2019年の記事一覧

2019年3月21日満月の春分の日の意味:九星気学の秘訣Vol.381

投稿日:2019年03月21日

今年の桜開花情報が18日(月)九州の宇和島から始まり、

昨日20日(水)は長崎や高知県でも桜の開花宣言がありました。

 

昨日の関東地方は快晴で気温も上がり

4輪の桜開花が確認されたので、今日21日(木・祝)には開花情報が出ることでしょう。

 

桜の花が咲く頃になると、

なぜか気持ちがワクワクし明日への希望が湧いてきますね。

 

さて、

本日3月21日(木・祝)は今年の中でも大切な節目の日であり、

運気の波動から見てもいくつかの大切な要素が重なる特別な日です。

 

春分の日:2019年3月21日(木・祝)

 

 

春分の日は、

「自然をたたえ、生物を慈しむ」

という日であり、日本の法律で祝日と

されています。

 

ちなみに、春分の日は

国際的にも多くの地域で重要視されてきた日です。

 

また、西洋占星術では、春分の日を元旦と考えたり、

インカ帝国などの優れた天文学をもつ国の建築技法の一つ

として基準日にされていました。

 

ご存知の通り日本でも、

春のお彼岸としてご先祖様の供養にお墓参りをしたり、

牡丹餅(ぼたもち)をご仏壇に供えて、

お下がりを食べたりして日本の文化として

継承されてきました。

 

春分の日

 

「春分の日」とは暦を基準にした

二十四節気という節目の日です。

 

循環する一年の四季を太陽の動きによって

二十四の節気に分けて生活のリズムや農業に

役立ててきたのです。

 

春分とは節気(15日間)の事を言い、

春の節気の初日に当たります。

 

「春分の日」を祝日にした理由

 

古くから重要な日だった春分の日とはいえ、

その日が祝日としたのには理由があります。

 

それは春分の日に行われる宮中祭祀の一つ、

「春季皇霊祭」という皇族の祖霊を祀る儀式があり、

その日を祝って祝日とされたのが名を変えて今に

引き継がれているという事です。

 

ちなみに今でも「春季皇霊祭」は皇居内の

皇霊殿にて厳かに行われています。

 

日の出が真東、日没は真西に

 

春分の日は日の出は真東方位から、

そして日没は真西方位に沈む日なのです。

 

そのため、

太陽の出ている時間(昼)とそうでない時間(夜)が等分に分かれているので、春分の言葉の語源になっています。

 

※実際には太陽の日の出、日の入りの観測結果が大気エネルギーの存在により昼の方が少し長くなるそうで、正確に等分になるのはその約4日前にずれるそうです。

 

春分の日とお彼岸

 

春のお彼岸としても言われる春分の日は「暑さ寒さも彼岸まで」とも言われています。

 

春のお彼岸の「彼岸(ひがん)」とは仏教の教えに由来します。

 

お彼岸(ひがん)とは

 

お彼岸という言葉は仏教用語で、

 

涅槃寂静と言う仏教の最終的な目標である、

 

「煩悩から解き放たれた悟りを開いた人が至る三途の川を渡った場所」

 

「彼岸」のことです。

 

この彼岸という仏様のいる極楽浄土は、

お釈迦様の入滅のお姿から「西方浄土」

つまり仏の世界は西にあると考えられるようになります。

 

太陽が真西に沈む様子から、

仏様がいらっしゃる西方浄土への思いを馳せる

お彼岸が生まれたと言われています。

 

お彼岸のお墓参りは日本独自の文化

 

仏教はインドを発祥として、中国・朝鮮半島、東南アジアと

多くの地域で信仰されています。

 

しかし、お彼岸の行事は日本独自の文化と言われています。

 

仏教が伝来した後、

日本に土着の信仰との融合によって

現在に伝わるお彼岸になったと言われます。

 

真西に日が沈んでいく春分の日と秋分の日は、

西方浄土の考えとつながり、

 

あの世(彼岸)とこの世(此岸:しがん)が近づき

先祖の霊を迎え、祀りご供養する日となったと考えられます。

 

春分の日のお墓参りの意味

 

ご先祖様のいらっしゃる

あの世(彼岸)が近くなると考えるお彼岸は、

普段お墓参りに行くのと同じように

 

ご先祖様への、

常にお見守りいただいている

感謝の気持ちをお伝えする行事です。

 

私が伝承する帝王學・九星気学でも

その歴史は聖徳太子の時代からとも

言われており日本独自の大切な文化であり

九星気学開運鑑定の根幹なのです。

 

次の世代に伝えるべき日本文化として

大事にしていきたいものですね。

 

春分の日はお彼岸の中日(ちゅうにち)

 

春分の日とお彼岸についてはご伝えしましたが、

お彼岸についてもう少し詳しくご紹介します。

 

お彼岸というのは、春分の日もしくは秋分の日の

前後3日間を加え7日間続きます。

 

