2019年の記事一覧

ストレス激減!より良い人間関係をつくる九星気学活用法:開運鑑定の秘訣Vol.386

投稿日:2019年05月12日

今日は令和になって初めての「母の日」。

 

子供たちや家族でお母様や奥様に

感謝の心を伝える日ですね。

 

私は、毎年

母の日に感謝の念を新たにしています。

 

実は私が、現在の九星気学・開運鑑定の道に進むことができたのも

母のおかげなのです。

 

母が救済のキッカケ

 

 

それは約40年ほど前、

 

私がまだ大学生の頃でした。

 

 ある事故による苦難がきっかけで母が九星気学を学んでいてくれたのです。

 

当時は母も経営に参画していたので、仕事と母親業で忙しく、勉強する時間をつくるのはとても大変だったと思います。

 

それでも、学び続けることができたのは、

危機感と同時に全く九星気学について知らなかった母に宿っていた

女性特有の直観力のおかげだと感じています。

 

何よりも運がよかったのは

後に私の師匠ともなる気学の第一人者と出会い、

直接ご指導いただけたことです。

 

これが当家を救済するチャンスとなったのでした。

 

これは、ひとえに母の深い母性と無償の愛

によるものと感じています。

 

この貴重な体験があったからこそ、

今の自分があると感謝しています。

 

 

そして、

この原体験があればこそ

起業しているママや女性経営者の方々にも

人生や会社を繁栄させる為の帝王學・九星気学を

お伝えしているのです。

「ストレス激減!より良い人間関係をつくる九星気学活用法」開運セミナー開催レポート!

  • さて、昨日5/11(土)
  • 「ストレス激減!より良い人間関係をつくる九星気学活用法」
  • をテーマ開運セミナーを開催しました。
  • 受講者の方々は、皆さま意識が高く
    積極的に参加して下さいました。
  • 今回は、なぜ九星気学を学び実践する事で
    より良い人間関係をつくる事が出きるのか開運セミナーから
    ほんの一部分ですがシェアさせて頂きます。

     

開運セミナー勉強会 目次

  • 内容は
  • 1、自分のライフコード(本命星)を知る
  • 2、根幹の思想:陰陽五行説
  • 3、ライフコード別特性(受講者様限定)
  •  4、より良い人間関係をつくるコツ
  • についてお伝えしました。

     

 

  • 帝王學と帝王切開

 

「帝王学・九星気学」は4千年以上かけて継承され、

王家や伝統ある家系・家柄など、特別な地位の一族が

学んできた特殊な学問です。

 

私は人間学、経営学、環境学など、

深く多岐に渡る帝王學・九星気学を、

日本で約40年間学び続け実践し、

主に開運セミナー、養成講座、開運鑑定等で

 

多くの経営者や個人事業主を対象にお伝えしています。

 

特に帝王學と帝王切開についてのエピソードには

驚嘆されていました。

  • 生年月日からライフコード(本命星)導き出す

  •  まずは、生年月日からライフコード(本命星)
    を導き出すワークから始め、講座をスタートしました。

 

これだけを聞くと、ただの占いと思われるかもしれませんが

生年月日に秘められた深遠で力強い

個有のメッセージがある事をお伝えしました。

 

 

九星気学で得られる三大資

 

帝王學・九星気学を学び実践すると

3つの人生資産を画することができます。

 

人生の三大資産とは

 

1、仕事(経済)・・・お金の循環

 

2、人間関係・・・人の交流(善循環・良縁成就)

 

3、健 康・・・血液の善循環

 

です。

 

これは、私が今までの人生の中で自己投資して獲得した貴重なスキルであり

私のような失敗を繰り返すことがないように、ご縁のある方々に伝えることを

使命感を持って伝授しています。

 

初めての帝王學・九星気学 「開運サポーター養成基礎講座」勉強会開催

 

そこで、

初めての方を対象に九星気学の基礎を学ぶ勉強会を開催いたします。

 

また、基礎から初めて、認定講師になる道もご用意しています。

 

生年月日は手相や人相などとは違い、生涯変わることがありません。

製品でいうところのシリアルナンバーと同じです。

 

私たちがこの世に誕生した生年月日を基準にした、

与えられた命という意味で、ライフコード(本命星)といいます。

 

ライフコード(本命星)とは、

天から我々が誕生したときに与えられている

神秘的な使命のことです。

 

このライフコード(本命星)の特性を理解することで

人間関係が改善し、よりよい人間関係を創ることができ

ストレスが激減するのです。

 

 

あなたの使命を全うするために

 

帝王學の師匠は、

 

「このライフコード(本命星)を知る事で

人々を成功に導く人間としての使命を知り、

 

天職として天に逆らうことなく、

大いなるものに感謝して、

天から授かった天命を活かしきりなさい」

 

導いてくださいました。

 

 人には、各々異なった生命エネルギーの波動が与えられています。

 

この天分を活かすことが、人間としての幸せに繋がります。

 

人には大きく9つの気質のカテゴリーがあります。

 

 今回は基礎編として初めての方にもわかりやすく

帝王學・九星気学の基礎をわかりやすくお伝えする

勉強会を開催いたします。

 

ご興味ある方は、こちらからどうぞ!

 

ご要望にお応えして

超得早割受講料5月26日(日)までお申し込み可能とさせていただきます。

 

それでは、

セミナー会場でお会いできますことを

楽しみにしています。

 

いつもありがとうございます。

 

天道象元開運鑑定事務所

 主宰 天道象元

 

 

カテゴリー:2019年,未分類,母の日,開運サポーター養成講座

今月の運勢と吉方位 2019令和元年5月節:九星気学開運鑑定Vol.  385

投稿日:2019年05月01日

こんばんは!天道象元です。

いよいよ、今日から新元号「令和」になりました。

 

この歴史的な日を共に迎えることができ

心からお慶び申し上げます。

 

平成から新元号令和へ改元

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

早速ですが

この2019令和元年5月節の開運ブログで

今月の特別な意味をお伝えいたします。

 

 改めまして、本日から新元号令和時代の幕開けとなる

五月(さつき)に入りました。

 

昨日、平成天皇が退位され

本日5月1日(水・祝)11:10令和天皇が

「即位後朝見の儀(そくいご ちょうけんのぎ)」にて即位されました。

 

即位後朝見の儀(そくいご ちょうけんのぎ)

 

「即位後朝見の儀(そくいご ちょうけんのぎ)」とは、

即位した天皇が皇后とともに即位後

初めて国民を代表する人々と会う儀式です。

 

 

5月1日の午前11時10分、新たに新天皇となった徳仁さまが、

雅子皇后さまとともに皇居宮殿の「松の間」に入られました。

 

次に皇位継承順位1位の「皇嗣(こうし)」となった

秋篠宮さまと紀子さま等の皇族方が後に続かれました。

 

今日はこの歴史的瞬間をしっかりと見届けました。

 

厳粛かつ、秩序ある規律の中に新たな令和の御代の秩序と平和を

感じることが出来ました。

 

水をうったように静けさの中に、

厳かに礼式を進行する侍従達のコツコツという靴音が

改元による時の流れや、平成から令和への御代の変化を感じさせてくれました。

 

帝王學・九星気学開運サポーター養成基礎講座 勉強会開催!

 

さて、この度、新元号令和時代を祝して

 

初めての帝王學・九星気学開運サポーター養成基礎講座勉強会(説明会)

を開催いたします。  

 

 

この新たなこの企画の目的は

 

新たな御代を迎え、経営者や組織のリーダが

時代の波に乗り社会を正しく導く為に

帝王學・九星気学を理解し、正しく活用する事で

幸せになる為にお役に立つことです。

 

 

今回は新元号令和記念特別企画として

開運ブログ読者の方は

 

5月12日(日)締切ですが先着10名様まで

超得早割受講料金にて受講受付をご案内

させていただきます。

 

ご興味がある方はお早めに

下記よりお申込みくださいませ。

 

 ◆初めての帝王學・九星気学「開運サポーター養成基礎講座」勉強会(説明会) 

 

 

すぐに満員御礼になってしまうこともございますので

締切の際はご容赦の程お願いいたします。 

 

 2019令和元年5月節己巳八白土星月運

 

さて、新元号令和となりGW真っ最中ですが、

 5月6日(月・祝)には立夏(りっか)節を迎え、

さわやかな風が薫る清々しい季節を迎えます。

 

 九星気学では、

己巳(つちのと・み)

八白土星(はっぱく・どせい)月

になります。

 

 また、

今月は運気が変化するポイントとして

27日(火)から日盤が

陽遁(ようとん)から隠遁(いんとん)に

切り替わります。

 

 

お水取りの鑑定が変化しますので

正しく鑑定をご確認下さい。

 

今月5月節は最強運気獲得月

 

 また、今月5月節は

年盤、月盤、日盤、刻盤の全てが重なる

最強運気獲得月です。

 

 

大吉方位がある方は、今から日時を調整して

吉方位への旅行風水を活用して下さい。

 

 

令和元年5月節のポイント

 

 そして今月、特に日常で心掛けるポイントは

周囲とのバランスを大切にする事です。

 

 ご自分の達成したい目標に対して、

周囲に理解をしてもらえるように

コミュニケーションを大切にしていきましょう。

 

 

 自分の力を過信せず、専門家や理解者

そして仲間を大切にして環境を整える事が大切です。

 

【今月の全体的な運勢】

 

まずは5月節の運気をご案内致します。

 

己巳(つちのと・み)八白土星(はっぱく・どせい)月

 (5月6日(月・祝)04:03から6月6日(木)8:06まで)

 の波動が宇宙全般に影響力を増す月です。

 

 

全般的な今月の運気は

八白土星の運気(波動)である変化・改善の力

が作用する月になります。

 

今月発生する象意(意味)

 

八白土星の象意(意味)は、

 

・変化

 

・改革

 

・改善

 

・改造

 

・打開

 

・友人

 

・蓄積

 

・山

 

・節

 

・継ぎ目

 

・選挙

 

・入院

 

・母体

 

・家

 

・計画

 

・止まる

 

です。

 

今月のラッキーカラー

 

・緑(グリーン)

 

 

2019令和元年5月節の社会的動向予測

 

呼吸を意識して、瞑想を活用しよう!

 

5月節は八白土星の月運の波動を受けて

政治的も経済も大改革の月です。

 

先月と同様に、2019年は年間を通して

太陽の黒点数がほぼゼロに近い状態で推移している

為、5月節も引き続き経済的に大きな問題が発生する

可能性が高いのです。

 

 

 考え方が自分の国さえよければ、自分の会社さえ

儲かれば良いという輩が台頭してくるので、安定した

政治や経済の状況は望むべくもありません。

 

 一般的な方においても、せっかく人生に貢献する行動を

スタートしたのにもかかわらず、「すぐに結果が出ないから」

と言ってや止めてしまう風潮が横行するのでご注意ください。

 

 

  まずは、九星気学講座で教えている、

徳積みとカルマ(業・悪因縁)の法則をしっかりと学び、

徳分を増やし、カルマ(豪・悪因縁)を減らす生き方を

継続する事が大切なポイントです。

 

 そして、物事の本質を見抜く事が2つ目のポイントです。

 

 先月の九紫火星月に続いて陣月八白土星月も

他人からの情報や、自分自身の先入観に踊らされてしまい、

判断を誤る人が増える月だからです。

 

 これを避けていくために、

吉方位で良質の生命エネルギーを補充し続け、

瞑想で、穏やかな深い呼吸を心掛ける事で

物事の本質を見抜く力を養って行きましょう。

 

今月の吉凶方位解説

 

 その為に日常で運気をアップして、今月を乗り切るためには、

タイミングと吉方位を活用し行動することです。

 

 今月の運勢や吉方位を活用し、自分自身の魂のレベルを上げ、

自分自身と向き合い感謝と反省の心で精神性の向上を目指し

成長していきましょう。

 

【今月万人の大凶方位】

 

まずは今月万人の大凶方位をお伝え致します。

 

今月、万人の凶方位はご自宅からみて

東北と西南、東南、西北、の4方位です。

 

特に今月は、年月が重なるので

凶方位現象が強く現象化してきます。

 

凶方位のご縁はなるべく避けて、

今月の運気を活用していきましょう。

  

目には見えないけれども、大いなる力・宇宙の法則を

ご活用頂き発展成長して下さいませ。

 

それでは、今月の運勢と吉方位旅行風水情報をお伝え致します。

 

