2月節行事の記事一覧

2019年2月3日節分は運気の大晦日・恵方は東北東:九星気学の秘訣vol.378

投稿日:2019年02月03日

E7AF80E58886E381A8E8B186E381BEE3818D-thumbnail2

【豆まきと恵方巻】

早いもので 今日は「節分」で豆まきですね。

 

 

2019年節分

今年の恵方巻は「東北東(寅の方)」を向いて食べましょう。

 

【節分と立春】


今回は、「節分」と「立春」についてお伝えしますね。



「節分」とは、読んで字のごとく季節の区切りです。



本来は

 

「立春」

 

「立夏」

 

「立秋」

 

「立冬」

 

の前日をすべて「節分」と言い、

年に4回あるわけですが、

近年では、このうち「立春」の前日だけを「節分」と言う用です。

【立春が今年の年運のスタート】

 

節分を経て明日は2月4日「立春」となり、

いよいよ2019年度の運気がスタートします。


立春も
小寒、大寒や雨水、啓蟄などともに月に2回変わり目があり

二十四節季の一つです。

 

【二十四節気】

 

 

ritu-thumbnail2

 

これは太陽の動きを正確に観測し、

冬至や春分点を定め、

その間を等分したものです。

 



つまり、

「節分」は地球から見た太陽の動きを計測した

天体観測値を基に定められたものです。

 



一般に「節分」と呼ばれている日は、

厳密には春の「節分」ですね。

 



「節分」とは「季節の区切り」であり、

「暦の上で各季節が終る日」のことです。

 



つまり、

「暦の上で各季節が始まる日」である、

 

「立○」(○=春夏秋冬)の前日は全て「節分」

 

ということもできるのです。 



そして、

そのうち「立春」の前日である春の「節分」のことを、

一般には単に「節分」と呼んでいるわけです。

 


(「春」の1つ前の季節である「冬」が終る日のことを「春の節分」呼ぶので、

混乱しないようにしてくださいね。)

 

 

24sekki-thumbnail2

 

いずれにしても、

「節分」は、太陽の動きそのものを基準としていますので、

我々の生活や心構えの上においても「節」として、

けじめのタイミングとしているのですね。


また、古(いにしえ)より中国には、

「立春」を元旦とする暦があり、

九星気学や干支を「節分」で区切るのも、

この「立春」正月の考え方から出ているものです



何気なく言われている

 

「節分」や「立春」には長い歴史の中での行動統計学として、

天体の動きと我々の生活が密接にかかわっている

ことが御理解いただけたと思います。

 

【九星気学は帝王学】


 実は、

九星気学もこの太陽の動きを基準とした

 

季節の巡りと「運気」の循環とバランスを

体系的に法則化した統計学であり秘伝の運命学なのです。



 その昔、

中国では帝王等、

日本でも貴族や将軍等の支配層だけが知る帝王学だったのです。

 

 日本では徳川家康、松下幸之助翁が九星気学を活用していましたし、

アスリートではアメリカのメジャーリーグ、マリナーズと契約し

渡米の時期を九星気学で鑑定し、節分前に渡米したのは有名な話です。

 

 

E69DBEE4B88BE5B9B8E4B98BE58AA9E7BF81-thumbnail2

このように、

現在でも繁栄と存続を望む心ある経営者や政治家、成功しているリーダー達は、

密かに九星気学をバックボーンとして学び実践しているのです。

 

【動画視聴版:2019年新春特別招福開運セミナー】



 この「立春=新年」から、即行動し、

2019年を実り豊かな一年にできるように

天地自然の法則を体系化した学問「九星気学」による

「2019年新春特別招福開運セミナー」を開催しました。



 先月1月19日(土)と22日(火)弊社品川オフィスにて、

今年の「気エネルギー」を活用して幸せを引き寄せる「新春特別招福開運セミナー」でした。



今年は、「大変革」の年です

何があっても動揺せずに、しっかりと人生を歩むためには羅針盤が必要です。-



今年の運気を知り、あなたの「気エネルギー」の活用方法を確認してはいかがでしょうか。

先ほどお伝えしましたように、

九星気学で言う、「新年」は節分の翌日2月4日「立春」からスタートします。



この、開運セミナー動画をご視聴いただきますと

あなたの本命星に従い、正しい行動をして、

望む結果を得るための、2019年の動き方を知ることができます。

2月10日(日)まで早割動画視聴料金でお申込みいただけます。

「2019年度 新春特別招福開運セミナー」動画視聴のお申込みはこちら↓

 

 

 

カテゴリー:2019年,2月節行事,節分

九星気学の秘訣Vol.42 「節分」恵方巻き・裏の意味

投稿日:2016年02月03日

Fotolia_99384459_XS

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

全国のツイてる皆様、こんにちは!

