九星気学の秘訣Vol.3今すぐできる徳積み開運法

投稿日:2014年08月14日

おはようございます!
社長の迷いを決断に変え、成功と幸せに導く九星気学鑑定師 天道象元です。
昨日、親孝行やお墓参りが「ご恩返しとして素晴らしい徳積みになる」という投稿をさせて頂きました。

 

数名の方からこんな質問を頂きました。

 

「私は帰省も、お墓参りも出来ないのですが~徳積み~はどうしたらできるのでしょうか?」

 

という御質問を頂きましたので、この開運ブログでお答えさせて頂きます。

 

テーマは~今すぐでき得る「徳積み 開運法」~です。

 

心を柔らかくしてお読みくださいね。 

 

では、始めます。

 

■□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
帰省やお墓参りだけでなく「徳積み」は、日常の生活の中で身につけていく事が出来るんですよ。

 

というよりも、実は、日常で行う「徳積み」が人格や品性、精神性の向上に役立つ行動であり開運の大切なポイントなのです。

 

これ、本当です!

 

例えば

 

「日常の「言葉づかい」が「徳積み」となり、人格や精神性を向上させていき、開運していく」

 

という事を御存知でしょうか?

コミュニケーション

 

 

 

 

 

 

 

 

私達が日常、無意識に発声している言葉はその人の心の中の感情や心の在り方を現わしています。
インスピレーションを感じるのも、その人の第一声との出会いが大きく影響しています。

 

これは、心の状態をそのまま言葉が表現しているからです。
心が磨かれて高尚になれば、自然に言葉の発声も和らぎます。
また、言葉づかいに気をつける事により自然と心が和みます。
自然に話す言葉によって人様を和ませる事が出来る人間性をつくっていく事により、周りの人から崇められ、尊敬される人格が形成されていくのではないかと思いますがいかがでしょうか?

 

反対に「放言」や「暴言」はせっかく頂いた良縁や、良い運を自ら手放すようなものです。

 

「こうしてやる!」

 

「あんなにしてやったのに!」

 

「こんなにしてやったのに!」

 

というのは、言葉を相手に放り出して送ってしまった放言です。

 

また、

 

「こうしろ!」

 

「やっておけ!」等

 

「放言」「暴言」になってしまいます。
これでは、せっかく心がけて与えられた「徳積み」の「お徳」を外部に発散、放出してしまうことになり、結果その「お徳」は自分に戻る事はありません。

 

では、どのような言葉づかいが「お徳」を得られるのでしょうか?

 

それは、

 

「そうさせて戴きます」というように「戴く」とか、「そうさせて下さい」という「下さい」のように、自分に「お徳」を引き寄せる言葉を使わせて戴く事です。

 

そうすると、

 

自分が発声した言葉が2倍、3倍の「お徳」となり自分に戻って参ります。

 

「して下さい」と人様に「・・・下さい」や「・・・して戴けますか」という言葉のように、受け身になると陰に徳を頂けるのです。

 

このように、日々の生活そのものが修行であり、言葉一つで「お徳」を積む事が出来るのです。

 

決して難しい、辛苦の業ではありません。

 

そして“人間だけに与えられた言葉の発声”、この特権を大いに生かして頂き、御自分の「徳積み」として実行してみてください。

 

やがて、必ず良い結果を頂ける事になります。

 

心を爽やかにして、相対する人を立てる事により、自然に出る言葉の中に悦びが生れます。

 

行動としては、言葉が下がると、自然と身体が素直に下がり、心も謙虚になります。

 

この三つが完成すると、人間としての人格が高まり、品格や精神性の向上も出来あがってくるのです。

 

尊い人になろうという意識は必要ないと思います。
日常の言葉と態度、そして優しい言葉を交わす事の出来る人間性を養って頂き、周りから尊敬を得られる人間性を確立して頂き、明るく、楽しく喜びのある人生にしていきましょう。
■□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

いかがでしたか?

 

「そんなことは知ってるよ!」と思われたかもしれませんね。

 

でも知っていることと、やっていることは別物ですね。

 

私も、この夏休みを活用して心の勉強をさせて頂きます。

 

また気づきや、御質問頂いた事にお答えさせて頂きますね。
いつもありがとうございます。  

天道象元

 

◆大富豪の秘伝「初めてのワクワク九星気学講座」プレセミナー

天道象元_初めての九星気学講座

LINEで送る
Pocket

 

九星気学は暦年です。暦では一年を「立春」から、次の年の「節分」までとなります。1月及び2月節分までに生れた方は、前年の九星でご確認下さい。

もし、自分の正確な本命星を知りたいという場合は、生年月日をお送り頂ければ、あなたの本命星を無料でお知らせ致します。

 

 

カテゴリー:九星気学,九星気学講座,九星気学鑑定,九星気学鑑定ホームページ,九星気学鑑定公式ブログ,初心者,天道象元,徳積み,気学セミナー,祐気取り,言葉使い,言葉遣い,開運情報

©Tendo Shogen