 運勢と吉方位を活用することで天を味方につけて明るく楽しく、

心豊かな人生を創り上げて行きましょう。

 

今月の概要

 

~☆~☆~☆~☆~

こちらの開運メールでは事前に吉事と凶事を知り、

対策を練って発展と危機管理ができますよう

ポイントをお知らせしています。~☆~☆~☆~☆~

※5月節:己巳(つちのと・み)八白土星(はっぱく・どせい)月の運気は

5月6日(月・祝)04:03から6月6日(木)8:06まで

 

九星別(一白水星~九紫火星):今月の運勢と吉方位一覧表

 

一白水星

 

 

運気は悪くないが、気力体力は低迷気味。

賭け事や暴飲暴食を避け自己をコントロールすること。

恋愛運良し。

 

◎北大吉方位:精神安定運

 

二黒土星

自省して目標を定め、整理すべきを整理すれば

好転の兆し。トラブルには冷静な対応を。

病院は吉方位を活用。

 

◎東大吉方位:発展運

 

三碧木星

 

良くも悪くも過去の行動の結果が。

低姿勢で人との衝突回避を。転業、独立不可。

税務や病気再発に注意。

 

◎西大吉方位:金運獲得運

 

四緑木星

 

成果のない衰運お月。

勉学に集中し、人生設計を練り、

未来の夢を描くのに最適な時。

下半身疾患に注意。

 

◎西大吉方位:金運獲得運

 

五黄土星

 

基礎固めの月。地道な努力で道は開ける。

人の役に立とうという心がけを。

詐欺、消化器系疾患注意。

 

◎東大吉方位:発展運

 

六白金星

 

状況一変。心晴れやかに行動できる。

多忙になるが健康への感謝を。

新規事は避け、現状維持で発電を。

 

▲吉方位なし

 

七赤金星

 

好調が続く。

有頂天にならず周囲と連携を保ち、

何事も慎重に。良縁到来。

過労と睡眠不足に注意。

 

◎西大吉方位:金運獲得運

 

八白土星

 

努力が報われる時だが、無理は禁物。

盲信せず謙虚な姿勢で現状維持が得策。

増改築、寝床変更厳禁。

 

◎東大吉方位:発展運

 

 

九紫火星

 

運気旺盛だが後半は下降。

調子に乗ると破綻を招く。

状況を見極めて着実に行動を。

呼吸器系に注意。

 

◎北大吉方位:精神安定運

 

以上

それでは、今月の最強運気獲得のチャンスを獲得して

令和元年を順調に乗り越えていきましょう。

 

いつもありがとうございます。

 

天道象元開運鑑定事務所

 主宰 天道象元

 

カテゴリー:2019年,5月の運勢と吉方位,5月節,令和元年,最強運気獲得月

保存版!2019令和元年5月節に最強運気を獲得する旅行風水のコツ:Vol.384

投稿日:2019年04月26日

令和元年5月節は最大最強運気獲得しよう!

 

平成もカウントダウンが始まり、

令和へバトンタッチする気運が高まってきました。

 

今年は八白土星年なので、変化に柔軟に対応し、

改善する事で実りある未来を創造することができる年運です。

 

実は
令和元年に切り替わる5月節が

2019年の年盤、月盤、日盤、刻盤まで全て重なる
最強運気獲得月なのです。

 

タイミングと吉方位を正しく合わせることで

最大、最強運気を獲得できますが

正しく鑑定せずに行動してしまうと、

凶現象も大きく現れてしまいます。

 

 

そこで、今回は

正しい吉方位旅行風水とお水取りの作法をお伝えいたします。

 

保存版としてご活用くださいませ。

 

 

吉方位旅行風水の作法 

※心構え:吉方位旅行風水を楽しみましょう!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

①年月日と方位を正確に鑑定

②宿泊する場合は宿を予約する

③地産の農作物、海産物等を美味しく戴く。

④ゆっくりと温泉に入る。(かけ流し温泉がベスト)

⑤22:00までには床につき就寝する

⑥目的や目標がすでに叶った状態をイメージし楽しむ。

⑦ご縁のある人に喜んでもらう行動をする。(お土産等)

 

この作法を実践する事で吉方位効果を享受することが出来ます。

次にお水取りの作法をお伝えいたします。

 

お水取りとは、
大吉方位の範囲内で湧水や地下水を頂き飲用することで
天地人の波動を体内に取り込み、健康運を含めて開運効果
をアップする秘伝の方法です。

 

大吉方位という

年盤、月盤、日盤、刻盤の全てを吉方位に合わせる事が

出来る場合限定でお水取りが可能

となりますのでご確認ください。

お水取りの作法

① 吉方位と時間を正しく確認する

 

 

 

 

 

 

② 容器の周りを黒いビニール等で遮光

 

 

 

 

 

③  湧き水や地下水で飲用に適した水を戴く事
(ご神水、酒蔵、豆腐屋等)※採取量は2リットルを2本程度

 

④神社はご奉納、一般の所は菓子等のお礼を用意してお渡しする。

 

⑤お水取り時間にその場でしっかり湧き水を飲む。
1本目は旅行中の飲用。2本目は帰宅後9日間で等分に飲用する。

 

⑥毎日起床したら朝一番に飲用する。

 

以上

 

いかがでしたか。

 

知る人ぞ知る秘伝の開運法ですが、
九星気学にご縁のある方はすでに実践しているかと思います。

 

しかし、
間違った作法で行動すると、

逆に凶作用が現象化してしまい
縁遠くなったり、事故やトラブルが

重なる現象として教えてくれます。

 

 

とても大切なことなので
動画で解説しましたのでよろしければこちらから視聴予約して
お時間があるときに確認してくださいね。

 

たった2つで開運できる 旅行風水の始め方

 

それでは
希望を持って令和元年5月節をお迎えください。

いつもありがとうございます。

天道象元開運鑑定事務所
  主宰 天道象元

カテゴリー:2019年,2019年5月最強運気獲得法,お水取りの作法,令和元年,吉方位旅行風水,吉方位旅行風水の作法,開運鑑定

新元号は令和に決定!今月の運勢と吉方位:九星気学開運鑑定の秘訣Vol.383

投稿日:2019年04月01日

Vol.383新元号 令和 発表

 

 

今日から4月が始まり卯月(うづき)に入りました。

 

新元号が「令和」と発表され、

歴史的な節目のタイミングで開運ブログを更新できる

慶びを感じています。

 

続いて正午頃から安倍首相が記者会見で

その意義を説明する予定です。

 

新元号施行は5月1日からですが

事前発表の今日は歴史的にも節目の1ページ。

 

平成最後の月を感慨深くスタートしました。

早速ですが
今月の運勢と吉方位を九星気学開運鑑定して

お伝えいたします。

 

今月の運気概要

さて、

今月 4月5日(金)には清明(せいめい)節を迎え、

春の陽気が満ちて桜の花も満開を経て

暖かくなる季節を迎えました。

 

九星気学では、

戊辰(つちのえ・たつ)

九紫火星(きゅうし・かせい)月

になります。

 

17日(水)16:14から土用入りとなるので、

新規に始める事や大切な契約は16日までに

完了しておきましょう。

 

 この時期に日常で心掛けることは

心と体のメンテナンスです。

 

健康診断や人間ドック、吉方位旅行や温泉、

マッサージ等で心と体を癒し

上質の生命エネルギーを補充してくださいね。

 

 天体星の動きを合わせて見ると

4月11日(木)から木星が逆行するので、

焦らずに、一歩ずつ進んでいきましょう。

 

それではこれから、

 

前半で今月4月節の運気をを解説し、

後半で本命星毎に合わせた運勢と吉方位を

解説いたしますのでご活用ください。

 

【今月の全体的な運勢】

 

まずは4月節の運気をご案内致します。

 

(4月5日(金)010:51から5月6日(月)4:03まで)

 

戊辰(つちのえ・たつ)九紫火星(きゅうし・かせい)月

 の波動が宇宙全般に影響力を増す月です。

 

全般的な今月の運気は

九紫火星の運気(波動)が作用する月になります。

 

九紫火星の象意(意味)

 

九紫火星の象意(意味)は、

 

・名誉

 

・知恵

 

・聡明

 

・視察

 

・最高

 

・官庁

 

・神

 

・火

 

・心臓

 

・眼

 

・喉

 

・歯

 

・薬

 

・医者

 

・鏡

 

・離の作用

 

です。

 

 

【今月万人の大凶方位】

 

まずは今月万人の大凶方位をお伝え致します。

 

今月、万人の凶方位はご自宅からみて

東北と西南、東南、西北、南、北、の6方位です。

 

凶方位のご縁はなるべく避けて、

今月の運気を活用していってください。

 

 

目には見えないけれども、大いなる力・宇宙の法則を

ご活用頂き発展成長して下さいませ。

 

それでは、今月の運勢と吉方位旅行風水情報をお伝え致します。

 

 運勢と吉方位を活用することで天を味方につけて明るく楽しく、

心豊かな人生を創り上げて行きましょう。

 

今月の運勢と吉方位一覧図

一白水星

運気は低迷。

自信過剰気味だが何事もやり過ぎないよう

自我のコントロールを。

新規事は先送りが吉。

▲吉方位なし

 

二黒土星

運気は停滞気味。

 

不平不満は口にせず休養

と気分転換でストレス解消。

 

悲観的にならず謙虚な態度で。

▲吉方位なし

 

三碧木星

 

行き詰まりの状況で心が不安定に。

 

冷静さを保ち相手を思う余裕が

問題解決のコツ。

 

腰痛や怪我に注意。

▲吉方位なし

 

四緑木星

 

運気錯綜し焦り気味。

 

軽薄な言動や口論を慎み、

欲望を抑える謙虚さがあれば

乗り切れる。

 

血圧注意。

▲吉方位なし

 

五黄土星

 

衰極運気の月。

 

新規事は先送りに。

 

異性問題、相続問題は会話で

意思の疎通を。

 

冷えや睡眠不足に注意。

◎東大吉方位:金運獲得運

 

六白金星

 

思うようにならず、人との和合も

期待できないとき。

 

常に調和を意識し感謝を行動に。

 

機械類は調整を。

▲吉方位なし

 

七赤金星

 

運気盛津のんな好運月。

 

積極的な活動で成果が出る

 

実力発揮の好機に乗じ邁進せよ。

 

飲酒、肝臓に注意。

▲吉方位なし

 

八白土星

 

慶事の多い月。

 

無欲の行動と堅実な努力で物事は順調に。

 

商談成立も多いが好調時こそ協調を大切に。

◎東大吉方位:金運獲得運

九紫火星

 

やる気が空回りしがち。

 

現状維持で。

 

不満も冷静に見直せば

感謝に変わる。

 

車購入は凶。

 

過飲食注意。

◯西平吉方位:健康運

 

以上

 

新たな元号「令和」発表報告と

今月の運勢と吉方位

九星気学開運鑑定として

ご案内いたします。

 

いつもありがとうございます。

 

天道象元開運鑑定事務所

 事務局 天道象元

カテゴリー:2019年

イチロー引退会見(85分間)一問一答ノーカット:九星気学開運鑑定の秘訣Vol.382

投稿日:2019年03月23日

 

 

YouTube:イチロー引退会見伝説の一問一答

※動画は下記画像をクリックして視聴して下さい。

※共同通信社YouTube動画より引用

 

一昨日3月21日(木・祝)満月の春分の日夜半の事、

 

スマホにイチロー引退の速報が画面を走り

思わずライブ動画中継にくぎ付けになりました。

 

気が付けば次の日になり睡魔が襲ってきた。

 

夜中85分間と長時間の引退会見で

マリナーズのイチロー選手が一問一答で

引退会見で野球人生を思い返し想いのたけを伝えました。

 

イチロー選手自身の信念を元に貫いてきた「野球愛」、

 

奥様の弓子夫人と愛犬・一弓への思い、

 

チームメートだった新人の菊池雄星選手や

大谷翔平投手(エンゼルス)への期待、

 

そして、米国で向き合ってきた「孤独感」との戦い等

引退会見だからこそ語ることが出来る全てをを語り尽くしました。

 

 伝説の一問一答完全

ノーカット・テキスト(文字起こし)版は以下の通りです。

 

休日等お時間のある時にお読みください。

 

イチロー引退会見より・引用始め

冒頭挨拶

 

「こんなにいるの? 

