」を子供に教えていたのは、

社会に出て自立する事と信頼関係を作り上げていく為にも

大切な教えだったのかもしれませんね。

一年の節目は?

九星気学では、今年2017年の節目は来年2018年2月3日の節分です。

2018年2月4日立春から来年戊戌(つちのえ・いぬ)九紫火星(きゅうし・かせい)の

年運が始まります。

そこで、来年2018年の年運の動きを開運セミナーで解説いたします。

明日12月31日まで早割受講料金で参加できますので、こちらからご確認ください。

残席3名様になっていますので、ご興味がある方はお早めにどうぞ!

■2018年度新春特別招福開運セミナー

また、今年の同開運セミナーを受講していただいた方のご感想をいただきました。

よろしければ、こちらもチェックしてくださいませ。

♦2017年度新年特別招福海運セミナーを受講した感想

起業家プロデューサー秘書 森本 小百合様

以上

是非この2018年新年特別招福開運セミナーを受講して

2月4日立春から本格的に2018年の年運を活用してスタートダッシュしてください。

ラック・コンサルタント

九星気学鑑定士

天道象元(てんどう・しょうげん)

LINEで送る
Pocket

関連記事