先祖供養の記事一覧

秋のお彼岸を心豊かに過ごす知恵:九星気学開運鑑定Vol.397

投稿日:2019年09月21日

今月2回目の三連休が始まり、

各地でイベントが開催されお出かけになる方も

多いのではないでしょうか?

 

昨日20日(金)は秋のお彼岸の入りを迎えました。

 

23日(月・祝)はお彼岸の中日で秋分の日となり祝日です。

 

26日(木)が彼岸の明けとなり、ご先祖様が

天空の世界にお戻りになる日となります。

 

今回は、お彼岸について考えて目には見えない

ご先祖様とのつながりを考えてみたいと思います。

 

9/24(火)ラックパワー・ランチ会開催

連休明け9月24日(火)にラックパワー・ランチ会を企画いたしました。

開運セミナーとは趣を変えて、美味しい軽食を食べながら

金運獲得法や運気アップのコツを楽しく語り合うランチ会です。

あと1名様で満員御礼ですが

下記の通り開催いたしますのでご興味がある方は

お早めにお申し込みくださいませ。

■美味しく楽しく金運アップ!
元気になるラックパワー・ランチ会

 

開催日時:9月24日(火)11:45~13:30

会  場:品川ホテル・天空のレストラン

     ※JR品川駅高輪口徒歩5分 

参加費:3,500円(食事代含)

定 員:6名様 ※あと1名様で満員御礼

以上

 

ご参加をお待ちしております。

お彼岸を心豊かに過ごす知恵

お彼岸は春分、秋分の日を中日とした前後3日間ずつを指します。

明後日9月23日(月・祝)は秋分の日です。

 

ここの所、千葉県房総地域等で台風の影響で悪天候による被害が

あり大変でしたが秋分の日の天気はどうなるでしょうか?

 

 そんな時ではありますが

路肩に目をやると各地で綺麗に咲きそろっている彼岸花も雨に濡れ、

鮮やかな赤色が目の前を明るくしてくれています。

 

秋分の日の意味

 

さて、「秋分の日」の意味をご存知でしょうか?

秋分の日は「祖先を敬い亡くなった人を偲ぶ日」
として制定されました。

そもそも、明治時代に「秋季皇霊祭」いと言い
「祖先をまつる日」として一般に広まりました。

 

秋分の日は昼夜の差がほぼ等しく、

この日を境に段々と夜が長くなってきます。

 

今日は、雨で肌寒く上着や、羽織るものが必要ですが

これから一雨ごとに過ごしやすい気候になってきます。

 

秋分の日が祝日なのはなぜ?

 

明治時代には、歴代の天皇、皇后、皇親の霊を祀る儀式
「皇霊祭」がありました。

 

春には春季皇霊祭、秋には秋季皇霊祭があり、
昭和の時代になってから春分の日、秋分の日として
共に祝日に制定されました。

 

一般的にもお彼岸には

お墓参りをして先祖供養をする習慣になったようです。

 

春夏秋冬の四季の巡りの中で、

春分と秋分は祝日なのに
夏至と冬至が祝日になっていないのは、

こういった日本文化の歴史に理由があったのです。

お彼岸は年2回ある

 

お彼岸は

3月の「春分の日」

9月の「秋分の日」の前後3日間の計7日間です。

 

年に春と秋の2回あるお彼岸では、それぞれの初日を
「彼岸の入り」、終わりの日を「彼岸明け」といい

春分の日・秋分の日を「中日」といいます。

 

お彼岸のタイミングはその年ごとに変わります。

 

春と秋それぞれ月の中旬過ぎが一般的にで
3月は20.21日ごろで9月は22.23日頃が目安となります。

 

お彼岸の時期には季節の変わり目で安定した気候になる

のが今までの傾向でした。

 

お彼岸の意味

「彼岸(ひがん)」本来の意味としては

煩悩を脱した悟りの境地のことを言います。

 

三途の川をはさんで、
私達の住んでいる世界を此岸(しがん)といい、
向こう側(仏様)の世界を彼岸(ひがん)というのです。

 