 

びっくりするわぁ。

 

そうですか。

 

いやぁ、この遅い時間にお集まりいただいて、

ありがとうございます。

 

 

今日のゲームを最後に日本で9年、

米国で19年目に突入したところだったんですけど、

現役生活に終止符を打ち、引退することとなりました。

 

最後にこのユニホームを着て、

この日を迎えられたことを大変幸せに感じています。

 

この28年を振り返るにはあまりにも長い時間だったので、

ここで1つ1つ振り返るのことは難しいということもあって、

ここでは、これまで応援していただいた方々への感謝の思い、

 

そして、球団関係者、チームメートに感謝申し上げて、

皆様からの質問があればできる限りお答えしたいと思っています」

 

 

Q:現役生活に終止符を打つことを決めたタイミング、その理由は?

 

 

「タイミングはですね、キャンプ終盤ですね。

 

日本に戻ってくる何日前ですかねぇ。

 

何日前とはっきりとお伝えできないんですけど、

終盤に入ったときです。

 

もともと日本でプレーする、

今回東京ドームでプレーするところまでが

契約上の予定でもあったこということも

あったんですけども、

 

キャンプ終盤でも結果が出せずに

それを覆すことができなかった、ということですね」

 

Q:決断に後悔や思い残したようなことは?

 

「今日のあの、球場での出来事、

あんなもの見せられたら後悔など

あろうはずがありません。

 

もちろん、もっとできたことはあると思いますけど、

結果を残すために自分なりに重ねてきたこと……

 

人よりも頑張ったということはとても言えないですけど、

そんなことは全くないですけど、

 

自分なりに頑張ってきたということは、

はっきり言えるので。

 

これを重ねてきて、

重ねることでしか後悔を生まないということは

できないのではないかなと思います」

 

 

Q:子供たちに是非メッセージを。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「シンプルだなぁ。メッセージかぁ。

 

苦手なのだな、僕が。

 

まぁ、野球だけでなくてもいいんですよね、始めるものは。

 

自分が熱中できるもの、

夢中になれるものを見つけられれば、

それに向かってエネルギーを注げるので。

 

そういうものを早く見つけてほしいなと思います。

 

それが見つかれば、

自分の前に立ちはだかる壁に向かっていける。

 

向かうことができると思うんですね。

 

それが見つけられないと壁が出てくると

諦めてしまうということがあると思うので。

 

色んなことにトライして、

自分に向くか向かないかというより

自分が好きなものを見つけてほしいなと思います」

 

Q:今思い返して最も印象に残っているシーンは?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「今日を除いてですよね? 

 

この後、時間が経ったら、

今日のことが真っ先に浮かぶことは

間違いないと思います。

 

ただそれを除くとすれば、

いろいろな記録に立ち向かってきた……

 

ですけど、

そういうものはたいしたことではないというか、

 

自分にとって、

それを目指してやってきたんですけど、

 

いずれそれは僕ら後輩が先輩たちの記録を

抜いていくというのはしなくてはいけないことでも

あると思うんですけども、

 

そのことに

それほど大きな意味はないというか。

 

今日の瞬間を体験すると、

すごく小さく見えてしまうんですよね。

 

 その点で、例えば分かりやすい、

 

10年200本続けてきたこととか、

 

MVPをオールスターで獲ったとかは

 

本当に小さなことに過ぎないというふうに思います。

 

今日のこの、あの舞台に立てたことというのは、

 

去年の5月以降、ゲームに出られない状況になって、

その後もチームと一緒に練習を続けてきたわけですけど、

 

それを最後まで成し遂げられなければ

今日のこの日はなかったと思うんですよね。

 

今まで残してきた記録はいずれ誰かが

抜いていくと思うんですけど、

 

去年5月からシーズン最後の日まで、

あの日々はひょっとしたら誰にもできないこと

かもしれないというような、

ささやかな誇りを生んだ日々だったんですね。

 

そのことが……

去年の話だから近いということもあるんですけど、

 

どの記録よりも自分の中では、

ほんの少しだけ誇りを持てたことかなと思います」

 

Q:ずっと応援してくれたファンの存在は?

 

「ゲーム後にあんなことが起こるとは

とても想像してなかったですけど、

 

実際にそれが起きて、

19年目のシーズンをアメリカで迎えていたんですけども、

なかなか日本のファンの方の熱量というのは

普段感じることが難しいんですね。

 

でも久しぶりにこうやって東京ドームに来て、

ゲームは基本的には静かに進んでいくんですけど、

 

なんとなく印象として日本の方というのは

 

表現することが苦手というか、

 

そんな印象があったんですけど、

 

それが完全に覆りましたね。

 

内側に持っている熱い思いが

確実にそこにあるというのと、

 

それを表現したときの迫力というものは

とても今まで想像できなかったことです。

 

ですから、

これは最も特別な瞬間になりますけど。

 

ある時までは自分のためにプレーすることが

チームのためにもなるし、

 

見てくれている人も喜んでくれるかなと

思っていたんですけど、

 

ニューヨークに行った後くらいからですかね、

 

人に喜んでもらえることが

一番の喜びに変わってきたんですね。

 

その点でファンの存在なくしては

自分のエネルギーは全く生まれない

と言ってもいいと思います」

 

「え、おかしなこと言ってます、僕・・・。大丈夫です?」(会場笑い)

 

Q:イチロー選手が貫いたもの、貫けたものは?

 

 

「……。野球のことを愛したことだと思います。

 

これが変わることはなかったですね。

 

おかしなこと言ってます?僕。大丈夫?」

 

 

「明日もトレーニングはしてますよ」

 

Q:グリフィーが、肩のものを下ろしたときに違う野球が見えて、

また楽しくなってくると話していた。そういう瞬間は?

 

「プロ野球生活の中ですか? 

 

ないですね。

これはないです。

 

ただ、子どもの頃からプロ野球選手になることが夢で、

それが叶って、最初の2年、18、19の頃は1軍に行ったり来たり……。

 

行ったり来たりっておかしい? 

 

行ったり行かなかったり? 

 

え? 行ったり来たりっていつもいるみたいな感じだね。

 

あれ、どうやって言ったらいいんだ? 

 

1軍に行ったり、2軍に行ったり? 

 

そうか、それが正しいか。

 

そういう状態でやっている野球は

結構楽しかったんですよ。

 

で、94年、3年目ですね。

 

仰木監督と出会って、レギュラーで初めて

使っていただいたわけですけども、

 

この年まででしたね、楽しかったのは。

 

あとは、その頃から急に番付を上げられちゃって、

一気に。

 

それはしんどかったです。

 

 やっぱり力以上の評価をされるのというのは、

とても苦しいですよね。

 

だから、

そこから純粋に楽しいなんていうのは、

もちろんやりがいがあって、

 

達成感を味わうこと、

満足感を味わうことはたくさんありました。

 

ただ、楽しいかっていうと、

それはまた違うんですよね。

 

ただ、そういう時間を過ごしてきて、

将来はまた楽しい野球をやりたいなと、

 

これは皮肉なもので、

プロ野球選手になりたいという夢が叶った後は、

そうじゃない野球をまた夢見ている自分が

ある時から存在したんですね。

 

でも、これは中途半端にプロ野球生活を

過ごした人間には、おそらく待っていないもの。

 

たとえば草野球ですよね。

 

草野球に対して、

やっぱりプロ野球でそれなりに

苦しんだ人間でないと、

 

草野球を楽しむことはできないのではないかと

思っているので、これからはそんな野球を

やってみたいなという思いですね。

 

おかしなことを言っています、僕? 大丈夫?」

 

Q:開幕シリーズを「大きなギフト」と言っていたが、

私たちが大きなギフトをもらったような気でいる……

 

「そんなアナウンサーっぽいことは言わないでくださいよ」

 

Q:これからどんなギフトを私たちにくれるのか?

 

「ないですよ、そんなの、無茶言わないでくださいよ。

 

でもこれ本当に大きなギフトで。

 

去年、3月頭にマリナーズからオファーをいただいてからの、

今日までの流れがあるんですけども、

 

あそこで終わってても全然おかしくないですから。

 

去年の春で終わっていても。

 

まったくおかしくない状況でしたから。

 

今この状況は信じられないですよ。

 

あのとき考えていたのは、

 

自分がオフの間、アメリカでプレーするために

準備をする場所が、

 

まぁ神戸では球場なんですけども、

そこで寒い時期に練習するのでへこむんですよね。

 

心が折れるんですよ。

 

でも、そんなときも仲間に支えられて

やってきたんですけど、最後は今まで

自分なりに訓練を重ねてきた神戸の球場で、

ひっそりと終わるのかなと

あの当時は想像していたので。

 

夢みたいですよ、こんなの。

これも大きなギフトですよ、僕にとっては。

 

質問に答えていなですけど、

僕からのギフトなんかないです」

 

Q:涙がなく、むしろ笑顔が多いように見えるのは、

この開幕シリーズが楽しかったということか?

 

「これも純粋に楽しいということではないんですよね。

 

やっぱり、誰かの思いを背負うということは

それなりに重いことなので、

 

そうやって1打席1打席立つことは簡単ではないんですね。

 

だから、すごく疲れました。

 

やはり1本ヒットを打ちたかったし。

応えたいって当然ですよね、それは。

 

僕に感情がないって思っている人は

いるみたいですけど、あるんですよ。

 

意外とあるんですよ。

 

だから、

結果残して最後を迎えたら一番いいなと

思っていたんですけど、それは叶わずで。

 

それでもあんな風に(ファンが)球場に残ってくれて。

 

まぁ、そうしないですけど、

死んでもいいという気持ちはこういうことなんだろうなと。

 

死なないですけど。

 

そういう表現をするときって

こういうときだろうなって思います」

 

Q:常々、最低50歳まで現役ということをいってきたが、

日本に戻ってもう1度プロ野球でプレーするという選択肢はなかったのか?

 

「なかったですね」

 

Q:どうしてか?

 

「それはここで言えないなぁ。

 

ただねぇ50まで、いや最低50までって本当に思ってたし。

 

でもそれは叶わずで。

 

有言不実行の男になってしまったわけですけど、

でも、その表現をしてこなかったら、

ここまでできなかったかなという思いもあります。

 

だから、言葉にすること。

 

難しいかもしれないけど、

言葉にして表現することというのは、

目標に近づく一つの方法ではないかなと思っています」

 

Q:これまで膨大な時間を野球に費やしてきたが、

これからその時間とどう付き合っていくか?

 

「ちょっと今はわからないですねぇ。

 

でも多分、明日もトレーニングはしてますよ。

 

それは変わらないですよ、僕じっとしていられないから。

 

それは動き回ってるでしょうね。

 

だから、ゆっくりしたいとか全然ないんですよ。

 

全然ないです。だから動き回ってます」

 

Q:イチロー選手の生きざまで、

ファンの方に伝えられたことや、伝わっていたらうれしいなと思うことはあるか?

 

 

「生きざまというのは僕にはよくわからないですけど、

生き方というふうに考えるならば……

 

先ほどもお話しましたけども、

人より頑張ることなんてとてもできないんですよね。

 

あくまでも、はかりは自分の中にある。

 

それで自分なりにはかりを使いながら、

自分の限界を見ながら、ちょっと越えていく

ということを繰り返していく。

 

そうすると、

いつの日からかこんな自分になっているんだ、

という状態になって。

 

だから少しずつの積み重ねが、

それでしか自分を越えていけないと思うんですよね。

 

一気に高みに行こうとすると、

今の自分の状態とギャップがありすぎて、

 

それは続けられないと僕は考えているので、

地道に進むしかない。

 

進むだけではないですね。

 

後退もしながら、

ある時は後退しかしない時期もあると思うので。

 

でも、

自分がやると決めたことを信じてやっていく。

 

でもそれは正解とは限らないですよね。

 

間違ったことを続けてしまっていることもあるんですけど、

 

でもそうやって遠回りすることでしか、

本当の自分に出会えないというか、

そんな気がしているので。

 

自分なりに重ねてきたことを、

今日のゲーム後のファンの方の気持ちですよね、

 

それを見たときに、ひょっとしたらそんなところを

見ていただいていたのかなと。

 

それは嬉しかったです。

 

そうだとしたらすごく嬉しいし、

 

そうじゃなくても嬉しいです、あれは」

 

Q:シンプルな質問ですけど。

現役選手を終えたら、監督になったり指導者になったり、

あるいは全く違うタレントになったりすることはあるけど……、

 

「あまりシンプルではないですね」

 

Q:イチロー選手は何になるのか?

 

「何になるんだろうねぇ。

 

そもそも、カタカナのイチローってどうなんですかね? 