春分の日もしくは秋分の日の三日前を「彼岸の入り」といい、

お寺などでは彼岸会(ひがんえ)がはじまり、

 

三日後に「彼岸明け」と言ってお彼岸の最終日になります。

 

春分の日もしくは秋分の日は

それぞれお彼岸の中日と言い、

この日にご先祖様の追善供養をしてきました。

 

お寺では、

この前後の6日を含め彼岸会(ひがんえ)という法要を行います。

 

六波羅蜜(ろくはらみつ)

 

春分の日前後6日間がお彼岸であるとする由来は、

お釈迦様が説いた悟りの境地に至るための具体的な

行動を意味する六波羅蜜(ろくはらみつ)に由来します。

 

六波羅蜜とは以下6つの教えのことを言います。

 

1、布施(ふせ):人のために善行すること。ほどこすこと。

 

2、持戒(じかい):自らを戒め生活すること。つつしむこと。

 

3、忍辱(にんにく):困難に耐えて生きること。しのぶこと。

 

4、精進(しょうじん):最善を尽くし努力をし向上心を持ち続けること。はげむこと。

 

5、禅定(ぜんじょう):心を落ち着け、動揺しないこと。しずけさを保つこと。

 

6、智慧(ちえ):心理を見極め、真実を見抜く心眼を養い知恵に溺れないこと。学ぶこと。

 

仏教ではご先祖様を供養すると考える日であると共に、

 

「自らの普段の生活を見直し、自らを改める一つの機会として考える」

とされています。

 

2019年は春分の日と満月が重なる貴重な日

 

3月21日春分の日は、19年ぶりに満月の日と重なります。

 

平成最後の特異日であり、勤労感謝の日や天皇誕生日に次いで

特別な意味のある日なのです。

 

直感と情熱の波動が活性化するタイミング

 

実は昨日から運気の波動は動き出していて

3/20(水)10:36~3/21(木)10:27に最大活性化します。

 

具体的には

願いや計画を行動する事で、思わぬ応援者が表れたり、

 

決断して行動した結果、モノやお金に恵まれたりするのです。

 

更には、

直感や情熱をアウトプットする事で、

新たな現象を創造する事が出来る日です。

 

・新たな出会いをする

 

・プロジェクトをスタートする

 

・ウェブサイトを更新したり、刷新してスタートする等

 

新しいことを始めるて吉運を得る日です。

但し、何もしないで運気を得る日ではなく、

行動をしてこそ天を味方につけて結果とする日

であることを肝に銘じてください。

 

運気の波動が活性化するので、

行動すれば順調に進行します。

 

しかし、慢心してはいけません。

 

自分一人の力でやったと思うと過信することになってしまいます。

 

ですから、今日春分の日は

先にご先祖様をご供養したり、

大いなるものや周囲の方や環境に

感謝の意をお伝えしてこのタイミングを

ご活用ください。

 

宇宙の法則を学び理解して行動する

 

残念ながら、

今までお伝えしてきたことは学校教育では

敗戦処理の時にGHQの政策により

避けられてきた内容かもしれません。

 

しかし私たちには、

日本文化や崇高な精神性を次の世代につなげる役割があります。

 

敢えて言うなら、

「これからの時代は、目に見えないものを見る能力が必要な時代」

であると思いますがいかがでしょうか?

 

私が伝承している、

帝王學・九星気学は「幸せになる宇宙の法則」を体系化した学問です。

 

生まれた時に授かった波動特性を読み解き、

宇宙の波動と調和させることで生命エネルギーを

チャージして元気になり、天命を全うすることが出来るのです。

 

愛とお金を引き寄せて幸せになる「旅行風水」ウェブセミナー

 

そこで、タイミングを合わせ、吉方位に楽しく旅行をするだけで

愛とお金を引き寄せて幸せになる「旅行風水」ウェブセミナーを

ご案内いたします。

 

ご都合に合わせて、PCやスマホから無料でご視聴予約できます。

 

休日やお時間の都合の良い時に、ゆっくりとリラックスしてご視聴下さいませ。

 

ご興味のある方は、こちらからどうぞ!

◾️愛とお金を引き寄せて幸せになる

「旅行風水」無料開運ウェブセミナー

聴予約はこちらからどうぞ!