彼岸は「パーラミター波羅蜜(はらみつ)」という
梵語(ぼんご)の漢音写で「到彼岸(とうひがん)」と訳されます。

 

「此の迷いの岸(東)である現実の世界から、
彼の悟りの岸(西)である仏の世界へ到達する」

という意味でもあります。

 

そこでお彼岸には「悟り」をひらけるように
仏道修行の期間という意味合いもあり、

普段仏道修行をしていない人達も彼岸の期間中は、
西の太陽に祈りを捧げ煩悩を払っていたようです。

 

現在でも彼岸会や法要を行う寺院は多く
檀家同士で集まり先祖を供養しお墓参りします。

 

国民祝日に関する法律では、

 

・春分の日=「自然を讃え、生物を慈しむ」

 

・秋分の日=「先祖を敬い、亡くなった人を忍ぶ」

 

となっています。

 

お彼岸に西に向かって拝むのはなぜ?

 

春分の日と秋分の日の中日は、
太陽が真東から出て真西沈む日です。

 

この日に夕日を拝むのは
西にある浄土に向かって拝むことになる
と言われています。

 

そのため、この行いは功徳があると
言われています。

 

「暑さ寒さも彼岸まで」と言われる通り
お彼岸が来ると最も過ごしやすい季節になります。

 

天気が良い日は美しい夕日を拝みながら、
ご先祖様が極楽浄土へ昇天できるよう西に向かって拝礼しましょう。

 

%e3%81%8a%e8%90%a9

9月23日秋分の日の過ごし方

 

最近のご家庭では、あまりやる方が少なく
なってきたようですが、当家では

お墓参りや自宅の仏壇におはぎを備えて、
先祖供養を致します。

 

ちなみに、同じおはぎでも季節によって
呼び方が違います。

 

春はぼたもち(牡丹餅)

秋にはおはぎ(お萩)と言います。

 

季節の植物の違いが定説のようですが
その他にも様々な説があるようです。

 

まとめ

いずれにしても、お彼岸は自分の命が
この世に誕生して、生かされている事に
感謝を込めて先祖を供養して、次の世代へ
見えないモノを見る力を伝えていきたいものです。

台風の被害で千葉県房総地域は甚大な被害がありました。

台風や風雨への備えとともに、寒さへの備えをして
有意義な秋分の日をお過ごし下さい。

 

迷いを決断に変え、想いを実現する

天道象元開運鑑定事務所
 主宰 天道象元

■迷いを決断に変え、生まれ変わる人生を提案する

個別鑑定はこちらからどうぞ!

個別鑑定予約フォーム

 

カテゴリー:2019年,九星気学,先祖供養,四季の生活の知恵

2018年3月21日春分の日・春の彼岸:九星気学の秘訣Vol.356

投稿日:2018年03月21日

higan_kansya.jpg

春のお彼岸の中日

今日は、春のお彼岸の中日です。

関東地方では気温が2度で冷たい雨や一部では雪が降りました。

今回は「お彼岸の意味」をテーマにお話しいたします。

一事が万事心次第

私たちは「心」の持ち方で開運し人生を豊かにすることができます。

今日お伝えするのは日常の生活の中で、ご先祖様に感謝して子孫繁栄する簡単な方法です。

今日のお彼岸の中日はご先祖様を大切にする事、感謝する事で子供達に命の大切さを伝える事ができます。

心が変わると行動が変わり、周りが変わり、幸せな人生の基盤ができてきます。

一事が万事、「心」次第で人生が豊かになります。
******************

 「お彼岸の意味」

今日は私も家族で御墓参りをして先祖供養をして参りました。

彼岸(ひがん)とは、煩悩を脱した悟りの境地のことを表します。

煩悩や迷いに満ちたこの世をこちら側の岸「此岸」(しがん)と言うのに対して、向う側の岸「彼岸」といいます。

「彼岸会(ひがんえ)」は、雑節の一つで、春分・秋分を中日とし、前後各3日を合わせた7日間のことです。

またこの期間に行われる仏事のこともあります。

暦の上では最初の日を「彼岸の入り」、最後の日を「彼岸明け」といっています。

俗に、中日に先祖に感謝し、残る6日は、悟りの境地に達するのに必要な6つの徳目、六波羅蜜を1日に1つずつ修めるためとされています。

 

souryo.jpg

 