いや、元カタカナの一朗みたいになるんですかね。

 

あれ、どうなんだろう? 

 

どうなんだろうね、あれ。

 

元イチローって変だね。

 

イチローだし僕って思うもんねぇ。

 

音はイチローだから。

 

書くときにどうなるんだろうねぇ。

 

どうしよっか。何になるか……。

 

監督は絶対に無理ですよ。

 

これは絶対が付きますよ。

 

人望がない。

 

本当に。

 

人望がないですよ、僕。うん」

 

Q:そうでもないと思うが。

 

「いやぁ、無理ですね。

 

それくらいの判断能力は備えているので。

 

ただ、どうでしょうねぇ。

 

プロの選手とかプロの世界というよりも、

アマチュアとプロの壁がどうしても

日本の場合は特殊な形で存在しているので、

 

今日をもって、どうなんですかね、そういうルールって。

 

どうなんだろうか。

 

今まではややこしいじゃないですか。

 

例えば、極端に言えば、自分に子どもがいたとして、

高校生であるとすると、

教えられなかったりというルールですよね。

 

確か。違います? 

 

そうだよね。

 

だから、そういうのって変な感じじゃないですか。

 

だから、

今日をもって元イチローになるので、

それが小さな子どもなのか、

中学生なのか、高校生なのか、大学生なのか

 

分からないですけど、そこには興味がありますね」

 

「本当に妻と一弓には感謝の思いしかないですね」

 

Q:以前にも引退の2文字が浮かんで悩んだ時期はあったのか?

 

「引退というよりは、クビになるんじゃないか、

はいつもありましたね。

 

ニューヨークに行ってからはもう毎日そんな感じです。

 

マイアミもそうでしたけど。

 

ニューヨークというのは

みなさんご存知かどうか知らないですけど、

特殊な場所です、

 

マイアミもまた違った意味で特殊な場所です。

 

だから毎日そんなメンタリティーで過ごしていたんですね。

 

クビになるときは

まさにその時(引退)だろうと思っていたので、

そんなのしょっちゅうありました」

 

Q:その中で今回、引退を決意した理由は?

 

「マリナーズ以外に行く気持ちはなかったというのは

大きいですよね。

 

去年シアトルに戻していただいて、

本当にうれしかったし……

 

先ほど、

キャンプ前のオファーがある前の話をしましたけど、

そのあと5月にゲームに出られなくなる。

 

あの時もその(引退の)タイミングでも

おかしくないですよね。

 

でも、この春に向けて、

まだ可能性があると伝えられていたので、

そこに自分なりに頑張ってこられた

 

ということだと思うんですけど……

 

質問なんでしたっけ?」

 

Q:今回引退を決めた理由は?

 

「そうか。もう答えちゃったね」

 

Q:8回にベンチに戻る際に菊池選手が号泣していた。

 

「いや、号泣中の号泣でしょ、あいつ。

 

びっくりしましたよ。

 

それ見て、こっちはちょっと笑けましたけどね」

 

Q:抱擁の時にどんな会話を交わしたのか?

 

「それはプライベートなんで。

 

雄星がそれをお伝えするのは構わないですけど、

それは僕がお伝えすることではないですね」

 

Q:秘密ということで。

 

「それはそうでしょう。

 

だって2人の会話だから。

 

しかも、僕から声をかけているので、

それをここで僕が

 

『こんなこと僕が言いました』って、バカですよね。

 

絶対に信頼されないもんね、

そんな人間は。それはダメです」

 

Q:アメリカのファンにメッセージを。

 

「アメリカのファンの方々は最初は

まぁ厳しかったですよ。

 

最初の2001年のキャンプなんかは

『日本に帰れ』としょっちゅう言われましたよ。

 

だけど、結果を残した後のその敬意というのは……

 

これを評価するのかどうかわからないですよ。

 

手のひらを返すという言い方もできてしまうので。

 

ただその、言葉ではなくて

行動で示したときの敬意の示し方というのは

その迫力があるなという印象ですよね。

 

ですから、なかなか入れてもらえないんですけど、

入れてもらった後、認めてもらった後はすごく近くなるという印象で、

ガッチリ関係ができあがる。

 

まぁ、

シアトルのファンとはそれができたような、

僕の勝手な印象ですけど。

 

 ニューヨークというのは厳しいところでしたね。

 

でも、やればそれこそどこよりも、

どのエリアの人よりも熱い思いがある。

 

マイアミはラテンの文化が強い印象で、

圧はそれほどないんですけれど、

 

でも結果を残さなかったら絶対に人が来てくれないという、

そんな場所でした。

 

それぞれに特色があって、まぁ面白かったし、

それぞれの場所で関係が築けたような。

 

特徴がそれぞれありましたけど、

アメリカは広いなぁと。

 

ファンの人たちの特徴を見るだけで、

アメリカはすごく広いなという印象ですけど。

 

でもやっぱり、

最後にシアトルのユニホームを着て、

もうセーフコ・フィールドではなくってしまいましたけど……

 

姿をお見せできなくて、

それは申し訳ない思いがあります」

 

Q:キャンプなどでユニークなTシャツを着ていたが、

何か心情を表していたのか?全く関係なくただ好きで着ているのか?

 

「そこは……もう言うと急に野暮ったくなるから、

言わない方がいいんだよね。

 

それはだから見る側の解釈だから。

 

そう捉えれば、そう捉えることもできるし、

全然関係ない可能性もあるし。

 

それでいいんじゃないですか?」

 

Q:好きに楽しんでいただきたいと?

 

「だってそういうものでしょ。

 

いちいちそれ説明すると本当に野暮ったいもんね」

 

Q:言わないほうが粋だと?

 

「まぁ粋って自分で言えないけどね。

 

言うと無粋であることは間違いないでしょうね」

 

Q:イチローさんを支えてきた弓子夫人への思いは?

 

「いやぁ、頑張ってくれましたね。

 

一番頑張ってくれたと思います。

 

僕はアメリカで結局3089本のヒットを

打ったわけですけど、

 

妻はですね、およそ……

 

僕はゲームの前にホームの時はおにぎりを食べるんですね。

 

妻が握ってくれたおにぎりを球場に

持っていって食べるのですけど、

 

その数がですねぇ、2800個くらいだったんですよ。

 

だから3000いきたかったみたいですね。

 

そこは3000個握らせてあげたかったなと思います。

 

妻もそうですけど、

まぁとにかく頑張ってくれました。

 

僕はゆっくりする気はないですけど、

妻にはゆっくりしてもらいたいと思ってます。

 

 それと一弓(いっきゅう)ですね。

 

一弓というのはご存じない方もいるかもしれないですけど、

我が家の愛犬ですね。

 

柴犬なんですけど。

 

現在17歳と7か月。

 

今年で18歳になろうかという芝犬なんですけど。

 

さすがにおじいちゃんになってきて、

毎日フラフラなんですが、懸命に生きているんですよね。

 

その姿を見ていたら、

それはオレ頑張らなきゃなって。

 

これはジョークとかではなくて、

本当に思いました。

 

あの懸命に生きる姿。

 

(一弓は)2001年に生まれて、

2002年にシアトルの我が家に来たんですけど、

 

まさか最後まで一緒に、僕が現役を終えるときまで

一緒に過ごせるとは思っていなかったので、

これは大変感慨深いですね。

 

一弓の姿というのは。

 

本当に妻と一弓には感謝の思いしかないですね」

 

菊池は「大物」、大谷は「世界一の選手にならなきゃいけない」

 

Q:打席内での感覚の変化は今年はあったのか?

 

「いる? 

 

それここで。いる? 

 

裏で話そう、後で。裏で」

 

Q:これまで数多くの決断と戦ってきたが、

今までで一番考えぬいて決断したものは?

 

「これ順番つけられないですね。

 

それぞれが一番だと思います。

 

ただ、アメリカでプレーするために当時、

今とは違う形のポスティングシステムだったんですけど、

自分の思いだけでは当然それは叶わないので、

当然球団からの了承がないと行けないんですね。

 

その時に、誰をこちら側……

 

こちら側っていう敵味方みたいでおかしいんですけど、

球団にいる誰かを口説かないといけないというか、

説得しないといけないというか。

 

そのときに一番に浮かんだのが仰木監督ですね。

 

その何年か前からアメリカでプレーしたいという

思いを伝えていたこともあったんですけど、

仰木監督だったらおいしいご飯でお酒を飲ませたら……

 

飲ませたらってこれはあえて言っていますけど、

これはうまくいくんじゃないかと思ったら、

まんまとうまくいって。

 

これがなかったら、何も始まらなかったので。

 

口説く相手に仰木監督を選んだのは

大きかったなと思いますね。

 

また、

『ダメだ。ダメだ』とおっしゃっていたものが

お酒でこんなに変わってくれるんだと思って、

お酒の力をまざまざと見ましたし。

 

でもやっぱり、

しゃれた人だったなと思いますね。

 

だから仰木監督から学んだもの、

 

計り知れないと思います」

 

Q:昨日の試合は第1回WBCで日本が優勝した日と同じだったが、
それは運命的なものがあったりするのか?

 

「まぁ聞かされればそう思うこともできるという程度ですかね。

 

僕はそのことは知らなかったですけど」

 

Q:最も我慢したものは何だった?

 

「難しい質問だなあ……。

 

僕、我慢できない人なんですよ。

 

我慢が苦手で楽なこと、楽なことを

重ねているっていう感じなんですね。

 

自分ができること、

やりたいことを重ねているので、

我慢の感覚はないんですけど、

 

とにかく体を動かしたくてしょうがないので、

体をこんなに動かしちゃだめだっていって、

体を動かすことを我慢することはたくさんありました。

 

それ以外はなるべくストレスがないような、

自分にとってですね、ストレスがないように

考えて行動してきたつもりなので。

家では妻が料理をいろいろ考えて作ってくれますけど、

これロードに出るとなんでもいいわけですよね。

 

無茶苦茶ですよ、ロードの食生活なんて。

 

だから我慢できないから、

結局そういうことになってしまうんですけど、

そんな感じなんですね。

 

今、聞かれたような趣旨の我慢は思い当たらないですね。

おかしなこと言ってます、僕?」

 

Q:台湾ではイチローさんのファンがいっぱいいまして、

何か台湾の人に伝えたいことは何かないか?

 

 

「(元中日の)チェンが元気か知りたいですね。

 

(マーリンズで)チームメートでしたから。

 

チェンは元気にやってますかね? 

 

それが聞けて何よりです。

 

今のところ(台湾に行く)予定はないけど、

でも以前に行ったことがあるんですよ、一度。

 

すごく優しい印象でしたね。

 

心が優しくて、いいなあと思いました」

 

Q:菊池(雄星)投手が同じマリナーズに入って、

去年は大谷(翔平)選手がエンゼルスに入った。後輩たちに託すことは?

 

「雄星のデビューの日に僕は引退を迎えたのは、

何かいいなあと思っていて……

 

もう『ちゃんとやれよ』という思いですね。

 

短い時間でしたけど、すごくいい子で。

 

いろんな選手を見てきたんですけど、

左ピッチャーの先発って変わっている子が多いんですよ。

 

本当に。

 

天才肌が多いという言い方もできるんですかね。

 

アメリカでもまぁ多いです。

 

だから、こんなにいい子いるのかな

っていう感じですよ、ここまで。今日まで。

 

 でも、キャンプ地から日本に飛行機で移動してくるわけですけど、

チームはドレスコードですね、

服装のルールが黒のセットアップ、ジャージのセットアップでOK。

 

長旅なので、できるだけ楽にという配慮ですけど、

 

『雄星、俺たちどうする?』って。

 

『アリゾナ発つときはいいんだけれども、

日本着いたときにさすがにジャージはダメだろ』

 

って2人で話していたんですね。

 

『そうですよね、イチローさん、どうするんですか?』って。

 

僕は『中はTシャツだけどセットアップでジャケット着ているようにしようかな』って。

 

『じゃあ僕もそうします』と雄星が言うんです。

 

で、キャンプ地を発つときのバスの中で、

みんな、僕もそうでしたけど、

 

黒のジャージのセットアップでみんなバスに乗り込んできて。

 

雄星と席が近かったので

 

『雄星やっぱ、だめだよな、これっ』て。

 

『やっぱり日本に着いたときに、

メジャーリーガーがこれはダメだろ』

 

ってバスの中で言っていたんですよね。

 

『いや、そうですよね』って。

 

そうしたらまさか羽田に着いたときに

黒のジャージでしたからね。

 

いや、コイツ大物だな、と思って。

 

ぶったまげました。

 

それは本人にまだ真相は聞いてないんですけど、

何があったのかわからないですけど、

左ピッチャーはやっぱ変わったヤツ多いな

と思ったんですね。

 

でも、スケール感は出てました。頑張ってほしいです。

 

 翔平はもうちゃんとケガを治してスケールの、

物理的にも大きいわけですし。

 

アメリカの選手に全くサイズ的にも劣らない。

 

あのサイズであの機敏な動きができるというのは

いないですからね、それだけで。

 

いやもう世界一の選手にならなきゃいけないですよ、うん」

 

 

引退後の神戸への“恩返し”は…「税金を少しでも払えるように頑張ります」

 

Q:イチローさんが愛を貫いてきた野球。その魅力とは?