 

 

それでは、春分の日と満月が重なる強運の波動を活用して

良いことがシャワーのように降り注ぎますように(^▽^)/

Goodluck!
天道象元開運鑑定事務所

主宰 天道象元

カテゴリー:2019年,無料ウェブ開運セミナー,開運鑑定

2019年3月版今月の運勢と吉方位:九星気学の秘訣Vol.380

投稿日:2019年03月04日

 

潤う:季節の廻り

 

早くも3月弥生(弥生)を迎え、

関東地方では昨日今日と二日間雨模様でしたね。

 

 明後日6日(金)は啓蟄(けいちつ)節となり、

春の気配で土の中の虫も地上にはい出てくる

季節を迎えます。

 

今月21日(火)には春分(しゅんぶん)節を迎え、

昼と夜の時間が等分となり春のお彼岸の中日となります。

 

お彼岸月は先祖供養する事で運気もアップしますので、

お墓参りや法事への参加を心掛けていきましょう。

 

宇宙の法則と天体の動き

 

さて、今月3月の天体星の動きを見ると

6日(水)から27日(水)まで水星が逆行するので、

移動手段や伝達に支障をきたす傾向が発生しやすい

のでご注意ください。

 

また、先ほどお伝えした

3月21日(木・祝)春分の日に先祖供養など徳積みを

心掛けると直感が働き、情熱的に目標に向かう

パワーがアップする日となります。

 

今月3月節の動き

 

さて、

今月3月節は

6日(月)啓蟄(けいつつ)節より

 

丁卯(ひのと・う)一白水星(いっぱく・すいせい)月

 

となります。

 

 昨年の「冬至」の日に

来るべき2019年の計画立案をして

指針を明確にした方は

 

今月一白水星の運気を再確認して、

新たなスタートをすると

天が味方して素晴らしい年運を

得ることができます。

 

 3月節は計画立案した目標に向かって

再スタートをして目標と実績のギャップを

今のうちに軌道修正する事をお勧めいたします。

 

新たな企画スタート

 

私も、

ラックコンサルティング顧問先様と共に

3月6日発売開始の新商品の企画開発を

させていただきました。

 

 

 運気の流れを読み、

運勢の波に乗る事で天を味方につけて行動することが出来ます。

 

5月最強運気獲得する為のオンラインZoom受講版開運セミナー開催!

 

また、

今年5月節は多くの方が

今年最強運を獲得できる

大吉方位のチャンスが訪れます。

それに先立って

全国どこからでも参加できる

オンラインZoom受講版開運セミナーを開催します。

今月は

毎回先着5名様限定5回開催致します。

 

先着順ではありますが

 

受講料は3,000円ですので

 

お早めにお申し込みください。

 

オンラインZoom受講!

今年5月の最強運を獲得して人生の富を10倍アップする

「旅行風水」開運セミナー

 

 

 

 

どうぞ

目には見えないけれども、

九星気学による大いなる力・宇宙の法則を

ご活用頂き発展成長して下さいませ。

 

それでは、

今月の運勢と吉方位旅行風水情報をお伝え致します。

 

 吉方位を活用することで天を味方につけて明るく楽しく、

心豊かな人生を創り上げて行きましょう。

 

~☆~☆~☆~☆~

こちらの開運メールでは事前に吉事と凶事を知り、

対策を練って発展と危機管理ができますよう

ポイントをお知らせしています。

 

今月3月節の期間

 

※3月節:丁卯(ひのと・う)一白水星(いっぱく・すいせい))月

の運気は3月6日(水)06:10から4月5日(金)10:51まで

 

今月の運勢と吉方位

 

3月は弥生(やよい)。

 

6日水曜日は「啓蟄(けいちつ)節。

 

21日は春分節を迎え、昼夜の時間が等分になる

春の彼岸の中日です。

 

今月の運勢と吉方位で運気をアップして

暖かく穏やかな春を迎えましょう。

 

 

 

 

 【一白水星】

 

 

前半は運気強く、

ここ3ヶ月の行動に結果が。

 

後半は下降気味。

 

うまい話に要注意。

 

肝臓や肺に注意。

 

▲吉方位なし

 

 【二黒土星】

 

運気は下降気味。

 

現状維持に努め、何事も慎重に。

 

奉仕の精神と感謝の気持ちで、

先祖供養と親孝行を。

 

◎東大吉方位:改善発展運

 

 【三碧木星】

 

気力体力衰退傾向。

 

気を引き締め、

誤解を招く言動を控え、

慎重に対応。

 

先祖供養、

親孝行で運気上昇。

 

▲吉方位なし

 

 【四緑木星】

 

 

精神的に不安定な月。

 

親しい人と問題が起きやすい時。

 

誠実に謙虚に冷静に。

 

交通事故、落下に注意。

 

▲吉方位なし

 

 【五黄土星】

 

様々なことが表面化し吉凶混合の月。

 

訴訟や異性問題は深入り禁物。

 

公文書、印鑑、お金の使い方に注意。

 

◎西北大吉方位:健康増進運

 

 【六白金星】

 

気が滅入る月。

 

前向きな心が結果を変えていく。

 

礼儀を重んじ、現状維持が吉。

 

交通事故に要注意。

 

◯西北小吉方位:健康増進運

 

 【七赤金星】

 

運気上昇。

 

暴走を避け、

受け身の姿勢が大切な時。

 

素直な行動と努力が良縁に。

 

内臓の病気に注意。

 

◎東大吉方位:改善発展運

 

