女性版帝王学の記事一覧

三方よしの商人哲学を学ぶ経営者セミナー開催:九星気学の秘訣Vol.354

投稿日:2018年02月20日

 今日は昨日の二十四節季「雨水節」を経て、少し暖かく過ごしやすい一日でした。

 

少しづつ春の足音が近づいているような気候でしたね。

 

 さて、

先日経営者を対象に三方よしの経営者セミナーを開催しました。

 

社会システムの変容に伴い、激しく減少していく

中小零細事業者が生き残るコツがあります。

そのキーワードが「三方よし」という商人哲学(王道)です。

「三方よし」の王道

 

 

「三方よし」とは、

 

①買い手良し

 

②売り手よし

 

③世間良し

 

という3つの立場の方々に、

相応の利益がある近江商人の経営哲学の事です。

 

古くは、江戸時代から明治時代にかけて

全国を飛び回り活躍した近江商人の商人哲学

であり、商売繁盛し存続する為の王道です。

 

商人十訓

 

 

近江商人は、この「三方よし」以外にも

いくつかの教えを残しています。

 

商人の心得として伝承してきた

十の教訓についてお伝えしました。

 

①商売は世の為、人の為の奉仕にして、

   利益はその当然の報酬なり

 

商売や事業を経営して「利益を得る」

こと自体は悪いことではありません。

お客様から頂く対価以上の奉仕や貢献をして

価値を創造しているのであれば、利益を得る

ことができて当然です。

お客様に与えた、商品やサービスの対価として

感謝と共に喜んでいただく事が大切です。

 

②店の大小よりも場所の良否、

場所の良否よりも品の如何

 

 外から見えるお店の外観や立地など、

上辺やイメージだけを重視しすぎ、

商品やサービスの質を落としては

いけないという意味です。

 表面的な部分が良かったとしても、

品質が悪ければその店は淘汰されます。

 

 反対に見た目が悪くても良い品質の商品

を販売する事で、商いを存続する事ができます。

 

③売る前のお世辞より売った後の奉仕、

これこそ永遠の客を創る

 

 現代の「アフターサービス」や「フォロー」の事です。

  販売や営業が得意な人や会社もあるでしょう。

 

 しかし、繰り返し購入して頂くためには

「買った後の奉仕」が大切です。

 

④資金の少なきを憂うなかれ、

信用の足らざるを憂うべし

 

資金が尽きそうになった時にも

重要なのは「信用」です。

 

信用がなければお金を借りる事

さえできません。

 

 いくら大金を持っていたとしても、

信用がなければ砂上の楼閣のように

商売や会社自体が崩れ去ってしまいます。

 

信用は一朝一夕で得られるものではありません。

ひたすらコツコツと真摯に取り組んでいくことで、

信頼関係が構築されていきます。

 「信用」こそ会社存続の要諦なのです。

 

⑤無理に売るな、

客の好むものも売るな、

客の為になるものを売れ

 

お客様が

欲しいと思っているものを販売する

ことの何が悪いのでしょうか?

 

それは

お客さんの要望に全て答えてしまうと、

都合の良い「なんでも屋さん」になる

恐れが出てきます。

 

すでにニーズが顕在化しているので、

それをつくれば売上は上がると

考えるかもしれませんが

 

プロとしての知識やスキルを活かして、

本当にお客さんのためになるものを

考えていく必要があるのです。

 

そもそも、

お客さん自身が気づいていなかった

潜在ニーズを刺激する商品やサービスをつくる方が

、爆発的ヒットが生まれる可能性も高くなるのです。

 

⑥良きものを売るは善なり、

良き品を広告して多く売ることはさらに善なり

 

「三方よし」の精神があれば、

 

「多くの買い手に対して、

お役に立つ商品を売りたい。

 

そのためには少しでも安く

提供する必要がある」

 

という考えに至ることでしょう。

 

 最近では、

良いものを価格に見合えば

高値で買う消費者が

増えています。

 