 

「団体競技なんですけど、

個人競技だというところですかね。

 

野球が面白いところだと思います。

 

チームが勝てばそれでいいかというと、

全然そんなことないですよね。

 

個人としても結果を残さないと

生きていくことはできないですよね。

本来はチームとして勝っていれば、

チームとしてのクオリティが高いはずなので、

それでいいんじゃないか

 

という考えもできるかもしれないですけど、

決してそうではない。

 

その厳しさが面白いところかなと。

 

面白いというか、

魅力であることは間違いないですね。

 

あと、同じ瞬間がないということ。

 

必ず、必ずどの瞬間も違うということ。

 

これは飽きがこないですよね」

 

Q:イチロー選手がいない野球をどう楽しんだらいいか?

 

「2001年に僕がアメリカに来てから、

この2019年の現在の野球は全く別の違う野球になりました。

 

まぁ、頭を使わなくてもできてしまう野球になりつつあるような……。

選手も現場にいる人たちはみんな感じていることだと思うんですけど、

これがどうやって変化していくのか。

 

次の5年、10年。

 

しばらくはこの流れは止まらないと思うんですけど。

 

本来は野球というのは……

 

ダメだ、これ言うとなんか問題になりそうだな。

 

問題になりそうだな。

 

頭を使わなきゃできない競技なんですよ、本来は。

 

でも

そうじゃなくなってきているのがどうも気持ち悪くて。

 

ベースボール、野球の発祥はアメリカですから。

 

その野球がそうなってきているということに

危機感を持っている人って結構いると思うんですよね。

 

だから、

日本の野球がアメリカの野球に追従する必要なんて

まったくなくて、

 

やっぱり日本の野球は

頭を使う面白い野球であってほしいなと思います。

 

アメリカのこの流れは止まらないので、

せめて日本の野球は決して変わってはいけないこと、

 

大切にしなくてはいけないものを

大切にしてほしいなと思います」

 

Q:(長々と説明後に)1年目のゲームから今日を思い出しましたか?

 

「長い質問に対して大変失礼なんですが、ないですね」

 

Q:プロ野球選手になるという夢を叶えて成功してきて、今何を得たと思うか?

 

「成功かどうかってよく分からないですよね。

 

じゃあどこからが成功で、

そうじゃないのかというのは、

全く僕には判断できない。

 

成功という言葉がだから僕は嫌いなんですけど……

 

メジャーリーグに挑戦する、

 

どの世界でもそうですね、

 

新しい世界に挑戦するということは

大変な勇気だと思うんですけど、

 

でもここはあえて成功と表現しますけど、

 

成功すると思うからやってみたい、

それができないと思うから行かない

 

という判断基準では後悔を生むだろうなと思います。

 

やりたいならやってみればいい。

 

できると思うから挑戦するのではなくて、

やりたいと思えば挑戦すればいい。

 

そのときにどんな結果が出ようとも

後悔はないと思うんです。

 

じゃあ自分なりの成功を勝ち取ったときに、

達成感があるのかといったら

それも僕には疑問なので。

 

基本的にはやりたいと思ったことに

向かっていきたいですよね。

 

 で、何を得たか……

 

まぁ、こんなものかなあという感覚ですかねぇ。

それは200本もっと打ちたかったし、

できると思ったし、

 

1年目にチームは116勝して、

その次の2年間も93勝して、

 

勝つのってそんなに難しいことじゃないなって

その3年は思っていたんですけど、

大変なことです。勝利するのは。

 

この感覚を得たことは大きいかもしれないですね」

 

Q:毎年神戸に自主トレに行っている。

ユニホームを脱ぐことで神戸に何か恩返ししたい思いは?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「神戸は特別な街です、僕にとって。

 

恩返しかー……、

 

恩返しって何することなんですかね。

 

僕は選手として続けることでしか

それができないと考えていたこともあって、

 

できるだけ長く現役を続けたい

と思っていたこともあるんですね。

 

神戸に……恩返し……、

じゃあ、あの税金を少しでも払えるように頑張ります」

 

Q:日米で活躍する選手は甲子園で活躍、

プロで活躍、そしてメジャーに挑戦という流れがある。

もっとこんな制度ならメジャーに挑戦しやすかったとか、

こういうことあればいいなという提言は?

 

「制度に関しては僕は詳しくないんですけども、

でも日本で基礎を作る、自分が将来、MLBでプレーする……。

 

MLBで活躍する礎を作るという考え方であれば、

できるだけ早くというのは分かりますけど、

 

日本の野球で鍛えられること

ってたくさんあるんですよね。

 

だから制度だけに目を向けるのは

フェアではないと思いますけどね」

 

 

「現在それ(孤独感)全くないです。

今日の段階で、それは全くないです」

 

 

Q:日本の野球で鍛えられたことは?

 

「基本的な基礎の動きって、

おそらくメジャーリーグの選手より

日本だったら中学生レベルの方が

うまい可能性だってありますよ。

 

それはチームとしての連係もあるじゃないですか。

 

そんなの言わなくたってできますからね、

日本の野球では。

 

でも、こちらではなかなかそこは……。

 

個人としてのポテンシャル、

運動能力は高いですけど、

そこにはかなり苦しみましたよ。

 

苦しんで、諦めましたよ」

 

Q:エンゼルスの大谷選手との対戦を楽しみにしていたけど、

叶わなかった。イチローさんは対戦したかったか?

 

「先ほどもお伝えしましたが、

世界一の選手にならないといけない選手ですよ。

 

そう考えてます。

 

翔平との対戦、残念ですけど、

 

できれば僕がピッチャーで

翔平バッターがやりたかったんですよ。

 

そこは誤解なきようにお願いします」

 

Q:大谷選手は今後どのような選手になっていくと思いますか?

 

 

「なっていくかどうか? 

 

そこは占い師に聞いてもらわないとわからないけどねぇ。

 

まぁでも、投げることも、

打つこともやるのであれば、

僕は1シーズンごとに、

1シーズンはピッチャー、

次のシーズンは打者として、

 

それでサイ・ヤング(賞)とホームラン王を取ったら……

 

だってそんなこと考えることすらできないですよ。

 

翔平はその想像をさせるじゃないですか、人に。

 

この時点でもう明らかに人とは違う選手であると思うんですけど。

 

その二刀流は面白いなと思うんですよね。

 

(記者に向かって)納得いっていない感じの表情ですけど。

 

ピッチャーとして20勝するシーズンがあって、

その翌年には50本打ってMVP獲ったら、

これ化け物ですよね。

 

でも、それが想像できなくないですからね。

 

そんな風に思っています」

 

Q:現役野球選手じゃない自分は嫌だとインタビューで言っていた。

 

「僕は嫌だって言わないと思うけどね。

 

僕、野球選手じゃない僕を想像するの嫌だと

たぶん言っていないと思いますよ」

 

Q:改めて野球選手ではない自分を想像してどうか?

 

 

「いやだから、違う野球選手に多分なってますよ。

 

あれ? 

 

この話さっきしましたよね。

 

お腹減ってきて集中力が切れてきちゃって、

さっき何話したのかもちょっと記憶に……。

 

草野球の話しましたよね? 

 

そっちでいずれ……

それは楽しくやっていると思うんですけど。

 

そうするときっと草野球を極めたいと思うんでしょうね。

 

真剣に草野球をやるという

野球選手になるんじゃないですか、結局。

 

聞いてます?」

 

「お腹減ってきたもうー。

 

結構やっていないですか、これ。今時間どれくらい?

 

 1時間? 20分? あらー。

 

今日はとことんお付き合いしようかなと思ったんですけどね。

 

お腹減ってきちゃった」

 

Q:プロ野球人生振り返って、誇れることは?

 

「これ、先ほどお話しましたよね。

 

小林君もちょっと集中力切れてるんじゃないの? 

 

完全にその話したよね。

 

ほらそれで1問減ってしまうんだから」

 

Q:イチロー選手の小学生時代の卒業文集に

「僕の夢は一流の野球選手になることです」

と書いていたが、その当時の自分にどんな言葉をかけたいですか?

 

「お前、契約金1億(円)ももらえないよって。ですね。

 

いやー夢は大きくと言いますけどね、なかなか難しいですよ。

 

ドラ1の1億って掲げていましたけど、

全然、遠く及ばなかったですから。

 

いやー、ある意味では挫折ですよね、それは」

 

「こんな終わり方でいいのかな? なんかきゅっとしたいよね、最後は」

 

Q:前のマリナーズ時代、何度か「自分は孤独を感じながらプレーしている」

と話していた。ヤンキース、マーリンズとプレーする役割が変わってきて、

去年ああいう状態があって今年引退。

その孤独感はずっと感じてプレーしていたのか。

それとも前の孤独感とは違うものがあったのか。

 

 

「現在それ(孤独感)全くないです。

 

今日の段階で、それは全くないです。

 

それとは少し違うかもしれないですけど、

アメリカに来て、メジャーリーグに来て……

外国人になったこと。

 

アメリカでは僕は外国人ですから。

 

このことは……外国人になったことで、

人の心を慮ったり、人の痛みを想像したり、

今までなかった自分が現れたんですよね。

 

この体験というのは、

本を読んだり、情報を取ることはできたとしても、

体験しないと自分の中からは生まれないので。

 

孤独を感じて苦しんだことは多々ありました。

 

ありましたけど、

その体験は未来の自分にとって大きな支えになるんだろうと、

今は思います。

 

だから、

辛いこと、しんどいことから

逃げたいと思うのは当然のことなんですけど、

 

でもエネルギーのある元気なときに

それに立ち向かっていく、

 

そのことはすごく人として重要な

ことなのではないかなと感じています」

 

「締まったね、最後。

 

いやー長い時間ありがとうございました。

 

眠いでしょ、皆さんも。ねぇ。

 

じゃあ、そろそろ帰りますか、ね」

イチロー引退会見より・引用 ここまで

 

以上

 

 

いかがだったでしょうか?

 

私も、イチロー選手の引退会見の一問一答を視聴しながら

冷静で客観的な賢人たる所以を感じました。

 

しかし終盤は睡魔が襲ってきて、会見終了後すぐに床に就きました。

 

一つの時代の節目を感じた、春分の日の夜の出来事でした。

 

イチロー選手の言霊から学んだ事を未来への行動につないで

行きたいと思います。

 

それでは、

あなたの人生にも良いことがシャワーのように降り注ぎますように祈念しています。

 

いつもありがとうございます。

 

天道象元開運鑑定事務所

 主宰  天道象元

 

追伸:

2019年5月節開運鑑定
最強運気獲得の為の

無料旅行風水開運ウェブセミナー

視聴予約はこちらからどうぞ!