 【八白土星】

 

運気良好。

 

積極的な行動で成果を。

 

ただし、やり過ぎに注意。

 

健康管理を心がけ、

肝臓腎臓を休めて吉。

 

◎西北大吉方位:健康増進運

 

 【九紫火星】

 

運気上昇、好調な月。

 

迷わず進むと良い結果に。

 

人脈広がるが独りよがりに注意。

 

運動、栄養、睡眠を。

 

◯東小吉方位:改善発展運

 

以上

 

それでは、今月の運勢と吉方位を活用し

運気をアップして有意義な行動をしていきましょう。

 

天道象元開運鑑定事務所

  主宰  天道象元

カテゴリー:2019年,3月の運勢と吉方位,今月の運勢

九星気学開運セミナーお客様の声:ハウスクリーニング エスケイ店 代表技能士 関口正一様

投稿日:2019年02月04日

■ハウスクリーニング エスケイ店
代表技能士 関口正一様

カテゴリー:2019年,お客様の声,お客様の声(開運セミナー),新春特別招福開運セミナー

九星気学開運セミナー お客様の声 :株式会社SORA代表取締役
ココロニスト 角本紗緒理様

投稿日:

■株式会社SORA代表取締役
ココロニスト 角本紗緒理様

 

カテゴリー:2019年,お客様の声,お客様の声(開運セミナー)

立春大吉2019年運気スタート:九星気学の秘訣Vol.379

投稿日:

【立春大吉】

いよいよ、今日は立春です。

昨日節分を経て、2019年度の運気がスタートしました。

2019年は己亥八白土星の年運が宇宙を支配します。

 

 

最も大切な心構えは、

一旦止まって「大変革」に対応する年です。

既に決定していることですが、

今年平成天皇が生前退位され

5月には元号が変わります。

あなたの人生でも、

大きな決断と大変革のチャンスが

訪れる事でしょう。

今年は何が起きても

不思議はない年です。

 

心構えをしっかりとして

臨機応変に対応していきましょう。

 

【今月は大地に根差した行動力を養う】

さて、

今月2月節は

丙寅二黒土星の月運です。

 

冬の土用期間も

今日2月4日12:14に明けました。

 

暦の上ではありますが

土の中では長い冬のが終わり

いよいよ今日が立春です。

 

 

待ちに待った春がやってきました。

 

今月は二黒土星の波動である

地に足をつけて、できることを

一歩一歩やりぬいて行くことで

信頼関係を構築していくことが出来る月運です。

 

大地に根差した実力こそが

今年の変化運に対して臨機応変に対処し、

大変革できるチャンスの原動力となります。

 

【今月の運勢と吉方位】

それでは、今月の運勢と吉方位をお伝えします。

 

2月節の運勢と吉方位(2/4~3/6)

 

 

2月は如月(きさらぎ)。

今日4日(月)は「立春(りっしゅん)節」

九星気学では2月4日から

今年2019年の運気「大変革の年」が

スタートします。

 

それでは今月の運勢と吉方位を活用し

運気をアップして行きましょう。

 

一白水星

今月は運気も大変良く、物事も整う月。

 

但しやり過ぎない様に行動することが大切です。

 

独身者には縁談の話が飛び込む

傾向が強く結婚へとつながる時です。

 

新規の仕事も良い結果が出ます。

 

健康面では

体調管理に心を配って行きましょう。

 

◎北大吉方位:金運獲得運

 

二黒土星

運気は強いが、自己過信に陥りやすい時。

 

周囲との和合、

連携を図り人の言葉に耳を傾けることが大切です。

 

柔軟な対応性を持つことがネガティブな

現象の発生を避ける事となります。

 

家の改築改造、

不動産購入は延期することが望ましいでしょう。

 

特に寝床の移動は厳禁です。

 

◎東大吉方位:精神向上運

 

 

三碧木星

活動意欲が旺盛で、大いに行動できる月。

 

一方で自己過信になりやすくご注意ください。

 

来年の本厄を控えて万事に慎重な行動が必要な時。

 

自分の精神を高め、

謙虚な姿勢で目上の意見を仰いで従うことが

吉運を呼びます。

 

何事も相手を圧迫する傾向を配慮。

 

健康面では

暴飲暴食に要注意注意ください。

 

◎西大吉方位吉方位:良縁運

 

四緑木星

新計画や方針転換をしなければと焦るあまり、

目先の利益を追う行動は後で大きな後悔につながります。

 

特に金銭面では安易に見えても油断大敵です。

 

慎重に堅実な努力が必要です。

 

従来の仕事を手堅く守り、充実を図ることに

専念して安泰の運気です。

 

慎重にして現状維持が救いとなり

本厄であることを自覚して行動。

 

交際費が倍増する月でもあります。

 

健康面では「風邪は万病の元」を肝に銘ずべし。

 

◎西北大吉方位:発展運

 