しかし

「良い商品を安く買える」

事が本来ならば買い手の幸せであり、

また、売り手の幸せであるべきだ

という意味です。

 

⑦紙一枚でも景品はお客を喜ばせる、

つけてあげるもののないとき笑顔を景品にせよ

 

「商品だけではなく、付加価値をつけて提供しよう。」

という意味です。

 

例えば、購入のタイミングで

プロならではの商品の使い方や、

サービスの活用方法等をさりげなく

お伝えすることで、信頼関係の第一歩を

踏み出すことができる事でしょう。

 

⑧正札を守れ、値引きは却って

気持ちを悪くするくらいが落ちだ

 

元の値段がそれで適切なのかを、

世に出す前にしっかりと

考える事が重要です。

 

商品を購入する際、

バーゲンばかりしている

お店を信用できますか?

 

値下げをしなければ

売れないような商品では、

価格設定の段階から

間違っているのではないでしょうか?

 

⑨今日の損益を常に考えよ、

今日の損益を明らかにしないでは、

寝につかぬ習慣にせよ

 

お客さんの満足度をはかるには、

会計を見るのが一番確実です。

 

また、①にあったように、

お客さんのために奉仕をして

はじめて利益を得られるのですから、

損失が出ている場合は

 

「本当にお客さんのために動くことができているか?」

 

「手を抜いていないか?」

 

等を振り返り、反省して改善に努める必要があります。

 

⑩商売には好況、不況はない。

いずれにしても儲けねばならぬ

 

「好況不況は言い訳に過ぎない」 ということです。

 

商売を続けていくためには常に儲け続けなければならず、

お客さんのためになるものを売っているのであれば、

それを多くの人に届けるためにも儲けて

商売を続けていく必要があります。

 

「三方よし」の近江商人に学ぶ

 

以上

 

女性版帝王学「クィーン・ラック マネジメント」勉強会開催!

 

 

 近江商人に学ぶ「三方よし」の経営哲学、
いかがでしたか?

  近江商人から学ぶべきは、「三方よし」に加えて、

「商売十訓」も非常に重要なものです。

250年以上も受け継がれてきたこの近江商人の考え方は、

未来に向けて商売やビジネスを志す者にとって、

原点に戻ることの大切さを教えてくれています。

 

先人が伝承してきている、哲学や法則にはビジネスや人生を

発展継続するための深く体系的な英知を感じ取ることができます。

 

そこで、3月から温故知新、2018年度宇宙の波動に合わせて、

女性版帝王学を伝授する

「クィーン・ラックマネジメント アカデミー」

プロローグ 勉強会を開催します。

 

この「クィーン・ラックマネジメント アカデミー」

プロローグ勉強会を受講して得られる事は

 

・今年やるべき事と自分自身の天命を知ることができる

 

・迷いを決断に変え、想いを実現する方法のヒントがわかる

 

・今年2018年の宇宙の波動を知り何を優先するべきかが理解できる

 

・目標に向かって行動ををスタートするタイミングの大切さがわかる

 

・幸運をマネジメントして富を得る方法がわかる

 

・女性版帝王学を学び、リーダーとして物も心も豊かな人生を創り上げる

  具体的な方法がわかる

 

・・・etc

 

 ご興味がある方は、お早めにお申し込みくださいませ。

 

■女性版帝王学「クィーン・ラック アカデミー」プロローグ勉強会
詳細ページはこちらからどうぞ!

 

※早速26日(月)は満員御礼になりました。

ご了承くださいませ。

 

それでは、2018年宇宙の波動を活用し、

女性性を活性化する方法を学ぶ

「クィーン・ラック アカデミー」プロローグ勉強会

お会いできますことを楽しみにしています。

 

開運の専門家・帝王気学創始者 

天道象元(てんどう・しょうげん)

カテゴリー:2018年,クィーン・ラックアカデミー,女性性活性化,女性版帝王学,輝く女性は世の宝

©Tendo Shogen

c