一陽来復の記事一覧

九星気学の秘訣Vol.24 :12月節の運勢と吉方位

投稿日:2014年12月05日

2014年度12月節の運勢と開運方位
全国のツイてる皆様、こんばんは!天道象元です。
 
いよいよ、年の瀬12月師走ですね。
 
一年という月日の流れの早さを年を重ねる事に強く感じます。
 
さて、2015年度新春特別開運セミナーへの一般早割お申し込みを開始致しました。
お陰様で11月末日で一旦満員御礼となり一旦締め切りましたが、多数のキャンセル待ちの方々がいらっしゃいましたので
大きな会場に変更し増席いたしました。
つきましては本日から12月31日(水)締切そして残席6名様限定でお得な早割受付を開始致しました。
お早目のお申込みをお勧めします。
 
但し満席の場合は参加不可の場合があります事をご了承下さいませ。
 
 
2015年度初めての新春特別開運セミナー
 
■正式お申込み及び詳細確認はこちらからどうぞ!
ちなみに今月22日は「冬至」ですね。
 
毎年九星気学講座の中でこの時期にお伝えしていますが大昔は「冬至」が一年の始まりであった事をご存知でしょうか?。
 
冬至の日は太陽が最も弱い陽になりますが、冬至から後は光と熱を増してきます。
 
この、大宇宙の動きから「冬至の日」を「一陽来復」の日として未来への希望をつなぐ日とされました。
 
農耕民族である日本の先人たちは太陽の明るさや暖かさは何物にも代えがたい有り難いものとして
穀物の成長には絶対的に必要な自然現象でした。
 
気学的にも「冬至」は陰陽が交代する分岐点として人々は陰陽の定まるまで静かに待ちました。
 
一切の仕事を止めて休息し、旧年の邪気を払い、太陽の復活と主に新しい生活への門出にしたのです。
 
現在のように実質的な暖かさの復活である立春を新年の始まりと改めた漢の武帝の時までは、「冬至」が新年の始まり
であった理由はこのような理由があったからなのです。
 
いずれにしても、一つの節目である「冬至」の日の意味を知り、豊かな日本文化を子孫に伝えていきたいものです。
 
 
 今月12月節の丙子(ひのえ・ね)七赤金星(しちせき・きんせい)月は来週12月7日(月)から運気が始まります。
 
まずは、今月の大凶方位をお伝え致します。
 
今月の万人にとっての大凶方位は東(五黄殺)と西(暗剣殺)そして南方位(月破)です。
 
ご自宅から見て、この方位への行動やご縁にはご注意いただき、危機管理としてご活用下さい。
 
それでは、今月の運勢と吉方位等開運情報をお伝え致します。
 
今月の運気を活用し天を味方につけて明るく楽しく、心豊かな人生を創り上げて行きましょう。
 
~☆~☆~☆~☆~こちらの開運メールでは事前に吉事と凶事を知り、
対策を練って発展、防御できますようポイントをお知らせしています。
 
※12月節:丙子(ひのえ・ね)七赤金星(しちせき・きんせい)は12月7日(月)14:04から翌1月6(日)1:21まで
 


t00600060_0060006012727294814【一白水星】
大7・昭2・ 11・20・29・38・ 47・56・平2生

過去の行動を見直し変化、改善を心がけべき月。
迷いを決断に変えて前向きに進むべし。
低姿勢を心がけ人間関係を改善して吉運を獲得。

▲吉方位無し

 

t00600060_0060006012727294813【二黒土星】
昭1・10・19・・28・37・46・55・平1・10生

過去の行動によリ明暗が別れる月。
落ち着いて行動せよ。
離職、転職は凶。健康面では心臓、血圧、持病の再発注意。
印鑑押印にも要注意。

▲吉方位無し

 

t00600060_0060006012727294815【三碧木星】
大14・昭9・18・27・36・45・54・63・平9生

現状維持を心がけ堅実に行動する月。
部下や子供の問題は早期に丁寧に対応し解決する事。
健康面では身体を冷やさず風邪を未然に防ぎ吉。

◎西南大吉方位:営業成立運

 

t00600060_0060006012727294431【四緑木星】
大13・昭8・17・26・35・44・53・62・平8生

気持も新たに運気回復の兆し。
奉仕の精神を元に行動し信用を獲得すべし。
家族と親睦を深め、親孝行が難を避け新年を迎える喜びとなる。

▲吉方位無し

 

t00600060_0060006012739535201【五黄土星】
大12・昭7・16・25・34・43・52・61平7生

気持ちも晴れ晴れ、活発に行動できる月。
但し、過去の行動によリ明暗両面が表面化するので注意。
「短気は損気」を自覚し、一呼吸置いて吉。

▲吉方位無し

 

t00600060_0060006012727294430【六白金星】
大11・昭6・15・24・33・42・51・60・平6生

運気は強いが、気持ちが焦りがちなので詐欺に注意する事。
また、争う事を避け、周囲の意見を聞いて行動。信頼関係を作ることを心がけよ。

◎東北大吉方位:一発逆転運

 

t00600060_0060006012741443036【七赤金星】
大10・昭5・14・23・32・41・50・59・平5生

今までの努力と行動の結果が出る月。
過信すること無く謙虚に対応せよ。
初心忘るべからず。
他の意見に耳を傾け和合の事。
家の増改築厳禁。

▲吉方位無し

 

t00600060_0060006012742285154【八白土星】
大9・昭4・13・22・31・40・49・58・平4生

やる気があっても自信過剰に注意。
気持ちを引き締め自制心を持って現状維持。
謙虚な姿勢が信用の元。
体調管理に充分気を配り年越しの事。

▲吉方位無し

 

t00600060_0060006012742285153【九紫火星】
大8・昭3・12・21・30・39・48・57・平3生

口論、争い事に気をつけ自重する月。
心身共に疲労気味。
休養して元気回復する事。
新規事は先送りが無難。
財布の紐を締めて新年を迎えて吉。

◯西南小吉方位:営業成立運

それでは、12月師走の運気を活用し、楽しく今年の有終の美を飾って下さいませ。

いつもありがとうございます。

九星気学鑑定師
天道象元

カテゴリー:12月の運勢,2015年度,一陽来復,七赤金星,冬至,帝王学,新春特別開運セミナー,気学セミナー,開運,開運情報

©Tendo Shogen

c