2月節の記事一覧

ヘリ墜落と株価大暴落を年運から読む:九星気学の秘訣Vol.350

投稿日:2018年02月06日

今日は今年の年運がスタートした立春を経て、早くも現象化してしまった事故について解説します。

今年2018九紫火星年の運気と展望

 先月1/14(日)開催の2018新年特別招福開運セミナーでもお伝えしましたが今年は飛行機やヘリコプターなどの4次元体の事故に気をつけるという警告がヘリコプター墜落という事故にとして現象化してしましました。

四緑木星・暗剣殺が現象化

それでは、

この事故の状況をニュースから引用してみます。

 

・・・ニュース引用ここから

5日午後4時43分ごろ、佐賀県神埼市千代田町の住宅に、陸上自衛隊目達原駐屯地(同県吉野ケ里町)所属の2人乗りAH64D戦闘ヘリコプターが整備点検後の試験飛行中に墜落、炎上した。

乗組員の男性隊員1人が死亡、別の隊員の行方が分かっておらず捜索が続いた。

炎上した2階建て住宅には4人が暮らしており、
このうち小学5年の女児(11)が右膝を打つ軽いけが。

隣接する平屋も燃え、女児の祖母(69)がいたが無事だった。

自衛隊機が住民を巻き込む重大事故となった。

  ・・・ ニュースから引用はここまで

これは、今年の年運の特徴である

四緑木星に暗剣殺という凶神帯同を因として表面化した事故と考えることができます。

今年は他動的な影響により原因不明、何故その事故が起こったのかわからない、気がついたら事故になっていた等の状況が発生しやすい年運なのです。

 また、飛行機なども整備をしっかりして事故を未然に防いでいただきたいものです。

株価、証券等 要注意年

 

次に、昨日2/5の東京株式市場大幅続落について考えてみます。

・・・ ニュース引用はここから

 日本株1年超ぶり下落率、米国ショック直撃-金利高警戒し全業種安い

5日の東京株式相場は大幅続落し、主要株価指数の下落率は1年3カ月ぶりの大きさとなった。米国の急激な金利上昇による景気や株式市場への悪影響が懸念され、電機や機械、銀行、情報・通信株など時価総額上位セクターのほか、石油や非鉄金属株など東証1部33業種は全て安い。

    ・・・ ニュースから引用はここまで

今年は九紫火星の年です。

  九紫火星は株などの証券類を意味します。

 今年はこの株や証券類の状況が八方塞がりになる傾向が表面化する年運なのです。

 また、良くも悪しくも結果が早く表面化するのも今年の特徴です。

  特に株式市場は、一喜一憂する事なく慎重の上にも慎重に取り組んでいきたいものです。

  このように、一足早く2018年の年運を知る事で今年の結果に天と地ほどの差が出る一年になる事でしょう。

2018年の年運を読む・動画視聴版開運セミナー

 転ばぬ先の杖として活用したい方は、下記からどうぞ!

 2月11日(日)早割特価動画視聴締め切りなのでご興味がある方はお早めにどうぞ!

■2018年新年特別招福開運セミナー動画視聴版 予約申込フォーム
   

 

カテゴリー:2018年,2月節,九星気学の秘訣

節分の裏話:九星気学の秘訣Vol.348

投稿日:2018年02月03日

全国のツイてる皆様、こんにちは!

今日は、暦の上では「春の節分」です。

九星気学的には2017(平成29)年度の大晦(おおみそか)で、明日から立春平成30年度の年運が始まります。

節分と豆まき

昔から節分の日は、「豆まき」をして邪気や鬼を追い払い立春から新しい良い運気を獲得し、無病息災、家内安全、を願う風習となっていました。

「豆まき」は九星気学的にも、鬼門(きもん)と言って、
自宅の東北方位から、八方位に向かって炒った大豆を

「鬼は外、福は内」
といって豆をまくことで、厄をはらい難を除ける行事として伝承されてきました。

 

 恵方巻き

 

最近では「恵方巻き」を食べる習慣が広く行われていますが、企業の魂胆が隠れしているのを見え隠れしているのを知りながら、楽しいイベントとしてマスコミでも大きく取り上げられる日です。