彼岸の由来

お彼岸の由来について説明します。

春分と秋分は、太陽が真東から昇り、真西に沈むので、西方に沈む太陽を礼拝し、遙か彼方の極楽浄土に思いをはせたのが彼岸の始まりです。

 

もとはシルクロードを経て伝わった、

生を終えた後の世界を願う考え方に基づいています。

心に極楽浄土を思い描き浄土に生まれ変われることを願ったもの、例えば念仏等と理解されているようです。

しかし、その昔、天皇の詔として始められた行事でしたが、いつの時代も人として、生を終えた後の世界への関心の高いことは同じで、いつの間にか生を終えていった祖先を供養する行事として定着するようになりました。

 「ぼたもち」と「おはぎ」

botamoti.jpg

また、一般的にお彼岸に供え物として作られる「ぼたもち」と「おはぎ」は同じものです。

ご存知のように炊いたもち米を軽くついてまとめ、分厚く餡で包んだ10cm弱の菓子として作られるのが一般的です。

これらの名は、春の彼岸の頃に咲く牡丹から「ぼたもち」と言われ、秋の彼岸に咲く萩(秋)に由来して「おはぎ」と言うという説もあります。

同じものでも、季節の花に例えて表現を変えていく・・・

これぞ日本人の繊細な感性ですね。

今日はご先祖様に感謝する一日にしていきたいと思います。

*****************

 ちなみに

明日の午後から、気温が18度と急激に上昇するようです。

 

  「暑さ寒さも彼岸まで」という格言の答え合わせにもなりますね

 

それでは、月末に向かって明るく元気に喜んで楽しんでいきましょう!

いつもありがとうござます!

 

開運の専門家 天道象元

カテゴリー:2018年,お墓参り,先祖供養,春の彼岸

九星気学の秘訣:いのちの理由(動画編)Vol.307

投稿日:2017年08月17日

全国のツイてる皆さん、おはようございます!

 

雨のお盆休みが明けましたね。

 

関東地方の7月は猛暑でしたが、8月に入ると台風の影響もあり40年ぶりの記録的な雨続きでお盆休み後半は10月並みの気温でした。

 

あなたのお盆休みはいかがでしたか?

 

【命の誕生について考える】

 

私は、お盆は先祖供養を含め、「命の誕生」について考えました。

 

開運コンサルタントという仕事柄、誕生日について常に研究しています。

 

季節と誕生日のデーターからある一定の傾向がある事がわかりました。

 

【季節と誕生日の傾向】

 

統計学的に、日本人の誕生日の傾向は9月生まれが圧倒的な一位です。

 

そして7月、8月生まれが続き夏から秋に集中しているのです。

 

夏から秋に向かい、太陽の力を享受して新たな命が誕生しているようにも感じます。

 

さて今日は「命」をテーマに、自分の命について考えてみたいと思います。

 

何年か前にフト、心の琴線に触れた、さだまさしさんの「いのちの理由」をご紹介します。

宜しければ聞いてみて下さいね。

【いのちの理由:動画】作詞作曲:さだまさし

(音が出ますのでイヤフォンをご利用ください)

 

【いのちの理由:歌詞

 

私が生まれてきた訳は

父と母とに出会うため

 

私が生まれてきた訳は

きょうだいたちに出会うため

 

私が生まれてきた訳は

友達みんなに出会うため

 

私が生まれてきた訳は

愛しいあなたに出会うため

春来れば花自ずから咲くように

秋くれば葉は自ずから散るように

 

しあわせになるために誰もが生まれてきたんだよ

 

悲しみの花の後からは喜びの実が実るように

 

私が生まれてきた訳は

何処かの誰かを傷つけて

 

