2018年3月21日春分の日・春の彼岸:九星気学の秘訣Vol.356

投稿日:2018年03月21日

higan_kansya.jpg

春のお彼岸の中日

今日は、春のお彼岸の中日です。

関東地方では気温が2度で冷たい雨や一部では雪が降りました。

今回は「お彼岸の意味」をテーマにお話しいたします。

一事が万事心次第

私たちは「心」の持ち方で開運し人生を豊かにすることができます。

今日お伝えするのは日常の生活の中で、ご先祖様に感謝して子孫繁栄する簡単な方法です。

今日のお彼岸の中日はご先祖様を大切にする事、感謝する事で子供達に命の大切さを伝える事ができます。

心が変わると行動が変わり、周りが変わり、幸せな人生の基盤ができてきます。

一事が万事、「心」次第で人生が豊かになります。
******************

 「お彼岸の意味」

今日は私も家族で御墓参りをして先祖供養をして参りました。

彼岸(ひがん)とは、煩悩を脱した悟りの境地のことを表します。

煩悩や迷いに満ちたこの世をこちら側の岸「此岸」(しがん)と言うのに対して、向う側の岸「彼岸」といいます。

「彼岸会(ひがんえ)」は、雑節の一つで、春分・秋分を中日とし、前後各3日を合わせた7日間のことです。

またこの期間に行われる仏事のこともあります。

暦の上では最初の日を「彼岸の入り」、最後の日を「彼岸明け」といっています。

俗に、中日に先祖に感謝し、残る6日は、悟りの境地に達するのに必要な6つの徳目、六波羅蜜を1日に1つずつ修めるためとされています。

 

souryo.jpg

 

彼岸の由来

お彼岸の由来について説明します。

春分と秋分は、太陽が真東から昇り、真西に沈むので、西方に沈む太陽を礼拝し、遙か彼方の極楽浄土に思いをはせたのが彼岸の始まりです。

 

もとはシルクロードを経て伝わった、

生を終えた後の世界を願う考え方に基づいています。

心に極楽浄土を思い描き浄土に生まれ変われることを願ったもの、例えば念仏等と理解されているようです。

しかし、その昔、天皇の詔として始められた行事でしたが、いつの時代も人として、生を終えた後の世界への関心の高いことは同じで、いつの間にか生を終えていった祖先を供養する行事として定着するようになりました。

 「ぼたもち」と「おはぎ」

botamoti.jpg

また、一般的にお彼岸に供え物として作られる「ぼたもち」と「おはぎ」は同じものです。

ご存知のように炊いたもち米を軽くついてまとめ、分厚く餡で包んだ10cm弱の菓子として作られるのが一般的です。

これらの名は、春の彼岸の頃に咲く牡丹から「ぼたもち」と言われ、秋の彼岸に咲く萩(秋)に由来して「おはぎ」と言うという説もあります。

同じものでも、季節の花に例えて表現を変えていく・・・

これぞ日本人の繊細な感性ですね。

今日はご先祖様に感謝する一日にしていきたいと思います。

*****************

 ちなみに

明日の午後から、気温が18度と急激に上昇するようです。

 

  「暑さ寒さも彼岸まで」という格言の答え合わせにもなりますね

 

それでは、月末に向かって明るく元気に喜んで楽しんでいきましょう!

いつもありがとうござます!

 

開運の専門家 天道象元

LINEで送る
Pocket

 

九星気学は暦年です。暦では一年を「立春」から、次の年の「節分」までとなります。1月及び2月節分までに生れた方は、前年の九星でご確認下さい。

もし、自分の正確な本命星を知りたいという場合は、生年月日をお送り頂ければ、あなたの本命星を無料でお知らせ致します。

 

 

カテゴリー:2018年,お墓参り,先祖供養,春の彼岸

©Tendo Shogen