春の節分とは、立春の前日に豆まきをして無病息災、家内安全を願う、昔からある日本の習慣であるのはご存じのとおりです。

その節分の夜にその年の恵方に向い、目を閉じて一言も喋らず、願い事を思い浮かべながら、太巻きを丸かじりする習わしがルールのようになっています。

 恵方巻きの裏の意味(由来)

この行為は、関西方面の風習で、御利益がある、とてもありがたい習慣かと思っていたら・・・

実は、歴史は浅くて、
大阪のお寿司屋さん(海苔屋)が始めたそうなんです。

それはなんと、花柳界の芸者や遊女たちが、

節分に「だんなさまの◯◯◯」に見立てた新香巻きを食べた習慣からヒントを得て、その形の海苔巻きを作り、

恵方に向いて食べると幸運が来るとPRをしたのが始まりだったのです。

 

節分の日に家庭で家族団らんしているだんなさまが遊びに戻ってくるようにと、その年の恵方位を向き「◯◯◯」に見立てたものを食べる習慣を、企業が、色々な習慣と一緒にして、さも御利益があるようにしたんですね・・

 

全国的に広まってしまっていますが、考えてみれば・・

大人も子供も、男女問わず、「男性自身」をイメージして出来たものを咥えてる姿はすごく怖くて、この事を知っている人は苦笑いしてしまいます(^o^)

由来も調べずに、当り前の習慣のように受け入れてしまうことに「これは、いかがなものかなぁ・・・」この由来を知った時に思いました。

だから、コンビニやお寿司屋で、恵方巻きの予約をしているのを見ると・・・

ものすごく罪なことしてるなと思うんですけど、
大手企業も参入している市場だから、もう「旦那さまの○○○」という由来は表に出てこないでしょうね。

2018年は戌(いぬ)年だけに

「ワン ダフル」な話題の方が

良いのかもしれませんから(^_^)

 

2018年恵方巻きの方角

 「戌」年である2018年の恵方は、「南南東(やや右)」。南と南南東の間の方角が、2018年の恵方です。
 恵方の意味は、
その年の福徳を司る神である歳徳神(としとくじん)がいる方角のこと。

 節分の夜に、その年の「恵方」に向かい、願い事を念じつつ無言で恵方巻きを丸ごと1本ほおばるのが慣習となっています。

 恵方巻きを食べている際に話すと運が逃げてしまうため、食べている間は誰とも話さず、無言で食べるのがルールとされているのです。

 おいしく食べよう恵方巻き

でも私は、それを知っていながらも、太巻きが大好きなので、今晩も食べやすく切って頂こうと思います。

だって、恵方を向いて食べても、御利益があるわけではないのですからおいしく食べたほうが良いと思うからです。

それでも、ありがたみを感じながら食べることは
素晴らしいことなのかもしれませんね。

いずれにしても、節分や立春が季節の区切りとして、
生活の中に根付いていることは大変喜ばしいことです。

さあ、明日から立春です。

いよいよ2018(平成30)年度戊戌(つちのえ・いぬ)九紫火星(きゅうし・かせい)の年運が本格的にスタートします。

女性性が大活躍し、「継続発展」をキーワードに有意義で楽しい一年を創り上げていきましょう。

春はもうすぐ、そこまで来ていますよ。

あなたも、タイミングを合わせて吉方位への「旅行風水」を実践し天運を味方につけて佳き年にしてくださいね。

 

それでは、あなたにも良い事がシャワーのように降り注ぎますように(^_^)

GoodLuck!

 

迷いを決断に変え、想いを実現する

ラック コンサルタント

九星気学鑑定士

天道象元(てんどう・しょうげん)

追伸:

2018年を読む動画視聴版特別開運招福セミナー

お申し込みはこちらからどうぞ!