今日は、暦の上では「春の節分」です。

 九星気学的には平成27年度の大晦(おおみそか)で、明日から立春平成28年度の運気がスタートします。

 

bcaf19c3

 

 

 節分と豆まき

 昔から節分の日は、「豆まき」をして邪気や鬼を追い払い立春から新しい良い運気を獲得し、無病息災、家内安全、を願う風習となっていました。

「豆まき」は九星気学的にも、鬼門(きもん)と言って、
自宅の東北方位から、八方位に向かって炒った大豆を

「鬼は外、福は内」
といって豆をまくことで、厄をはらい難を除ける行事として伝承されてきました。

 

恵方巻き

 

Fotolia_99384492_XS

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

最近では「恵方巻き」を食べる習慣が広く行われていますが、企業の魂胆が隠れしているのを見え隠れしているのを知りながら、楽しいイベントとしてマスコミでも大きく取り上げられる日です。

 春の節分とは、立春の前日に豆まきをして無病息災、家内安全を願う、昔からある日本の習慣であるのはご存じのとおりです。

 その節分の夜にその年の恵方に向い、目を閉じて一言も喋らず、願い事を思い浮かべながら、太巻きを丸かじりする習わしがルールのようになっています。

 

恵方巻きの裏の意味(由来)

この行為は、関西方面の風習で、御利益がある、とてもありがたい習慣かと思っていたら・・・

実は、歴史は浅くて、
大阪のお寿司屋さん(海苔屋)が始めたそうなんです。

 それはなんと、花柳界の芸者や遊女たちが、

節分に「だんなさまの◯◯◯」に見立てた新香巻きを食べた習慣からヒントを得て、その形の海苔巻きを作り、

恵方に向いて食べると幸運が来るとPRをしたのが始まりだったのです。

B81y5ymCAAAZpf5

 

 節分の日に家庭で家族団らんしているだんなさまが遊びに戻ってくるようにと、その年の恵方位を向き「◯◯◯」に見立てたものを食べる習慣を、企業が、色々な習慣と一緒にして、さも御利益があるようにしたんですね・・

Fotolia_78942751_XS

 

 

 

 

 

 

 

 

全国的に広まってしまっていますが、考えてみれば・・

 大人も子供も、男女問わず、「男性自身」をイメージして出来たものを咥えてる姿はすごく怖くて、この事を知っている人は苦笑いしてしまいます(^o^)

由来も調べずに、当り前の習慣のように受け入れてしまうことに「これは、いかがなものかなぁ・・・」この由来を知った時に思いました。

 だから、コンビニやお寿司屋で、恵方巻きの予約をしているのを見ると・・・

 ものすごく罪なことしてるなと思うんですけど、
大手企業も参入している市場だから、もう「旦那さまの○○○」という由来は表に出てこないでしょうね。

 今年は申年だけに

「見ざる、言わざる、聞かざる」

の方が良いのかもしれませんね。

Fotolia_75618534_XS

 

 

 

 

 

 

 

 

おいしく食べよう恵方巻き

でも私は、それを知っていながらも、太巻きが大好きなので、今晩も食べやすく切って頂こうと思います。

 だって、恵方を向いて食べても、御利益があるわけではないのですからおいしく食べたほうが良いと思うからです。

 それでも、ありがたみを感じながら食べることは
素晴らしいことなのかもしれませんね。

 いずれにしても、節分や立春が季節の区切りとして、
生活の中に根付いていることは大変喜ばしいことです。

 さあ、明日から立春です。

 いよいよ2016(平成28)年度丙申(ひのえ・申)二黒土星(じこく・どせい)の年運が本格的にスタートします。

 女性性が大活躍し、「継続発展」をキーワードに有意義で楽しい一年を創り上げていきましょう。

 春はもうすぐ、そこまで来ていますよ。

 あなたも、「吉方位旅行」をして天運を味方につけて佳き年にしてくださいね。

 追伸:2016年を読む!特別開運招福セミナー 
 動画ファイル及びDVDお申し込みはこちらからどうぞ!

 

カテゴリー:2月節行事,恵方巻き,節分

©Tendo Shogen

c