 

カテゴリー:2019年,イチロー引退会見,無料ウェブ開運セミナー,開運鑑定

2019年3月21日満月の春分の日の意味:九星気学の秘訣Vol.381

投稿日:2019年03月21日

今年の桜開花情報が18日(月)九州の宇和島から始まり、

昨日20日(水)は長崎や高知県でも桜の開花宣言がありました。

 

昨日の関東地方は快晴で気温も上がり

4輪の桜開花が確認されたので、今日21日(木・祝)には開花情報が出ることでしょう。

 

桜の花が咲く頃になると、

なぜか気持ちがワクワクし明日への希望が湧いてきますね。

 

さて、

本日3月21日(木・祝)は今年の中でも大切な節目の日であり、

運気の波動から見てもいくつかの大切な要素が重なる特別な日です。

 

春分の日:2019年3月21日(木・祝)

 

 

春分の日は、

「自然をたたえ、生物を慈しむ」

という日であり、日本の法律で祝日と

されています。

 

ちなみに、春分の日は

国際的にも多くの地域で重要視されてきた日です。

 

また、西洋占星術では、春分の日を元旦と考えたり、

インカ帝国などの優れた天文学をもつ国の建築技法の一つ

として基準日にされていました。

 

ご存知の通り日本でも、

春のお彼岸としてご先祖様の供養にお墓参りをしたり、

牡丹餅(ぼたもち)をご仏壇に供えて、

お下がりを食べたりして日本の文化として

継承されてきました。

 

春分の日

 

「春分の日」とは暦を基準にした

二十四節気という節目の日です。

 

循環する一年の四季を太陽の動きによって

二十四の節気に分けて生活のリズムや農業に

役立ててきたのです。

 

春分とは節気(15日間)の事を言い、

春の節気の初日に当たります。

 

「春分の日」を祝日にした理由

 

古くから重要な日だった春分の日とはいえ、

その日が祝日としたのには理由があります。

 

それは春分の日に行われる宮中祭祀の一つ、

「春季皇霊祭」という皇族の祖霊を祀る儀式があり、

その日を祝って祝日とされたのが名を変えて今に

引き継がれているという事です。

 

ちなみに今でも「春季皇霊祭」は皇居内の

皇霊殿にて厳かに行われています。

 

日の出が真東、日没は真西に

 

春分の日は日の出は真東方位から、

そして日没は真西方位に沈む日なのです。

 

そのため、

太陽の出ている時間(昼)とそうでない時間(夜)が等分に分かれているので、春分の言葉の語源になっています。

 

※実際には太陽の日の出、日の入りの観測結果が大気エネルギーの存在により昼の方が少し長くなるそうで、正確に等分になるのはその約4日前にずれるそうです。

 

春分の日とお彼岸

 

春のお彼岸としても言われる春分の日は「暑さ寒さも彼岸まで」とも言われています。

 

春のお彼岸の「彼岸(ひがん)」とは仏教の教えに由来します。

 

お彼岸(ひがん)とは

 

お彼岸という言葉は仏教用語で、

 

涅槃寂静と言う仏教の最終的な目標である、

 

「煩悩から解き放たれた悟りを開いた人が至る三途の川を渡った場所」

 

「彼岸」のことです。

 

この彼岸という仏様のいる極楽浄土は、

お釈迦様の入滅のお姿から「西方浄土」

つまり仏の世界は西にあると考えられるようになります。

 

太陽が真西に沈む様子から、

仏様がいらっしゃる西方浄土への思いを馳せる

お彼岸が生まれたと言われています。

 

お彼岸のお墓参りは日本独自の文化

 

仏教はインドを発祥として、中国・朝鮮半島、東南アジアと

多くの地域で信仰されています。

 

しかし、お彼岸の行事は日本独自の文化と言われています。

 

仏教が伝来した後、

日本に土着の信仰との融合によって

現在に伝わるお彼岸になったと言われます。

 

真西に日が沈んでいく春分の日と秋分の日は、

西方浄土の考えとつながり、

 

あの世(彼岸)とこの世(此岸:しがん)が近づき

先祖の霊を迎え、祀りご供養する日となったと考えられます。

 

春分の日のお墓参りの意味

 

ご先祖様のいらっしゃる

あの世(彼岸)が近くなると考えるお彼岸は、

普段お墓参りに行くのと同じように

 

ご先祖様への、

常にお見守りいただいている

感謝の気持ちをお伝えする行事です。

 

私が伝承する帝王學・九星気学でも

その歴史は聖徳太子の時代からとも

言われており日本独自の大切な文化であり

九星気学開運鑑定の根幹なのです。

 

次の世代に伝えるべき日本文化として

大事にしていきたいものですね。

 

春分の日はお彼岸の中日(ちゅうにち)

 

春分の日とお彼岸についてはご伝えしましたが、

お彼岸についてもう少し詳しくご紹介します。

 

お彼岸というのは、春分の日もしくは秋分の日の

前後3日間を加え7日間続きます。

 

春分の日もしくは秋分の日の三日前を「彼岸の入り」といい、

お寺などでは彼岸会(ひがんえ)がはじまり、

 

三日後に「彼岸明け」と言ってお彼岸の最終日になります。

 

春分の日もしくは秋分の日は

それぞれお彼岸の中日と言い、

この日にご先祖様の追善供養をしてきました。

 

お寺では、

この前後の6日を含め彼岸会(ひがんえ)という法要を行います。

 

六波羅蜜(ろくはらみつ)

 

春分の日前後6日間がお彼岸であるとする由来は、

お釈迦様が説いた悟りの境地に至るための具体的な

行動を意味する六波羅蜜(ろくはらみつ)に由来します。

 

六波羅蜜とは以下6つの教えのことを言います。

 

1、布施(ふせ):人のために善行すること。ほどこすこと。

 

2、持戒(じかい):自らを戒め生活すること。つつしむこと。

 

3、忍辱(にんにく):困難に耐えて生きること。しのぶこと。

 

4、精進(しょうじん):最善を尽くし努力をし向上心を持ち続けること。はげむこと。

 

5、禅定(ぜんじょう):心を落ち着け、動揺しないこと。しずけさを保つこと。

 

6、智慧(ちえ):心理を見極め、真実を見抜く心眼を養い知恵に溺れないこと。学ぶこと。

 

仏教ではご先祖様を供養すると考える日であると共に、

 

「自らの普段の生活を見直し、自らを改める一つの機会として考える」

とされています。

 

2019年は春分の日と満月が重なる貴重な日

 

3月21日春分の日は、19年ぶりに満月の日と重なります。

 

平成最後の特異日であり、勤労感謝の日や天皇誕生日に次いで

特別な意味のある日なのです。

 

直感と情熱の波動が活性化するタイミング

 

実は昨日から運気の波動は動き出していて

3/20(水)10:36~3/21(木)10:27に最大活性化します。

 

具体的には

願いや計画を行動する事で、思わぬ応援者が表れたり、

 

決断して行動した結果、モノやお金に恵まれたりするのです。

 

更には、

直感や情熱をアウトプットする事で、

新たな現象を創造する事が出来る日です。

 

・新たな出会いをする

 

・プロジェクトをスタートする

 

・ウェブサイトを更新したり、刷新してスタートする等

 

新しいことを始めるて吉運を得る日です。

但し、何もしないで運気を得る日ではなく、

行動をしてこそ天を味方につけて結果とする日

であることを肝に銘じてください。

 

運気の波動が活性化するので、

行動すれば順調に進行します。

 

しかし、慢心してはいけません。

 

自分一人の力でやったと思うと過信することになってしまいます。

 

ですから、今日春分の日は

先にご先祖様をご供養したり、

大いなるものや周囲の方や環境に

感謝の意をお伝えしてこのタイミングを

ご活用ください。

 

宇宙の法則を学び理解して行動する

 

残念ながら、

今までお伝えしてきたことは学校教育では

敗戦処理の時にGHQの政策により

避けられてきた内容かもしれません。

 

しかし私たちには、

日本文化や崇高な精神性を次の世代につなげる役割があります。

 

敢えて言うなら、

「これからの時代は、目に見えないものを見る能力が必要な時代」

であると思いますがいかがでしょうか?

 

私が伝承している、

帝王學・九星気学は「幸せになる宇宙の法則」を体系化した学問です。

 

生まれた時に授かった波動特性を読み解き、

宇宙の波動と調和させることで生命エネルギーを

チャージして元気になり、天命を全うすることが出来るのです。

 

愛とお金を引き寄せて幸せになる「旅行風水」ウェブセミナー

 

そこで、タイミングを合わせ、吉方位に楽しく旅行をするだけで

愛とお金を引き寄せて幸せになる「旅行風水」ウェブセミナーを

ご案内いたします。

 

ご都合に合わせて、PCやスマホから無料でご視聴予約できます。

 

休日やお時間の都合の良い時に、ゆっくりとリラックスしてご視聴下さいませ。

 

ご興味のある方は、こちらからどうぞ!

◾️愛とお金を引き寄せて幸せになる

「旅行風水」無料開運ウェブセミナー

聴予約はこちらからどうぞ!

 

 

それでは、春分の日と満月が重なる強運の波動を活用して

良いことがシャワーのように降り注ぎますように(^▽^)/

Goodluck!
天道象元開運鑑定事務所

主宰 天道象元

カテゴリー:2019年,無料ウェブ開運セミナー,開運鑑定

2019年3月版今月の運勢と吉方位:九星気学の秘訣Vol.380

投稿日:2019年03月04日

 

潤う:季節の廻り

 

早くも3月弥生(弥生)を迎え、

関東地方では昨日今日と二日間雨模様でしたね。

 

 明後日6日(金)は啓蟄(けいちつ)節となり、

春の気配で土の中の虫も地上にはい出てくる

季節を迎えます。

 

今月21日(火)には春分(しゅんぶん)節を迎え、

昼と夜の時間が等分となり春のお彼岸の中日となります。

 

お彼岸月は先祖供養する事で運気もアップしますので、

お墓参りや法事への参加を心掛けていきましょう。

 

宇宙の法則と天体の動き

 

さて、今月3月の天体星の動きを見ると

6日(水)から27日(水)まで水星が逆行するので、

移動手段や伝達に支障をきたす傾向が発生しやすい

のでご注意ください。

 

また、先ほどお伝えした

3月21日(木・祝)春分の日に先祖供養など徳積みを

心掛けると直感が働き、情熱的に目標に向かう

パワーがアップする日となります。

 

今月3月節の動き

 

さて、

今月3月節は

6日(月)啓蟄(けいつつ)節より

 

丁卯(ひのと・う)一白水星(いっぱく・すいせい)月

 

となります。

 

 昨年の「冬至」の日に

来るべき2019年の計画立案をして

指針を明確にした方は

 

今月一白水星の運気を再確認して、

新たなスタートをすると

天が味方して素晴らしい年運を

得ることができます。

 

 3月節は計画立案した目標に向かって

再スタートをして目標と実績のギャップを

今のうちに軌道修正する事をお勧めいたします。

 

新たな企画スタート

 

私も、

ラックコンサルティング顧問先様と共に

3月6日発売開始の新商品の企画開発を

させていただきました。

 

 

 運気の流れを読み、

運勢の波に乗る事で天を味方につけて行動することが出来ます。

 

5月最強運気獲得する為のオンラインZoom受講版開運セミナー開催!

 

また、

今年5月節は多くの方が

今年最強運を獲得できる

大吉方位のチャンスが訪れます。

それに先立って

全国どこからでも参加できる

オンラインZoom受講版開運セミナーを開催します。

今月は

毎回先着5名様限定5回開催致します。

 

先着順ではありますが

 

受講料は3,000円ですので

 

お早めにお申し込みください。

 

オンラインZoom受講!