 

カテゴリー:2018年,2月節,恵方巻き,未分類,節分

九星気学の秘訣Vol.158:九紫火星の運勢と吉方位

投稿日:2017年02月18日

全国のツイてる皆さん、おはようございます!
今日は二十四節気の「雨水(うすい)」で、山川の雪が溶け始め野山の土が潤う候となりました。
前半は立春で暦の上では春となりましたが、その実「春は名のみの風の寒さ」を感じる季節でもありました。
昨日は雨水を前に春一番が吹き暖かい一日でした。
しかしまだまだ寒暖の差がありそうなので体調管理に十分お気をつけ下さい。
それでは、今回は九紫火星の運勢と吉方位をお伝え致します。

九紫火星の運勢

【九紫火星】
大8・昭3・12・21・30・39・48・57・平3生
気力も充実して意欲満々、活動的な運気です。
指導力アップ、内向した実力を発揮する好期に、
念願の資格取得、地位昇進への行動が成果を生む。
目標を明確にして積極的な努力を積み重ねて行動が必要です。
自信過剰の言動は、孤立を深めて目標達成に至らず
挫折へと流されてしまいます。
謙虚な心と態度は、周囲の信頼と理解を得て
、協力体制の中で運気向上、念願成就の運を呼び込みます。

過労による五臓の疾患に十分注意の事。

今月2月節の吉方位はありません。

以上

それでは、今月の運勢と吉方位を活用して有意義な月をお過ごし下さい。

いつもありがとうございます。

GoodLuck!

開運の専門家 天道象元

カテゴリー:2017年,2017年の運勢と吉方位,2017年を読む,2月節,2月節,2月節運勢と吉方位,九紫火星

九星気学の秘訣Vol.156:七赤金星の運勢と吉方位

投稿日:2017年02月16日

全国のツイてるみなさん、こんばんは!

今日は、毎年恒例の健康診断にドキドキしながら行って参りました。

 結果は後日届くのですが、後悔と自責の念を感じながら検査に臨みました。
 
健康の基盤の上に人生が成り立っていることを改めて感じ、健康管理の必要性に気づきました。
 
さて、今回は七赤金星の運勢と吉方位をお伝えします。
 

 七赤金星の運勢と吉方位

 

【七赤金星】

大10・昭5・14・23・32・41・50・59・平5生
今月2月4日立春から
本当の平成二十九年の運気が動き出しました。
一白中宮の物事始めの年でありますが、
七赤の方は注意しての行動を心掛け、
一年間我慢と努力で乗り越えましょう。
それは、今月も昨年からの悩みが続く可能性があるからです。
「一事が万事、心しだい」

なので、わがままを控え、感謝の心で受け入れ、

改めて努力していく事です。

奉仕の心を忘れると凶運に繋がる傾向があります。
健康面では持病や消化器系、関節、筋肉の病に
ご注意下さい。
それでは、今月の吉方位旅行情報をお伝え致します。

「2月節吉方位旅行風水情報」

◆吉方位:西小吉方位(一白水星回座)

以上

次回は八白土星の運勢と吉方位をお伝え致します。

それでは、今月の運勢と吉方位を活用して有意義な月をお過ごし下さい。

いつもありがとうございます。

GoodLuck!

開運の専門家 天道象元

カテゴリー:2017年の運勢と吉方位,2017年特別招福開運セミナー,2月節,2月節運勢と吉方位,七赤金星

九星気学の秘訣Vol.151:二黒土星の運勢と吉方位

投稿日:2017年02月11日

全国のツイてるみなさん、こんばんは!
今日は建国記念日の祝日で、連休の方も多いのではないでしょうか?
さて、早速ですが今月2月節の二黒土星の運勢と吉方位をお伝え致します。

二黒土星の運勢と吉方位

【二黒土星】
昭1・ 10・ 19・・28・37・46・ 55・平1・10生
公私に変化の多い月です。
その都度柔軟な対応が要求されますので、
常に改革の精神をもって過ごしましょう。
思い通りに事が運ばずイライラが募ります。
しかし、強引に進めようとしたり、感情を爆発させてしまいますと事態はさらに悪化し、破綻を招きますので、自制する努力が大切です。
常日頃から家族、親族と和合することによって
トラブル回避につながります。
高所からの落下、骨折、関節痛、筋肉痛に注意を要します。
今月2月節の吉方位はありません。
以上
今月の運気を活用して今年をスタートしていきましょう。
Good Luck!

カテゴリー:2017年,2月節,2月節,2月節運勢と吉方位

©Tendo Shogen

c