私が生まれてきた訳は

何処かの誰かに傷ついて

 

私が生まれてきた訳は

何処かの誰かに救われて

 

私が生まれてきた訳は

何処かの誰かを救うため

 

夜が来て闇自ずから染みるよう

朝が来て光自ずから照らすよう

 

しあわせになるために誰もが生きているんだよ

 

悲しみの海の向こうから喜びが満ちて来るように

 

私が生まれてきた訳は

愛しいあなたに出会うため

 

私が生まれてきた訳は
愛しいあなたを護るため

 

以上

 

今生きているという事は、何か意味があってこの世に誕生しています。

 

そして、先祖や両親、兄弟、姉妹、師匠、友人等多くのかたのご縁のお陰で生かされているのですね。

 

全てのご縁に感謝して、自分の人生を全うして生きたいものですね。

 

あなたにも、良い事がシャワーのように降り注ぎますように(^_^)

 

Goodluck!

 

迷いを決断に変え、想いを実現する
帝王気学・開運コンサルタント
天道象元(てんどうしょうげん)

追伸:あなたのいのちの理由が知りたい方はこちらからどうぞ!

【迷いを決断に変え、想いを実現する開運鑑定】

  

#いのちの理由 #誕生日 #お盆 #先祖供養 #徳積み # 開運

カテゴリー:2017年,九星気学,先祖供養,徳積み,親孝行

九星気学の秘訣Vol.4戦争と平和を考える

投稿日:2014年08月15日

おはようございます!
社長の迷いを決断に変え、成功と幸せに導く九星気学鑑定師 天道象元です。
今日は終戦記念日ですね。
私も戦争を知らない世代ですが、我が国日本を守るために犠牲になられた多くの英霊達の昇天を祈りたいと思います。

 

二度と戦争をしない国でありますように・・・

 

今日は「開運の秘訣Vol.4 戦争と平和を考える」
をテーマに投稿致します。

 

また、私の大好きな相田みつをさんの詩「ひぐらしの声」をご紹介したいと思います。

 

■□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

今日69年目の終戦記念日を迎えました。

 

そして戦争、戦災戦没者慰霊祭が各地で行われます。

 

二度とあのような戦争を起こさない為にまた、尊い命を犠牲にして亡くなっていかれた英霊たちの御霊に心を手向ける大切な日です。

 

このブログをお読み頂いている方々におかれましては様々な信念をお持ちの方がいらっしゃるとは思いますが、私も日本人の一人として心から合掌を致します。

 

t02200380_0489084412773970391

 

 

 

 

 

 

 

 

 

難しい事はよくわかりませんが、戦争の悲惨さや、失うものの大きさや悲しさ、苦しみは計り知れないものであり、子々孫々まで語り継ぎ、過ちを繰り返さない様に伝承していく事が大切かと存じます。

 

今日は私の大好きな、相田(あいだ)みつおさんの詩「ひぐらしの声」をご紹介させて頂きます。

 

 

相田みつをひぐらしの声 

 

 
「ひぐらしの声」

 

 

ああ 今年も

ひぐらしが鳴き出した

 
ひぐらしの声は

若くして戦争で死んだ

ふたりのあんちゃんの声だ

 
そして

二人のあんちゃんの名を

死ぬまで呼びつづけていた

悲しい母の声だ

 
そしてまた

二人のあんちゃんのことには

ひとこともふれず

だまって死んでいった

さびしい父の声だ

 
ああ今年も

ひぐらしが鳴き出した

         みつお

 

 

いかがでしたか?どんな事をお感じになりましたか?

 

私は、ある時は、親として、またある時は子供として、世代をつなぐ一人の人間として、この詩から感じた事を大切に生きていきたいと思います。
そして、いつの日かあなたと語り合いたいと思います。

 

■□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

戦争記念日は「戦争の恐ろしさ」と「平和のありがたさ」について考え、次の世代にバトンを渡す為の大切な日です。

 

我が家でも戦争と平和をテーマに「人間には欲望があり、その欲を認めコントロールするために理性や教育がある」という事を話し合いました。

 

戦争の恐ろしさや平和のありがたさを次の世代に伝え、物心共に豊かな日本にしていきたいと思いますがいかがでしょうか?