今年5月の最強運を獲得して人生の富を10倍アップする

「旅行風水」開運セミナー

 

 

 

 

どうぞ

目には見えないけれども、

九星気学による大いなる力・宇宙の法則を

ご活用頂き発展成長して下さいませ。

 

それでは、

今月の運勢と吉方位旅行風水情報をお伝え致します。

 

 吉方位を活用することで天を味方につけて明るく楽しく、

心豊かな人生を創り上げて行きましょう。

 

~☆~☆~☆~☆~

こちらの開運メールでは事前に吉事と凶事を知り、

対策を練って発展と危機管理ができますよう

ポイントをお知らせしています。

 

今月3月節の期間

 

※3月節:丁卯(ひのと・う)一白水星(いっぱく・すいせい))月

の運気は3月6日(水)06:10から4月5日(金)10:51まで

 

今月の運勢と吉方位

 

3月は弥生(やよい)。

 

6日水曜日は「啓蟄(けいちつ)節。

 

21日は春分節を迎え、昼夜の時間が等分になる

春の彼岸の中日です。

 

今月の運勢と吉方位で運気をアップして

暖かく穏やかな春を迎えましょう。

 

 

 

 

 【一白水星】

 

 

前半は運気強く、

ここ3ヶ月の行動に結果が。

 

後半は下降気味。

 

うまい話に要注意。

 

肝臓や肺に注意。

 

▲吉方位なし

 

 【二黒土星】

 

運気は下降気味。

 

現状維持に努め、何事も慎重に。

 

奉仕の精神と感謝の気持ちで、

先祖供養と親孝行を。

 

◎東大吉方位:改善発展運

 

 【三碧木星】

 

気力体力衰退傾向。

 

気を引き締め、

誤解を招く言動を控え、

慎重に対応。

 

先祖供養、

親孝行で運気上昇。

 

▲吉方位なし

 

 【四緑木星】

 

 

精神的に不安定な月。

 

親しい人と問題が起きやすい時。

 

誠実に謙虚に冷静に。

 

交通事故、落下に注意。

 

▲吉方位なし

 

 【五黄土星】

 

様々なことが表面化し吉凶混合の月。

 

訴訟や異性問題は深入り禁物。

 

公文書、印鑑、お金の使い方に注意。

 

◎西北大吉方位:健康増進運

 

 【六白金星】

 

気が滅入る月。

 

前向きな心が結果を変えていく。

 

礼儀を重んじ、現状維持が吉。

 

交通事故に要注意。

 

◯西北小吉方位:健康増進運

 

 【七赤金星】

 

運気上昇。

 

暴走を避け、

受け身の姿勢が大切な時。

 

素直な行動と努力が良縁に。

 

内臓の病気に注意。

 

◎東大吉方位:改善発展運

 

 【八白土星】

 

運気良好。

 

積極的な行動で成果を。

 

ただし、やり過ぎに注意。

 

健康管理を心がけ、

肝臓腎臓を休めて吉。

 

◎西北大吉方位:健康増進運

 

 【九紫火星】

 

運気上昇、好調な月。

 

迷わず進むと良い結果に。

 

人脈広がるが独りよがりに注意。

 

運動、栄養、睡眠を。

 

◯東小吉方位:改善発展運

 

以上

 

それでは、今月の運勢と吉方位を活用し

運気をアップして有意義な行動をしていきましょう。

 

天道象元開運鑑定事務所

  主宰  天道象元

カテゴリー:2019年,3月の運勢と吉方位,今月の運勢

九星気学開運セミナーお客様の声:ハウスクリーニング エスケイ店 代表技能士 関口正一様

投稿日:2019年02月04日

■ハウスクリーニング エスケイ店
代表技能士 関口正一様

カテゴリー:2019年,お客様の声,お客様の声(開運セミナー),新春特別招福開運セミナー

九星気学開運セミナー お客様の声 :株式会社SORA代表取締役
ココロニスト 角本紗緒理様

投稿日:

■株式会社SORA代表取締役
ココロニスト 角本紗緒理様

 

カテゴリー:2019年,お客様の声,お客様の声(開運セミナー)

立春大吉2019年運気スタート:九星気学の秘訣Vol.379

投稿日:

【立春大吉】

いよいよ、今日は立春です。

昨日節分を経て、2019年度の運気がスタートしました。

2019年は己亥八白土星の年運が宇宙を支配します。

 

 

最も大切な心構えは、

一旦止まって「大変革」に対応する年です。

既に決定していることですが、

今年平成天皇が生前退位され

5月には元号が変わります。

あなたの人生でも、

大きな決断と大変革のチャンスが

訪れる事でしょう。

今年は何が起きても

不思議はない年です。

 

心構えをしっかりとして

臨機応変に対応していきましょう。

 

【今月は大地に根差した行動力を養う】

さて、

今月2月節は

丙寅二黒土星の月運です。

 

冬の土用期間も

今日2月4日12:14に明けました。

 

暦の上ではありますが

土の中では長い冬のが終わり

いよいよ今日が立春です。

 

 

待ちに待った春がやってきました。

 

今月は二黒土星の波動である

地に足をつけて、できることを

一歩一歩やりぬいて行くことで

信頼関係を構築していくことが出来る月運です。

 

大地に根差した実力こそが

今年の変化運に対して臨機応変に対処し、

大変革できるチャンスの原動力となります。

 

【今月の運勢と吉方位】

それでは、今月の運勢と吉方位をお伝えします。

 

2月節の運勢と吉方位(2/4~3/6)

 

 

2月は如月(きさらぎ)。

今日4日(月)は「立春(りっしゅん)節」

九星気学では2月4日から

今年2019年の運気「大変革の年」が

スタートします。

 

それでは今月の運勢と吉方位を活用し

運気をアップして行きましょう。

 

一白水星

今月は運気も大変良く、物事も整う月。

 

但しやり過ぎない様に行動することが大切です。

 

独身者には縁談の話が飛び込む

傾向が強く結婚へとつながる時です。

 

新規の仕事も良い結果が出ます。

 

健康面では

体調管理に心を配って行きましょう。

 

◎北大吉方位:金運獲得運

 

二黒土星

運気は強いが、自己過信に陥りやすい時。

 

周囲との和合、

連携を図り人の言葉に耳を傾けることが大切です。

 

柔軟な対応性を持つことがネガティブな

現象の発生を避ける事となります。

 

家の改築改造、

不動産購入は延期することが望ましいでしょう。

 

特に寝床の移動は厳禁です。

 

◎東大吉方位:精神向上運

 

 

三碧木星

活動意欲が旺盛で、大いに行動できる月。

 

一方で自己過信になりやすくご注意ください。

 

来年の本厄を控えて万事に慎重な行動が必要な時。

 

自分の精神を高め、

謙虚な姿勢で目上の意見を仰いで従うことが

吉運を呼びます。

 

何事も相手を圧迫する傾向を配慮。

 

健康面では

暴飲暴食に要注意注意ください。

 

◎西大吉方位吉方位:良縁運

 

四緑木星

新計画や方針転換をしなければと焦るあまり、

目先の利益を追う行動は後で大きな後悔につながります。

 

特に金銭面では安易に見えても油断大敵です。

 

慎重に堅実な努力が必要です。

 

従来の仕事を手堅く守り、充実を図ることに

専念して安泰の運気です。

 

慎重にして現状維持が救いとなり

本厄であることを自覚して行動。

 

交際費が倍増する月でもあります。

 

健康面では「風邪は万病の元」を肝に銘ずべし。

 

◎西北大吉方位:発展運

 

五黄土星

立春と同時に本厄が明け後厄が始ります。

 

今月は感情のコントロールが大切。

 

何事も一旦停止して前後左右の安全確認。

 

一拍置いて冷静に判断できる気持ちの余裕が必要です。

 

悪い習慣を改め、現状を良い方向へと変化させて

打開するには最良の時。

 

受け取り方で後々の結果が大きく変わっていきます。

 

◎東大吉方位:精神向上運

 

六白金星

立春から本当の2019年。今

 

年は物事の変化がある1年間。

 

万事が公になるので注意して行動。

 

先月からの悩みが続く可能性あり。

 

親子関係や詐欺や泥棒に要注意の時。

 

健康面では

持病がある方は健康管理を十分に。

 

また今月は

首から上の病気や心臓病に要注意。

 

▲吉方位無

 

七赤金星

立春を迎えると周囲が急に明るく感じられる月。

 

盛旺期がスタートする今月は、しっかりと計画を立案する時。

 

周囲からの相談、依頼事などは誠意を持って対応のこと。

 

信用を高める事が出来る。

 

特に部下、子供との問題は

親切丁寧に接することで信頼が回復。

 

根気こそが必要不可欠な時。

 

家族の和合を図り、最良を求める行動を。

 

健康面では体の冷えによる体調不良から

発病しやすいので要注意。

 

▲吉方位無

 

八白土星

少しずつ明るい兆しが見えてくる月。

 

しかし急発進には要注意。

 

本業に精を出して、自分自身の本分を全うせよ。

 

まずは計画を練り、準備を整えてる事。

 

今は地道な努力が必要な時。

 

損得感情抜きにして黙々と行動することが、

信用を得て発展への道を開く。

 

不動産の問題は、専門家の意見を参考に慎重に対処。

 

健康面では胃腸の疾患に要注意。

 

◎東大吉方位:精神向上運

 

九紫火星

公私ともに多忙月。

 

運気は上昇し、やる気も満ちてくる。

 

しかし、目まぐるしい日々に気力体力共に消耗し、

回復の間もないほど。

 

行動しただけ成果が上がる。

 

体調管理に充分配慮し、積極的に前進。

 

過去の問題が蒸し返されて対処に追われた場合、

専門家や周囲の意見を素直に聞くことが安全策。

 

古い持病の再発は重症化する傾向。

 

健康面では早期治療を心がけること。

 

また、今月は火事に注意の事。

 

▲吉方位無

 

以上

 

【動画視聴版:2019年新春特別招福開運セミナー】

先月1月19日(土)と22日(火)弊社品川オフィスにて、

今年の「気エネルギー」を活用して幸せを引き寄せる「新春特別招福開運セミナー」

を開催しました。

 

今日2月4日「立春=新年」から、即行動し、

2019年を実り豊かな一年にできるように

天地自然の法則を体系化した学問「九星気学」を

指針として行動している方も多いかと思います。



今年は、「大変革」の年です。



何があっても動揺せずに、

しっかりと人生を歩むためには羅針盤が必要です。-



今年の運気を知り、

あなたの「気エネルギー」の活用方法を

確認してはいかがでしょうか。



九星気学で言う、「新年」は

今日2月4日「立春」からスタートしました。



この、開運セミナー動画をご視聴いただきますと

あなたの本命星に従い、正しい行動をして、

望む結果を得るための、2019年の動き方を知ることができます。

 

2月10日(日)まで早割動画視聴料金でお申込みいただけます。



「2019年度 新春特別招福開運セミナー」動画視聴のお申込みはこちら↓

 

 

 

 

 

 

それでは、

今月の運勢の波に乗り

有意義な月にしていきましょう。

 

いつもありがとうございます。

 

迷いを決断に変え

人生の富を10倍にする

天道象元開運鑑定事務所

主宰  天道象元

カテゴリー:2019年,今月の運勢,立春大吉

2019年2月3日節分は運気の大晦日・恵方は東北東:九星気学の秘訣vol.378

投稿日:2019年02月03日

E7AF80E58886E381A8E8B186E381BEE3818D-thumbnail2

【豆まきと恵方巻】

早いもので 今日は「節分」で豆まきですね。

 

 

2019年節分

今年の恵方巻は「東北東(寅の方)」を向いて食べましょう。

 

【節分と立春】


今回は、「節分」と「立春」についてお伝えしますね。



「節分」とは、読んで字のごとく季節の区切りです。



本来は

 

「立春」

 

「立夏」

 

「立秋」

 

「立冬」

 

の前日をすべて「節分」と言い、

年に4回あるわけですが、

近年では、このうち「立春」の前日だけを「節分」と言う用です。

【立春が今年の年運のスタート】

 

節分を経て明日は2月4日「立春」となり、

いよいよ2019年度の運気がスタートします。


立春も
小寒、大寒や雨水、啓蟄などともに月に2回変わり目があり

二十四節季の一つです。

 

【二十四節気】

 

 

ritu-thumbnail2

 

これは太陽の動きを正確に観測し、

冬至や春分点を定め、

その間を等分したものです。

 



つまり、

「節分」は地球から見た太陽の動きを計測した

天体観測値を基に定められたものです。

 



一般に「節分」と呼ばれている日は、

厳密には春の「節分」ですね。

 



「節分」とは「季節の区切り」であり、

「暦の上で各季節が終る日」のことです。

 



つまり、

「暦の上で各季節が始まる日」である、

 

「立○」(○=春夏秋冬)の前日は全て「節分」

 

ということもできるのです。 



そして、

そのうち「立春」の前日である春の「節分」のことを、

一般には単に「節分」と呼んでいるわけです。

 


(「春」の1つ前の季節である「冬」が終る日のことを「春の節分」呼ぶので、

混乱しないようにしてくださいね。)

 

 

24sekki-thumbnail2

 

いずれにしても、

「節分」は、太陽の動きそのものを基準としていますので、

我々の生活や心構えの上においても「節」として、

けじめのタイミングとしているのですね。


また、古(いにしえ)より中国には、

「立春」を元旦とする暦があり、

九星気学や干支を「節分」で区切るのも、

この「立春」正月の考え方から出ているものです



何気なく言われている

 

「節分」や「立春」には長い歴史の中での行動統計学として、

天体の動きと我々の生活が密接にかかわっている

ことが御理解いただけたと思います。

 

【九星気学は帝王学】


 実は、

九星気学もこの太陽の動きを基準とした

 

季節の巡りと「運気」の循環とバランスを

体系的に法則化した統計学であり秘伝の運命学なのです。



 その昔、

中国では帝王等、

日本でも貴族や将軍等の支配層だけが知る帝王学だったのです。

 