五黄土星

立春と同時に本厄が明け後厄が始ります。

 

今月は感情のコントロールが大切。

 

何事も一旦停止して前後左右の安全確認。

 

一拍置いて冷静に判断できる気持ちの余裕が必要です。

 

悪い習慣を改め、現状を良い方向へと変化させて

打開するには最良の時。

 

受け取り方で後々の結果が大きく変わっていきます。

 

◎東大吉方位:精神向上運

 

六白金星

立春から本当の2019年。今

 

年は物事の変化がある1年間。

 

万事が公になるので注意して行動。

 

先月からの悩みが続く可能性あり。

 

親子関係や詐欺や泥棒に要注意の時。

 

健康面では

持病がある方は健康管理を十分に。

 

また今月は

首から上の病気や心臓病に要注意。

 

▲吉方位無

 

七赤金星

立春を迎えると周囲が急に明るく感じられる月。

 

盛旺期がスタートする今月は、しっかりと計画を立案する時。

 

周囲からの相談、依頼事などは誠意を持って対応のこと。

 

信用を高める事が出来る。

 

特に部下、子供との問題は

親切丁寧に接することで信頼が回復。

 

根気こそが必要不可欠な時。

 

家族の和合を図り、最良を求める行動を。

 

健康面では体の冷えによる体調不良から

発病しやすいので要注意。

 

▲吉方位無

 

八白土星

少しずつ明るい兆しが見えてくる月。

 

しかし急発進には要注意。

 

本業に精を出して、自分自身の本分を全うせよ。

 

まずは計画を練り、準備を整えてる事。

 

今は地道な努力が必要な時。

 

損得感情抜きにして黙々と行動することが、

信用を得て発展への道を開く。

 

不動産の問題は、専門家の意見を参考に慎重に対処。

 

健康面では胃腸の疾患に要注意。

 

◎東大吉方位:精神向上運

 

九紫火星

公私ともに多忙月。

 

運気は上昇し、やる気も満ちてくる。

 

しかし、目まぐるしい日々に気力体力共に消耗し、

回復の間もないほど。

 

行動しただけ成果が上がる。

 

体調管理に充分配慮し、積極的に前進。

 

過去の問題が蒸し返されて対処に追われた場合、

専門家や周囲の意見を素直に聞くことが安全策。

 

古い持病の再発は重症化する傾向。

 

健康面では早期治療を心がけること。

 

また、今月は火事に注意の事。

 

▲吉方位無

 

以上

 

【動画視聴版:2019年新春特別招福開運セミナー】

先月1月19日(土)と22日(火)弊社品川オフィスにて、

今年の「気エネルギー」を活用して幸せを引き寄せる「新春特別招福開運セミナー」

を開催しました。

 

今日2月4日「立春=新年」から、即行動し、

2019年を実り豊かな一年にできるように

天地自然の法則を体系化した学問「九星気学」を

指針として行動している方も多いかと思います。



今年は、「大変革」の年です。



何があっても動揺せずに、

しっかりと人生を歩むためには羅針盤が必要です。-



今年の運気を知り、

あなたの「気エネルギー」の活用方法を

確認してはいかがでしょうか。



九星気学で言う、「新年」は

今日2月4日「立春」からスタートしました。



この、開運セミナー動画をご視聴いただきますと

あなたの本命星に従い、正しい行動をして、

望む結果を得るための、2019年の動き方を知ることができます。

 

2月10日(日)まで早割動画視聴料金でお申込みいただけます。



「2019年度 新春特別招福開運セミナー」動画視聴のお申込みはこちら↓

 

 

 

 

 

 

それでは、

今月の運勢の波に乗り

有意義な月にしていきましょう。

 

いつもありがとうございます。

 

迷いを決断に変え

人生の富を10倍にする

天道象元開運鑑定事務所

主宰  天道象元

カテゴリー:2019年,今月の運勢,立春大吉

2019年2月3日節分は運気の大晦日・恵方は東北東:九星気学の秘訣vol.378

投稿日:2019年02月03日

E7AF80E58886E381A8E8B186E381BEE3818D-thumbnail2

【豆まきと恵方巻】

早いもので 今日は「節分」で豆まきですね。

 

 

2019年節分

今年の恵方巻は「東北東(寅の方)」を向いて食べましょう。

 

【節分と立春】


今回は、「節分」と「立春」についてお伝えしますね。



「節分」とは、読んで字のごとく季節の区切りです。



本来は

 

「立春」

 

「立夏」

 

「立秋」

 

「立冬」

 

の前日をすべて「節分」と言い、

年に4回あるわけですが、

近年では、このうち「立春」の前日だけを「節分」と言う用です。

【立春が今年の年運のスタート】

 

節分を経て明日は2月4日「立春」となり、

いよいよ2019年度の運気がスタートします。


立春も
小寒、大寒や雨水、啓蟄などともに月に2回変わり目があり

二十四節季の一つです。

 