 

それでは、
あなたにも良いことがシャワーのように降り注ぎますように・・・
いつもありがとうございます。
Good Luck!
  

社長の迷いを決断に変え、成功と幸せに導く

 九星気学鑑定師  天道象元

 

◆大富豪の秘伝!「初めてのワクワク九星気学講座」プレセミナー

天道象元_初めての九星気学講座

 

カテゴリー:8月の運勢,今月の運勢,先祖供養,帰省,徳積み,開運

九星気学の秘訣Vol.2 帰省して開運する方法

投稿日:2014年08月13日

こんにちは!

 

社長の迷いを決断に変え、成功と幸せに導く九星気学鑑定師の天道象元です。

 

今日8月13日は旧盆の入りですね。

 

夏休みに地方に帰省をされる方も多いと思います。

 

この機会を活用して開運する方法をお伝えしますね。

 

今日の開運の秘訣のテーマは

 

~帰省して開運する方法~

 

です。

 

■□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

吉方位への旅行は生年月日により吉方位を定め、旅行をすることにより良い気(エネルギー)を補充し、新たなる活力を得る方法として知られています。

 

しかし、吉方位でなくてもある行動により開運する方法があります。
それが・・・・

 

 

「徳積み(とくづみ)」

 

 

です。

 

具体的には、「親孝行」やお墓参り等の「先祖供養」また、今まで頂いた恩を返したり報いる事や人の喜ぶ事を積極的にさせて頂く事です。

 

自分の欲得ばかりを考え「徳積み(とくづみ)」が出来てない人は、「恩積り(おんづもり)」現象が現れ様々なトラブルや災難に見舞われる事が多いようです。
実はこのトラブルや災難はあなたの精神性の向上を促す天からのメッセージです。

 

これを未然に解消する方法が、「徳積み(とくづみ)」と言われる方法です。

 

お彼岸・お墓参りイラスト

 

 

 

 

 

 

 

 

 

親御さんや親族は帰省をしたあなたの顔を見るだけでも喜びますよね。

 

「親孝行」等の親が喜ぶ事は素晴らしい「徳積み」です。

 

また、すでに親御さんがいないのであれば、ご先祖様のお墓参りも大きな「徳積み」になりますね。

 

つまり、この帰省は「親孝行」や「お墓参り」という「徳積み」をして、開運する大きなチャンスなのです。

 

結果として何らかの効果を期待するものではありませんが、気持ちが素直になり、ある瞬間ホッと心が安らぎます。

 

心も洗われて、大いなるものからのメッセージを受け取りやすくなります。

 

高速道路が大渋滞するほど帰省ラッシュになるのも、多くの方々の魂がこの事を無意識に感じ取っているからだと思うのですがいかがでしょうか?

 

まだまだ、日本も捨てたのものではありません。

 

御先祖様に感謝をして敬い、大いなるものへの畏敬の念を持つ方も多く存在している事に安堵する今日この頃です。

 

是非とも、夏休みを利用して「徳積み(とくづみ)」する事をおススメ致します。

 

きっと、お仕事も気持ち良いスタートが切れると思います。

 

お疲れになるでしょうが、8月の盆帰りを有意義にお過ごし下さいね。
■□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
ではまた次回、開運の秘訣をお伝えさせて頂きますね。
いつもありがとうございます。
天道象元

 

追伸:初めての方を対象に「帝王学・九星気学講座」を開催致します。

    詳細はこちらからどうぞ!

◆大富豪の秘訣!「初めてのワクワク九星気学講座」プレセミナー

天道象元_初めての九星気学講座

 

カテゴリー:お墓参り,九星気学,九星気学講座,九星気学鑑定公式ブログ,先祖供養,初心者,帰省,徳積み,気学セミナー,祐気取り,親孝行,開運,開運情報

©Tendo Shogen

c