 日本では徳川家康、松下幸之助翁が九星気学を活用していましたし、

アスリートではアメリカのメジャーリーグ、マリナーズと契約し

渡米の時期を九星気学で鑑定し、節分前に渡米したのは有名な話です。

 

 

E69DBEE4B88BE5B9B8E4B98BE58AA9E7BF81-thumbnail2

このように、

現在でも繁栄と存続を望む心ある経営者や政治家、成功しているリーダー達は、

密かに九星気学をバックボーンとして学び実践しているのです。

 

【動画視聴版:2019年新春特別招福開運セミナー】



 この「立春=新年」から、即行動し、

2019年を実り豊かな一年にできるように

天地自然の法則を体系化した学問「九星気学」による

「2019年新春特別招福開運セミナー」を開催しました。



 先月1月19日(土)と22日(火)弊社品川オフィスにて、

今年の「気エネルギー」を活用して幸せを引き寄せる「新春特別招福開運セミナー」でした。



今年は、「大変革」の年です

何があっても動揺せずに、しっかりと人生を歩むためには羅針盤が必要です。-



今年の運気を知り、あなたの「気エネルギー」の活用方法を確認してはいかがでしょうか。

先ほどお伝えしましたように、

九星気学で言う、「新年」は節分の翌日2月4日「立春」からスタートします。



この、開運セミナー動画をご視聴いただきますと

あなたの本命星に従い、正しい行動をして、

望む結果を得るための、2019年の動き方を知ることができます。

2月10日(日)まで早割動画視聴料金でお申込みいただけます。

「2019年度 新春特別招福開運セミナー」動画視聴のお申込みはこちら↓

 

 

 

カテゴリー:2019年,2月節行事,節分

2019年1月節の運勢と開運情報:九星気学の秘訣Vol.377

投稿日:2019年01月03日

おはようございます!天道象元です。

 

今日は、お正月三ヶ日の最終日ですが

お正月気分を満喫されておられることと思います。

 

 

昨日1月2日は父の数え年88歳の誕生日で

米寿のお祝いをしました。

 

ズワイガニや尾頭付きのタイの塩焼き、

おせち料理に懐かしい昔話で盛り上がり

 

父も喜んでくれたようです。

 

 

 

父母は88歳と高齢ですが、40年間

九星気学で生命エネルギーを補充することで

 

今も健在である事に改めて感謝しました。

 

 

2019年己亥八白土星年運 

 

「己亥(つちのと・い)八白土星(はっぱく・どせい)」

という年は私たちにどのような影響力を及ぼすのかを解説します。

 

 

2019年己亥八白土星年は

 

まるで糸のもつれを伸ばし

紀律を正すかの如く、

筋道を通そうとする

流れを感じる事でしょう。

 

 

時には、新たに大変革を目指し

何かを生み出そうとする

 

爆発力を秘めた

エネルギーがもたらされる

事もあります。

 

 

 

例えば

 

自らを律しながら甘えを排除して

奮い立たせて立ち上がり、

 

 

自らの意思で考える行動する力に

ものすごいエネルギーが宿る事を

感じるかもしれません。

 

 

あるいは、人生にとって

 

意味のある経験を深めるために

夜寝るのも忘れて、

 

趣味の世界に没頭したり、

トコトン遊びまくることに

夢中になる事もあることでしょう。

 

 

各々が生まれながらに持つ波動である、

木・火・土・金・水の相対関係によっても、

ベクトルそのものが異なりますが

 

 

このように2019年宇宙の波動を

現象として予測することが出来ます。

 

心を律しながら爆発的なエネルギーが宿る「己亥」年

 

共通するのは、

身体の中に大いなる

エネルギーが宿り、

爆発力を持って邁進し続けることです。

 

 

故に、総合的には

 

ひとつのことに集中して、

 

黙々と準備を整えることに

向いている年となる事でしょう!

 

2019年度年運のスタートは2月4日立春節

 

実際の

己亥(土のと・い)八白土星(はっぱく・どせい)は、

2019年2月4日立春節から2019年度の年運がスタートします。

 

 

 

ちなみに、

私が鑑定やコンサルティングで

やっていることは、

 

一見「占い」のように

感じるかもしれませんが

 

 

「吉日」とか「凶日」とかの、

他愛もないことを

偏解する目的でもありません。

 

 

先人たちが蓄積し続けて

下さった、

 

 

私たち地球上で生きる生物の、

生命あるいはエネルギーの循環を、

分類した統計学であり純粋哲学です。

 

 

また、

暦の学問の一分野でもあり、

 

 

歴史的、経験敵、実証的な

意義が深く

 

 

専門的な知識、技術と同時に、

深い叡智が含まれているのです。

 

 

私たち人間は、

周りから見ることができる

身体以上に、

 

 

実は 

 

 

内面の精神から沈滞と老衰を

引き起こす様になっています。

 

例えば

 

10代の頃は

夢や希望を抱き、

 

 

20代、30代の頃は

理想と野心を持ちますが、

 

 

40を過ぎてきて、

惰性に流され続けてしまうと

途端に精神が消極的になり

 

 

様々なことを、行動しないうちに

諦めるようになってしまいがちです。

 

 

一度落ち込んだ精神を、

再び盛り上げることは

至難の業でもあります。

 

 

しかし

 

心を律しながら、

爆発的なエネルギーが宿るという

 

「己亥(つちのと・い)」年は

 

 

これまでの生きてきた日々を

 

 

「なんと妥協に溢れた日々だったのか?」

 

 

 「自分ならもっとやれるはずだ!」

 

 

と振り返り、

 

今からでも

 

「少年の心を持った大人」として

再び夢や希望理想と野心を胸に

 

 

あの頃のようなキラキラとした目で、

再び立ち上がることができる年運です。

 

 

「己亥(つちのと・い)」という年は、

そんなキッカケを私たちにもたらす、

とても意味深い年なのです。

 

 

 

2019年1月節は三碧木星が中宮の月

西暦では1月1日から1年が始まります。

 

太陰太陽暦では、

2月4日立春から1年が始まります。

 

1月節は

 

大地の動きを表す十二支で云うと

丑月(うしづき)と言います。

 

2月節は寅月(とらづき)と言います。

 

 

1月節丑月と2月節寅月の字義

 

丑(うし)の字義には「紐(ひも)」

の意味があり、

 

1年の気を縛って止めて、

一旦終わらせる働きがあります。

 

寅の字義には「演」の意味があり、

 

1年の気の芽吹きを待って、

演(の)ばしていく働きがあります。

 

1月節は丑月で1年間の年運の波動が終わり

2月節寅月で新たな年運が始まるのです。

 

土用期間の意味

 

冬から春への土の中での働き、準備期間を

土用(どよう)と言います。

 

1月丑月の後半は土用期間となります。

 

 

土用期間は前年の気の波動と新年の気の波動が

混ざり合い、混合し大気エネルギーが乱れる時期です。

 

 

ですから、

 

土用期間の結婚や契約、建築着工等は先延ばしする

事をお勧めします。

 

 

 

今年の土用期間は、

‪1/17~2/4なので

 

 

2018年の運勢上のやり残しは、

‪1/17‪前迄に完了させておきましょう。

 

2019年1月節三碧木星を月盤から解説

 

2019年1月節の月盤は三碧木星(さんぺき・もくせい)

が中宮に回座します。

 

 

三碧木星は発展、成長、早朝を意味する星です。

 

ですから1月節は

早朝からのスタートが宇宙の波動と共鳴し

天を味方につける事が出来そうですね。

 

さて、

 

1月は東方位に回座する一白水星に

暗剣殺が帯同します。

 

この月盤から読める事は

 

隠していた秘密や隠し事が、

表面化する現象を予期する事ができます。

 

 

2018年度九紫火星年の最終月でもあるので

隠れていたウミを出し、デトックスする月

と考える事もできます。

 

2019年に向かって、出し切る事でスッキリして

新たな大変革へのチャレンジをしていきましょう。

 

 

逆に、今まで頑張ってきた方には

 

過去の努力が表面化し、表彰されたり

認められたりする事もある事でしょう。

 

 

少し専門的になりますが

 

1月節は天道という吉神が、

西方位に廻座する五黄土星

に帯同してきます。

 

五黄土星には「腐敗」や「トラブル」

等の意味があります。

 

 

そして、東方位には一白水星が回座し

暗剣殺を帯同します。

 

一白水星には「裏」の意味があるので

 

裏に隠れた問題を表面化させ

 

腐敗寸前の問題解決をするには、

最高の1月節とも考える事ができます。

 

1月節の運勢と吉方位一覧表

 

それでは、今月1月節の運勢と吉方位一覧表を

ご案内いたします。

 

以上

 

それでは、1月節の運勢と吉方位を活用し

有意義な月にしていきましょう。

 

いつもありがとうございます(^▽^)/

Goodluck!

 

迷いを決断に変え、人生の富を10倍にする

天道象元開運鑑定事務所 主宰 天道象元

 

カテゴリー:1月節の運勢と吉方位,2019年,今月の運勢

2019年お年玉で運気アップ!無料ウェブ開運セミナー:九星気学の秘訣Vol.376

投稿日:2019年01月02日

謹賀新年!

 

 2019年己亥八白土星年

 明けましておめでとうございます!

 

 麗らかな朝日を浴びて2019年を迎えました。

 

 天道象元です。
 

 今年2019年は

 変化を受け入れ「臨機応変」をテーマに

常に自分自身の天運を指針として本質を見抜き
 

 新たな変革に果敢に挑戦して参ります。
 

 今年も、

 どうぞ、よろしくお願いします。
 
 

【2019年を支配する年運のポイント】

 2019年の己亥(つちのとい)の年
 

 「己(つちのと)」:過去に積み重ねてきた集大成

 

 「亥(い)」:核(コア)、軸、中心、本質
 
 という意味があります。

 

 まず今年の天の動きを表す
十干である「己(つちのと)」の字義

 

 今まで経験してきたことや

 積み重ねてきたものの中から
 

 不要なものを捨てて、削ぎ落す事をヒントとして行動します。
 

 また大地の動きを表す十二支「亥(い)」の字義からは

 

 最終的に存在している

 核(コア)、軸、志、本質を

 集大成として凝縮する事を感じ取る事ができます。
 
  宇宙の波動が人に与える影響力は

八白土星(はっぱく・どせい)

 

変化、改善、大変革です。

 

 

 

つまり、

 

この最も本質的で重要な核心をベース(土台)にして

 改善や大革新をしてチャレンジしていく年である事を

今年、宇宙の波動として読み取る事ができるのです。

 

今までの自分自身を基盤にして

新たな考え方や、生き方を模索し変化改善する

チャンスの年にしていきましょうね。

 今年の運気をアップし活用する3つのポイント

 

 2019年度の運気を活用し、人生の富を10倍にするためにはまず、
 

 1)自分自身の天命を知る

 

 

 2)今の波動バイオリズムに合わせ波に乗る

 

 

 3)良質の生命エネルギーを獲得する
 

 という3つのポイントを常に意識しながら

 仕事に熱く向き合い

 人に誠実に向き合い
 

 改善、改良、改革していき
 

 魂に深く刻み込まれるぐらいの

 印象深い一年にしていく事が大切です。

【お年玉プレゼント:無料ウェブ開運セミナー】

 

 昨年、ご案内した

2019年新春特別招福開運セミナー

すぐに満員御礼になってしまい

追加開催で平日コース企画も残席2名様となりました。

 

■平日コース:

2019年を読む!盛運・繁栄を招く「新春特別招福開運ライブセミナー」 (残席2名様)

 今回は開運セミナーに参加したいけれど厳しいという遠方の方やお忙しい方でも受講して頂けますように

 

 

今回は、お年玉プレゼントとして

吉方位(良質の環境の波動)を知り
楽しく旅行をするだけで

生命エネルギーを獲得し運気をアップする
方法について動画でお伝えいたします。

 

宜しければこちらから視聴予約して、2019年
大変革の年を乗り切るヒントとしてご活用下さい。

~「愛とお金を引き寄せ、幸せになる旅行風水」 無料ウェブセミナー~

 

 それでは今年2019年

 あなたの魅力に触れる全ての人たちが
ますます輝いていき

 その良質の生命エネルギーの波動が
世界の果てまで広がり

明るく楽しく喜びの人生になる事を
心から祈念しています。

迷いを決断に変え、人生の富を10倍にする
天道象元開運鑑定事務所 主宰 天道象元
 

カテゴリー:2019年,お年玉プレゼント,無料ウェブ開運セミナー

©Tendo Shogen

c