【二十四節気】

 

 

ritu-thumbnail2

 

これは太陽の動きを正確に観測し、

冬至や春分点を定め、

その間を等分したものです。

 



つまり、

「節分」は地球から見た太陽の動きを計測した

天体観測値を基に定められたものです。

 



一般に「節分」と呼ばれている日は、

厳密には春の「節分」ですね。

 



「節分」とは「季節の区切り」であり、

「暦の上で各季節が終る日」のことです。

 



つまり、

「暦の上で各季節が始まる日」である、

 

「立○」(○=春夏秋冬)の前日は全て「節分」

 

ということもできるのです。 



そして、

そのうち「立春」の前日である春の「節分」のことを、

一般には単に「節分」と呼んでいるわけです。

 


(「春」の1つ前の季節である「冬」が終る日のことを「春の節分」呼ぶので、

混乱しないようにしてくださいね。)

 

 

24sekki-thumbnail2

 

いずれにしても、

「節分」は、太陽の動きそのものを基準としていますので、

我々の生活や心構えの上においても「節」として、

けじめのタイミングとしているのですね。


また、古(いにしえ)より中国には、

「立春」を元旦とする暦があり、

九星気学や干支を「節分」で区切るのも、

この「立春」正月の考え方から出ているものです



何気なく言われている

 

「節分」や「立春」には長い歴史の中での行動統計学として、

天体の動きと我々の生活が密接にかかわっている

ことが御理解いただけたと思います。

 

【九星気学は帝王学】


 実は、

九星気学もこの太陽の動きを基準とした

 

季節の巡りと「運気」の循環とバランスを

体系的に法則化した統計学であり秘伝の運命学なのです。



 その昔、

中国では帝王等、

日本でも貴族や将軍等の支配層だけが知る帝王学だったのです。

 

 日本では徳川家康、松下幸之助翁が九星気学を活用していましたし、

アスリートではアメリカのメジャーリーグ、マリナーズと契約し

渡米の時期を九星気学で鑑定し、節分前に渡米したのは有名な話です。

 

 

E69DBEE4B88BE5B9B8E4B98BE58AA9E7BF81-thumbnail2

このように、

現在でも繁栄と存続を望む心ある経営者や政治家、成功しているリーダー達は、

密かに九星気学をバックボーンとして学び実践しているのです。

 

【動画視聴版:2019年新春特別招福開運セミナー】



 この「立春=新年」から、即行動し、

2019年を実り豊かな一年にできるように

天地自然の法則を体系化した学問「九星気学」による

「2019年新春特別招福開運セミナー」を開催しました。



 先月1月19日(土)と22日(火)弊社品川オフィスにて、

今年の「気エネルギー」を活用して幸せを引き寄せる「新春特別招福開運セミナー」でした。



今年は、「大変革」の年です

何があっても動揺せずに、しっかりと人生を歩むためには羅針盤が必要です。-



今年の運気を知り、あなたの「気エネルギー」の活用方法を確認してはいかがでしょうか。

先ほどお伝えしましたように、

九星気学で言う、「新年」は節分の翌日2月4日「立春」からスタートします。



この、開運セミナー動画をご視聴いただきますと

あなたの本命星に従い、正しい行動をして、

望む結果を得るための、2019年の動き方を知ることができます。

2月10日(日)まで早割動画視聴料金でお申込みいただけます。

「2019年度 新春特別招福開運セミナー」動画視聴のお申込みはこちら↓

 

 

 

カテゴリー:2019年,2月節行事,節分

2019年1月節の運勢と開運情報:九星気学の秘訣Vol.377

投稿日:2019年01月03日

おはようございます!天道象元です。

 

今日は、お正月三ヶ日の最終日ですが

お正月気分を満喫されておられることと思います。

 

 

昨日1月2日は父の数え年88歳の誕生日で

米寿のお祝いをしました。

 

ズワイガニや尾頭付きのタイの塩焼き、

おせち料理に懐かしい昔話で盛り上がり

 

父も喜んでくれたようです。

 

 

 

父母は88歳と高齢ですが、40年間

九星気学で生命エネルギーを補充することで

 

今も健在である事に改めて感謝しました。

 

 

2019年己亥八白土星年運 

 

「己亥(つちのと・い)八白土星(はっぱく・どせい)」

という年は私たちにどのような影響力を及ぼすのかを解説します。

 

 

2019年己亥八白土星年は

 

まるで糸のもつれを伸ばし

紀律を正すかの如く、

筋道を通そうとする

流れを感じる事でしょう。

 

 

時には、新たに大変革を目指し

何かを生み出そうとする

 

爆発力を秘めた

エネルギーがもたらされる

事もあります。

 

 

 

例えば

 

自らを律しながら甘えを排除して

奮い立たせて立ち上がり、

 

 

自らの意思で考える行動する力に

ものすごいエネルギーが宿る事を

感じるかもしれません。

 

 

あるいは、人生にとって

 

意味のある経験を深めるために

夜寝るのも忘れて、

 

趣味の世界に没頭したり、

トコトン遊びまくることに

夢中になる事もあることでしょう。

 

 

各々が生まれながらに持つ波動である、

木・火・土・金・水の相対関係によっても、

ベクトルそのものが異なりますが

 

 

このように2019年宇宙の波動を

現象として予測することが出来ます。

 

心を律しながら爆発的なエネルギーが宿る「己亥」年

 

共通するのは、

身体の中に大いなる

エネルギーが宿り、

爆発力を持って邁進し続けることです。

 

 

故に、総合的には

 

ひとつのことに集中して、

 

黙々と準備を整えることに

向いている年となる事でしょう!

 

2019年度年運のスタートは2月4日立春節

 

実際の

己亥(土のと・い)八白土星(はっぱく・どせい)は、

2019年2月4日立春節から2019年度の年運がスタートします。

 

 

 

ちなみに、

私が鑑定やコンサルティングで

やっていることは、

 

一見「占い」のように

感じるかもしれませんが

 

 

「吉日」とか「凶日」とかの、

他愛もないことを

偏解する目的でもありません。

 

 

先人たちが蓄積し続けて

下さった、

 

 

私たち地球上で生きる生物の、

生命あるいはエネルギーの循環を、

分類した統計学であり純粋哲学です。

 

 

また、

暦の学問の一分野でもあり、

 

 

歴史的、経験敵、実証的な

意義が深く

 

 

専門的な知識、技術と同時に、

深い叡智が含まれているのです。

 

 

私たち人間は、

周りから見ることができる

身体以上に、

 

 

実は 

 

 

内面の精神から沈滞と老衰を

引き起こす様になっています。

 

例えば

 

10代の頃は

夢や希望を抱き、

 

 

20代、30代の頃は

理想と野心を持ちますが、

 

 

40を過ぎてきて、

惰性に流され続けてしまうと

途端に精神が消極的になり

 

 

様々なことを、行動しないうちに

諦めるようになってしまいがちです。

 

 

一度落ち込んだ精神を、

再び盛り上げることは

至難の業でもあります。

 

 

しかし

 

心を律しながら、

爆発的なエネルギーが宿るという

 

「己亥(つちのと・い)」年は

 

 

これまでの生きてきた日々を

 

 

「なんと妥協に溢れた日々だったのか?」

 

 

 「自分ならもっとやれるはずだ!」

 

 

と振り返り、

 

今からでも

 

「少年の心を持った大人」として

再び夢や希望理想と野心を胸に

 

 

あの頃のようなキラキラとした目で、

再び立ち上がることができる年運です。

 

 

「己亥(つちのと・い)」という年は、

そんなキッカケを私たちにもたらす、

とても意味深い年なのです。

 

 

 

2019年1月節は三碧木星が中宮の月

西暦では1月1日から1年が始まります。

 

太陰太陽暦では、

2月4日立春から1年が始まります。

 

1月節は

 

大地の動きを表す十二支で云うと

丑月(うしづき)と言います。

 

2月節は寅月(とらづき)と言います。

 

 

1月節丑月と2月節寅月の字義

 

丑(うし)の字義には「紐(ひも)」

の意味があり、

 

1年の気を縛って止めて、

一旦終わらせる働きがあります。

 

寅の字義には「演」の意味があり、

 

1年の気の芽吹きを待って、

演(の)ばしていく働きがあります。

 

1月節は丑月で1年間の年運の波動が終わり

2月節寅月で新たな年運が始まるのです。

 

土用期間の意味

 

冬から春への土の中での働き、準備期間を

土用(どよう)と言います。

 

1月丑月の後半は土用期間となります。

 

 

土用期間は前年の気の波動と新年の気の波動が

混ざり合い、混合し大気エネルギーが乱れる時期です。

 

 

ですから、

 

土用期間の結婚や契約、建築着工等は先延ばしする

事をお勧めします。

 

 

 

今年の土用期間は、

‪1/17~2/4なので

 

 

2018年の運勢上のやり残しは、

‪1/17‪前迄に完了させておきましょう。

 

2019年1月節三碧木星を月盤から解説

 

2019年1月節の月盤は三碧木星(さんぺき・もくせい)

が中宮に回座します。

 

 

三碧木星は発展、成長、早朝を意味する星です。

 

ですから1月節は

早朝からのスタートが宇宙の波動と共鳴し

天を味方につける事が出来そうですね。

 

さて、

 

1月は東方位に回座する一白水星に

暗剣殺が帯同します。

 

この月盤から読める事は

 

隠していた秘密や隠し事が、

表面化する現象を予期する事ができます。

 

 

2018年度九紫火星年の最終月でもあるので

隠れていたウミを出し、デトックスする月

と考える事もできます。

 

2019年に向かって、出し切る事でスッキリして

新たな大変革へのチャレンジをしていきましょう。

 

 

逆に、今まで頑張ってきた方には

 

過去の努力が表面化し、表彰されたり

認められたりする事もある事でしょう。

 

 

少し専門的になりますが

 

1月節は天道という吉神が、

西方位に廻座する五黄土星

に帯同してきます。

 

五黄土星には「腐敗」や「トラブル」

等の意味があります。

 

 

そして、東方位には一白水星が回座し

暗剣殺を帯同します。

 

一白水星には「裏」の意味があるので

 

裏に隠れた問題を表面化させ

 

腐敗寸前の問題解決をするには、

最高の1月節とも考える事ができます。

 

1月節の運勢と吉方位一覧表

 

それでは、今月1月節の運勢と吉方位一覧表を

ご案内いたします。

 

以上

 

それでは、1月節の運勢と吉方位を活用し

有意義な月にしていきましょう。

 

いつもありがとうございます(^▽^)/

Goodluck!

 

迷いを決断に変え、人生の富を10倍にする

天道象元開運鑑定事務所 主宰 天道象元

 

カテゴリー:1月節の運勢と吉方位,2019年,今月の運勢

2019年お年玉で運気アップ!無料ウェブ開運セミナー:九星気学の秘訣Vol.376

投稿日:2019年01月02日

謹賀新年!

 

 2019年己亥八白土星年

 明けましておめでとうございます!

 

 麗らかな朝日を浴びて2019年を迎えました。

 

 天道象元です。
 

 今年2019年は

 変化を受け入れ「臨機応変」をテーマに

常に自分自身の天運を指針として本質を見抜き
 

 新たな変革に果敢に挑戦して参ります。
 

 今年も、

 どうぞ、よろしくお願いします。
 
 

【2019年を支配する年運のポイント】

 2019年の己亥(つちのとい)の年
 

 「己(つちのと)」:過去に積み重ねてきた集大成

 

 「亥(い)」:核(コア)、軸、中心、本質
 
 という意味があります。

 

 まず今年の天の動きを表す
十干である「己(つちのと)」の字義

 

 今まで経験してきたことや

 積み重ねてきたものの中から
 

 不要なものを捨てて、削ぎ落す事をヒントとして行動します。
 

 また大地の動きを表す十二支「亥(い)」の字義からは

 

 最終的に存在している

 核(コア)、軸、志、本質を

 集大成として凝縮する事を感じ取る事ができます。
 
  宇宙の波動が人に与える影響力は

八白土星(はっぱく・どせい)

 

変化、改善、大変革です。

 

 

 

つまり、

 

この最も本質的で重要な核心をベース(土台)にして

 改善や大革新をしてチャレンジしていく年である事を

今年、宇宙の波動として読み取る事ができるのです。

 

今までの自分自身を基盤にして

新たな考え方や、生き方を模索し変化改善する

チャンスの年にしていきましょうね。

 今年の運気をアップし活用する3つのポイント

 

 2019年度の運気を活用し、人生の富を10倍にするためにはまず、
 

 1)自分自身の天命を知る

 

 

 2)今の波動バイオリズムに合わせ波に乗る

 

 

 3)良質の生命エネルギーを獲得する
 

 という3つのポイントを常に意識しながら

 仕事に熱く向き合い

 人に誠実に向き合い
 

 改善、改良、改革していき
 

 魂に深く刻み込まれるぐらいの

 印象深い一年にしていく事が大切です。

【お年玉プレゼント:無料ウェブ開運セミナー】

 

 昨年、ご案内した

2019年新春特別招福開運セミナー

すぐに満員御礼になってしまい

追加開催で平日コース企画も残席2名様となりました。

 

■平日コース:

2019年を読む!盛運・繁栄を招く「新春特別招福開運ライブセミナー」 (残席2名様)

 今回は開運セミナーに参加したいけれど厳しいという遠方の方やお忙しい方でも受講して頂けますように

 

 

今回は、お年玉プレゼントとして

吉方位(良質の環境の波動)を知り
楽しく旅行をするだけで

生命エネルギーを獲得し運気をアップする
方法について動画でお伝えいたします。

 

宜しければこちらから視聴予約して、2019年
大変革の年を乗り切るヒントとしてご活用下さい。

~「愛とお金を引き寄せ、幸せになる旅行風水」 無料ウェブセミナー~

 

 それでは今年2019年

 あなたの魅力に触れる全ての人たちが
ますます輝いていき

 その良質の生命エネルギーの波動が
世界の果てまで広がり

明るく楽しく喜びの人生になる事を
心から祈念しています。

迷いを決断に変え、人生の富を10倍にする
天道象元開運鑑定事務所 主宰 天道象元
 

カテゴリー:2019年,お年玉プレゼント,無料ウェブ開運セミナー

©Tendo Shogen

c